[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


タミフルは効果のない危険なクスリ!

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 2月14日(木)05時28分9秒
   タミフルは効果がないのに副作用がひどい「危険なクスリ」です。

 処方されても、絶対に飲んではだめ!

 ひまわり会の会員さんで、らくらく毛管運動でリウマチを完治させた女性から体験報告がありました。

「いつもありがとうございます。

 1月、夫がインフルエンザに罹ると同時に私も風邪を引き熱を出し、その後 インフルエンザまで貰い寝込みました。(仕事を休む為に病院に行きました)

 タミフルを処方されましたが、3回飲むと吐き気を催し、肝臓に負担をかけていると思いトンネルカードとホカロンを右脇腹にあてひたすら横になっていました。
 食欲が無いのも手伝ってとにかく寝ました。
 その後、喘息気味になりましたが、胸にトンネルカードをあてると咳は治ります。これはてきめんでした。

 最近、血液検査を受け肝機能を確かめましたが全く問題なく、以前より数値は良くなっていました。
 それどころか、熱を出し寝た事でデトックス出来たのか?リウマチの数値までかなり下がっていました。
 ちなみに二黒土星の私は今年は病気に注意!でした(^_^*)」

 二黒土星は今年、鬼門で凶ですね。
 しっかり養生してください。

 タミフルの情報を、もういちど、開示します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【危険なタミフルを処方、インフル医療に救いなし】

 ワクチンの危険性や抗インフルエンザウイルス薬の問題点を無視し、危ない情報を垂れ流しているのがテレビ局。インフルになったらと、タミフルを平然と紹介している。解説役の医者も異論を挟まない。
 ところが、タミフルが無効であり危険であることは、欧米では確定した事実なのだ。「薬を使わない薬剤師」が真実を公開したのは2015年のこと。なぜ、この情報を共有し、タミフルを日本から追放しないのか?https://biz-journal.jp/2015/11/post_12422.html
<宇多川久美子「薬剤師が教える薬のリスク」
 インフルエンザにタミフルは効かない!
 高確率で嘔吐や精神障害
 すでに欧米では利用わずか
 文=宇多川久美子/薬剤師・栄養学博士

 今年もインフルエンザの季節がやってきました。ワクチンの値上げも話題になっています。
 今回は、昨年発表された「コクラン共同計画」でのタミフルの調査報告をご紹介します。
 英国に本部を置き、医療行為の有効性に関する情報を提供する国際的非営利団体のコクラン共同計画が昨年4月、インフルエンザ治療薬「タミフル」に関する調査報告を発表し、衝撃が走りました。タミフルはインフルエンザにはほとんど効かないうえ、高い確率で副作用が出るという結果が出たからです。
 発表された内容の骨子は、以下のようなものでした。

問い:タミフルはインフルエンザに効くか?
答え:ノー
 タミフルを使用した成人インフルエンザ患者の発症期間は6.3日。投与しなかった成人患者の発症期間は7.0日で、早く治るという明確な結果は得られなかった。
問い:タミフルは安全か?
答え:ノー
 副作用として成人の4%、小児の5%に吐き気や嘔吐が見られ、3.1%が頭痛を訴えた。また、タミフルを予防的に服用した人の1.1%に精神症状が表れた。

 そして、「インフルエンザの予防または治療のいずれかのために、タミフルなどノイラミニダーゼ阻害剤の使用に関して意思決定を行う際には、利益と害のバランスを考慮すべきである。インフルエンザウイルスに対する特異的な作用機序をメーカーが(有効性の根拠として)提示しているが、これは、臨床的エビデンスには合致しない」とも記しています。

 この報告が大きな意味を持つのは、9623人のデータを解析して行われた、最も信頼のおける調査だからです。それを可能にしたのはタミフルの製造元である巨大製薬企業・ロシュから臨床データを提出させることに成功したからです。
 ロッシュは、はじめは自分たちに不利な結果が出ることを恐れ、さまざまな理由をつけて臨床データの提出を拒んでいましたが、コクラン共同計画が英国や北欧などの政府を動かして圧力をかけた結果、ついに入手に成功したのです。

 タミフルを大量に使用する日本

 この調査報告の発表が行われたあと、コクラン共同計画は提携関係にある英国医師会報編集局と共同で各国の政府にタミフルの使用を再検討するよう声明を出しています。
 英国では国民の8割に処方できる膨大な量のタミフルを備蓄していたので、メディアは一斉にトップ扱いで報じました。特に秀逸だったのは、英国を代表する新聞であるガーディアンの長大な記事でした。同紙は、「英国政府はこの薬にこれまで5億ポンド(925億円)も使ってきた。これはスキャンダルだ」と断じたあと、英国流のブラックユーモアで、「100万人にタミフルを処方すれば、4万5000人が嘔吐し、3万1000人が頭痛を訴え、1万1000人に精神障害が出る。もしインフルエンザの大流行が始まったら、我が英国には5000万人分のタミフルがあるのだから、すごい嘔吐量になりそうだ」と痛烈に皮肉っています。
 記事のトーンは、英国政府はロシュの詐欺に引っかかったといわんばかりですが、それでも欧州諸国には救いがあります>

 ガーディアン紙2014年4月10日の記事がこれ。

What the Tamiflu saga tells us about drug trials and big pharma
(タミフル伝説が、薬の臨床試験と巨大製薬会社について明かしたこと)

We now know the government's Tamiflu stockpile wouldn't have done us much good in the event of a flu epidemic. But the secrecy surrounding clinical trials means there's a lot we don't know about other medicines we take
 宇田川氏が皮肉っぽく伝えたという部分はこちら。

For example, if a million people take Tamiflu in a pandemic, 45,000 will experience vomiting, 31,000 will experience headache and 11,000 will have psychiatric side-effects. Remember, though, that those figures all assume we are only giving Tamiflu to a million people: if things kick off, we have stockpiled enough for 80% of the population. That's quite a lot of vomit.

 かくて欧米では、タミフル追放の動きとなった。
<備蓄は膨大な量でも、医療の現場では以前からタミフルの評価は低かったため、あまり使われておらず、EU諸国でのタミフルの売り上げは、全体の数%程度で済んでいたからです。
 米国も以前からタミフルの効果には懐疑的で、米国疾病管理予防センター(CDC)が、タミフルの使用を推奨しているのは、入院が必要な重症患者、65歳以上の高齢者、5歳未満の小児、気管支喘息や糖尿病などで免疫の落ちている人、に限っています>

 ところが、日本は野放し。その理由は2002年10月に、製薬企業のロシュ社が中外製薬の株式の過半数を取得、ロシュ・グループの一員としたからだ。
「欧米で売れなければ、日本人に売れ!」というわけ。
 宇田川氏は日本の事情をこう指摘する。

<それに引き換え日本では、依然としてインフルエンザになったら即タミフルが当たり前のようです。厚生労働省の治療ガイドラインを見ても、生命の危機がある重症患者から軽症の患者まで(10代を除く)、タミフルは第1選択薬とされています。
 パンデミック(世界的大流行)に備えた備蓄の量も半端ではありません。厚労省HPによると、日本では2013年4月時点で6310万人分のインフルエンザ治療薬が備蓄されており、そのうちの5425万人分がタミフルです。
 実は、タミフルの売り上げの約8割は日本市場で、もはやタミフルは日本なしでは立ちゆかない商品になっています。コクラン共同計画が決定的な調査報告を出したにもかかわらず、日本の厚労省や御用学会は今のところ、なんの動きも見せていません>

 

池江璃花子さん、九紫火星&一白水星です

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 2月13日(水)06時45分24秒
   ショッキングなニュースが流れました。
 期待の星、池江璃花子選手の白血病です。

 池江璃花子さんは、2000年7月4日生まれ。
 九紫火星の年、一白水星の月の生まれ。
 トランプ大統領と同じ、九紫&一白です。

 九紫火星は「炎」であり、頭がよく、華やかな。
 一白水星は「水」で、波乱万丈。

 トランプ同様、炎と水は相克ですから、内面的葛藤が見られます。

 1月3日には体調に異変があったそうですから、気学の昨年、九紫火星は八方塞がりの大凶でした。

 星からは、厳しい状況が読み取れました。


 

あおり運転、児童虐待の激増するワケ

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 2月12日(火)07時07分34秒
   相変わらず、あおり運転が増えています。
 毎日のように報道されています。

 原因を知らなければ、理解できないでしょうね。

 原因はカップ麺、清涼飲料水などのジャンクフードです。

 幼児からジャンクフードを食べ続けると、「キレる子」となります。

「キレる子」が大人になって「キレる大人」にそだちました。

 この「キレる大人」が、あおり運転を起こしています。

「キレる大人」が親になれば、「キレる親」となり、児童虐待をします。

 ジャンクフードの恐ろしいサイクル、しっかり学び、子供や家族を守りましょう。

 最近の記事です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 児童虐待激増、原因は幼児からのジャンク食品

「ぼう力を受けています」
「お父さんにぼう力を受けています」
「先生、どうにかできませんか」
 死亡した女児の言葉は、日本中の涙を誘い、同時に怒りを掻き立てた。
 しかしメディアは表層しか伝えず、本質を見ようとしない。
 児童虐待のみならず、モンスター患者、あおり運転、通り魔事件の元凶はジャンクフードなのだ。コトが食品なのでメディアは伝えようとしない。
 本紙は過去数回、「キレる子」「キレる大人」「キレる親」が増えると予測してきた。そして、児童虐待が激増するとも予測した。
 理由は簡明。ジャンクフードで育った「キレる子」が「キレる大人」になり、モンスター患者、あおり運転、通り魔事件を引き起こしている。加えて、「キレる親」となって我が子を虐待しているのだ。
 2017年度の児童相談所での虐待対応件数は約13万4千件と過去最多。児童虐待防止法が制定された2000年度の約1万8000件から7倍以上に激増した。
 また2018年の1年間に警察が児童虐待の疑いで児童相談所に通告した子供の数は8万104人で、この10年で約13倍に激増した。
 本紙がはじめて「キレる子」の「ジャンクフード原因説」を書いたのは、2003年7月20日号だった。
【菓子・ジャンクフード禁止で、子供が再生!】
 第一回「スローヘルス研究会in岩手」に参加し、非常にたくさんの収穫を得た。最大のものが、山村慎一郎さんの講演で、「食事があなたの運命を変える」。
 山村さんはマクロ食餌療法の指導者。講演では、長崎で起きた12歳の少年による凶悪な事件を取り上げて「食事があなたの運命を変える」実話を披露した。
 山村さんは数年前、「キレる」子供のために困り果てていた家族と、家族が暮らす団地の環境を一変させた。「キレる」男の子がひとりいるだけで、団地の住人は、その子が近づくと恐れてドアを閉ざすほどだった。
 山村さんはこの子の母親と団地の住民すべてに対して、「この子には絶対にお菓子をあげないでください」と指導した。菓子(砂糖)、牛乳、ジャンクフードの類いを一切ストップさせた。すると、2か月で効果が現れ、子供はまったく「キレなくなり、再生しました」。
◎ジャンクフードとカップ麺が散乱する部屋
「女性セブン」2003年7月31日号が長崎で猟奇事件を起こした12歳の少年の部屋の様子を報じた。
<部屋のあちこちにスナック菓子類の袋、さらにはカップ麺の空容器が散乱していたのだ。部屋には、彼の部屋専用の湯沸かし器付きのポットも置かれてあった>
 これは精神に異常をきたした12歳の少年の部屋の描写のごく一部。彼を狂わせたのは食生活であり、スナック菓子、カップ麺、清涼飲料水など。ジャンクフードによって壊れる子供が現実にいるということが、われわれの目の前に突きつけられている。
 犯罪と食べ物の間に深い因果関係がある。これは事実。「食事で治す心の病」(第三文明社)で大沢岩手大学名誉教授が分析している。(27頁)
<中学生などによる凶悪事件があとを絶たない。しかも刃物を使用しての殺傷事件である。ひと昔前なら、中学生による殺人事件が発生すると、ひとつの事件でも社会に与える影響はとてつもなく大きかった。しかし今は、中学生による暴力事件、殺傷事件はめずらしくない。日常化しているのである>
「心の教育」では、この問題は絶対に解決できない。
 すでに1977年6月、アメリカ上院で開かれた栄養問題特別委員会の公聴会、「精神的健康と発達にかんする栄養の影響について」で犯罪と食生活の因果関係について重大な研究発表がなされていた。
 証言者はオハイオ州キュヤホガ裁判所の保護観察官、リード女史。(31頁)
<リードは、106人の犯罪者のチェックリストを研究としてまとめているが、その前書きには、次のように書かれている。
「アルコールや薬物の問題のある人たちが、一貫して私に話したことは、10、11、12歳という少年少女期の食事に、砂糖、清涼飲料などの摂取が多かったことです。彼らに守るよう励ましたのは、砂糖なし、低でんぷん、すべてのジャンクフードをやめることでした。そしてその後、人格の変化が早く、劇的であることがしばしばでした。栄養のよい食事をつづけた人で、裁判所にもどってきた人はいませんでした」>
 

手紙16 見てはいけない(後半)

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 2月11日(月)07時41分18秒
  「生きている死者からの手紙」(1914年の出版、ノンフィクション、著作権フリー)
        エルザ・バーカーによる記録
        金澤竹哲・訳

手紙16 見てはいけない(後半)

 ふつう、ここに長くいますと言う人たちは年老いて見えない。師に理由を聞いたところ、しばらく経つと老いた人は自分が老人であることを忘れ、想いが若くなる、そして体は心で思い描く通りの形になる傾向があるから、外見も若くなる傾向があると教わった。他の場所と同様、ここでもリズムの法則が働くのだという。
 ここでは子供たちは成長し、心が望めば、ある程度の年寄りにもなれる。しかし、傾向としては、年を取り過ぎたり、若返ったりしてちょうど良い盛りの年齢を目指し、抗しがたい地球の引力が再び身に及ぶまではその状態を保っている。
 男も女もほとんどの人が、肉体での人生を何度も経験したことを知らない。最後の人生は鮮明に覚えているが、それ以前のものは夢のようなものなのだ。人は過去の人生の記憶をできる限り鮮明に覚えておくほうがいい。そうすることが未来の設計に役立つ。
 帰幽した友が全知全能だと考える人は、こちら側の生活が地上の生活の延長に過ぎないと知れば、どれほど失望するだろうね! もしも思考と願望が単に物質的快楽のみに向けられていたのなら、ここでの思考と願望も同様のものとなる。私は本物の聖者たちにここで出会った。彼らは地上の生活を聖者の理想に従って生きようとした人たちであり、いまは自由にそうしている。
 ここの生活は自由だ! 地上で人々を奴隷にしている機械の歯車のような生活はまったくない。私たちの世界では、人は自分の考えにしか縛られない。思考が自由なら、彼も自由なのだ。
 しかし、私のように哲学的なことを考える霊は少ない。哲学者よりも聖者のほうが多い。彼らのもっとも高い理想は、真剣に活動するときには、哲学的な生き方よりも宗教的なものになるのだろう。
 こちら側でいちばん幸福な人は画家ではないかと思う。こちらの素材は本当に軽くて微細で、それゆえに簡単に扱えるびで、空想が容易に形になってしまう。ここには美しい絵がたくさんある。芸術家の幾人かは、地上の画家の心の目に自分の絵を印象付けようと試み、しばしば成功している。
 こちらの本物の芸術家にとって、君のいる世界の画家がアイデアを受け取り、表現してくれることはとてもうれしいことだ。地上の画家がどれくらい上手にアイデアを表現してくれるか、常に見ることはできないかもしれない。ひとつの素材からもうひとつの素材を透視するには、特別な才能か特別な訓練が必要なのだ。だが、インスピレーションを与えた霊は、受け手の心のなかの考えを察知し、自分の着想が地上で表現されつつあると察知できる。
 詩人の場合も同じだ。ここにはうっとりするような叙情詩があり、地上の感受性豊かな詩人の心に印象を刻んでいる。ある詩人は、短い叙情詩のほうが長時間の努力が必要な叙事詩や劇詩よりも容易にそうすることができると語った。
 音楽家の場合もまったく同じ。君が美しい音楽の演奏されているコンサートへ出かける時、周囲には音楽好きの霊たちが取り囲み、その調べに酔いしれている。地上の音楽は、こちらでもたいそう好まれている。音色が聴こえるのだ。だが、感受性の強い霊はへたな弦楽器の演奏には近づかない。私たちは弦楽器の音楽を好んでいる。地上の事柄のなかで、音がいちばんそのままの形でこちらの世界に届いてくる。音楽家たちに言ってあげなさい。
 彼らが私たちの音楽を聴くことができたなら! 私は地上にいるときは音楽を理解しなかったが、いま私の耳はそれに馴染んでいる。時々、私たちが君たちの音楽を聴くように、君たちも私たちの音楽を聴いているのではないかと思えてしまう。
 君は私がどこへ出かけて時間をつぶしているか不思議に思うだろうね。この国には、私が飽きることになく訪問する素敵な場所がある。それは私の町から遠くない山の中腹にある。丘を上ってゆく細い曲道があり、その少し上に、屋根のある囲いでできた小屋がある。小屋の下の方は側面が開いている。私は時々、ここに何時間もいて、道の脇を流れる小川のせせらぎに耳を傾けている。細くて高い木々は私の兄弟のように思える。当初、物質界の木々ははっきり見えなかった。だが、私はいい匂いのする新しく綺麗な板でできた小屋に入り、棚か寝台に寝そべり、目を閉じて努力すると――いや、それは努力ではなくて、漂うという感じだ――この美しい場所を見ることができるのだ。ただし、この時、そちら側は夜間であり、私は自分の発する光で見ているわけだ。私たちが24時間のうちの暗い時間帯に旅しているのは、明るい太陽のもとでは何一つ見えないからだ。太陽の強烈な光は私たちの光を消してしまうのだ。
 ある晩、ライオネル少年を連れ出し、この小屋のなかに残しておき、少し離れた場所に行ってみた。後ろを振り返ると、小屋全体が美しい輝きで光っていた――ライオネル自身の光だった。屋根の尖った小屋は、内側から照明された真珠のように見えた。美しい光景だった。
 それから私はライオネルに近づき、彼の番だから少し遠くへ行くように言い、私は小屋のなかに入った。そこにいる間、彼が同じ現象を目撃するか、私が濃い物質――建物の板壁を通して彼のような光を放つことができるかどうか知りたかった。後で彼を呼び、何か変わったものを見たかと聞いた。
「お父さん、あなたはなんて素敵な人でしょう! 小屋が燃えているように見えたけど、どうやったの?」
 これで彼も私と同じものを見たことがわかった。
 だが、もう疲れたのでこれ以上書けない。お休み、良い夢を。



 

「ここには巨大地震は来なかった!」

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 2月10日(日)08時12分10秒
   今朝のワイドショーで、聞き慣れぬ言葉を聞きました。
「アウターライズ地震」です。
 プレートが動く巨大地震のあとで起きる巨大地震のことだと専門家。

 プレートが壊れ、沈み込みスピードが速まり、次のプレート型地震が起きる、というメカニズムだそうです。

 2004年のスマトラ沖地震はM9.1で甚大な被害がでました。
 その8年後の2012年に、「アウターライズ地震」のM8が起きています。

 そして、専門家は「今年来てもおかしくないです。2011年3月11の巨大地震から8年経ちますから」と。

 2019年の今年は「変化の年」です。
 天皇が真北の大凶で譲位し、新天皇が真北の大凶で即位します。
 眞子さまの婚約問題もダラダラ長引いています。

 なにか良くないことが起きても不思議ではないです。

 せめて、巨大地震は飛ばしましょう。

 大断言に続けて、「ここには巨大地震は来なかった!」と10回唱えましょう。

 わたしたちひとりひとりが、自分の住む地域を守ることで、巨大地震を飛ばしましょう、飛ばせると思います。

 

ドラッグの怖さを知りましょう

 投稿者:ちくてつです  投稿日:2019年 2月 9日(土)10時40分41秒
   覚せい剤容疑で、毎日新聞社乗務の奥様が逮捕されました。
 ドラッグがまん延している証拠です。

 なぜ、人はドラッグにハマるのか?

 NYタイムズが長文のレポートを掲載しています。

 そのさわりを紹介します。

 ドラッグの怖さを知りましょう。

 あおり運転や幼児虐待にも、通じる脳の「変化」が起きているのです。
 快感ホルモンのドーパミンがどっと出て、「あの快感をもう一度」と再犯するケースが多いと思います。

 我が子をいじめて快感を感じる、悪魔の所業ですが、そういう親が増えています。

「ぼう力を受けています」
「お父さんにぼう力を受けています」
「先生、どうにかできませんか」
 死亡した女児の言葉は、日本中の涙を誘い、同時に怒りを掻き立てました。

 が、「脳の変化」が起きているという根本原因を知らなければ、理解できないはずです。

A Visual Journey Through Addiction
(薬物中毒のビジュアルな探求)

THE OPIOID EPIDEMIC is devastating America. Overdoses have passed car crashes and gun violence to become the leading cause of death for Americans under 55. The epidemic has killed more people than H.I.V. at the peak of that disease, and its death toll exceeds those of the wars in Vietnam and Iraq combined. Funerals for young people have become common. Every 11 minutes, another life is lost.
(オピオイドのまん延がアメリカを苛んでいる。過剰摂取が、交通事故死や銃を越えて、55歳以下の死亡原因のトップとなった。エイズの死者を上回り、ベトナム戦争とイラク戦争の死者数も超えてしまった。11分に1人が亡くなっている)

So why do so many people start using these drugs? Why don’t they stop?
(なぜやめないのか?)

Some people are more susceptible to addiction than others. But nobody is immune. For many, opioids like heroin entice by bestowing an immediate sense of tranquility, only to trap the user in a vicious cycle that essentially rewires the brain.
(オピオイドはヘロインのように摂ればただちに心が鎮まるが、使う者を罠にかける。邪悪なサイクルが本質的に脳を書き換えてしまうのだ)

Getting hooked is nobody’s plan. Some turn to heroin because prescription painkillers are tough to get. Fentanyl, which is 50 times more potent than heroin, has snaked its way into other drugs like cocaine, Xanax and MDMA, widening the epidemic.
(誰も病みつきになりたいわけではない。処方の痛み止めが手に入らないので、ヘロインやフェンタニルに目を向けるのだ。フェンタニルはヘロインの50倍の効果があり、ほかのドラッグのようにこっそり流通するようになった)

To understand what goes through the minds and bodies of opioid users, The New York Times spent months interviewing users, family members and addiction experts. Using their insights, we created a visual representation of how the strong lure of these powerful drugs can hijack the brain.
 ドラッグが脳をハイジャックする、その誘惑は非常に強力だ。

“It’s like being hugged by Jesus.”
? Amanda Ryan-Carr, 24, Pennsylvania
(キリストにハグされた感じ)

“I remember feeling like I was exhaling from holding my breath for my whole life. Just intense relief from suffering.”
? Matt Statman, 48, Michigan
(息を止め続けてきた人生から解放された感覚を覚えている。痛みからの完璧なやすらぎだった)

YOU NATURALLY PRODUCE ENDORPHINS, the body’s own version of opioids, which act in the reward circuits of the brain to make you feel good after you work out, hug a friend or eat your favorite foods.
(われわれの体で作られるエンドルフィンは、オピオイドの人体バージョンであり、脳の報酬系に働きかけて、ワークアウトや友達をハグしたり、好きな食事したあとのいい気分を味あわせてくれる)

As the high wears off, the brain regains its balance ? but not for everyone. That’s the opioid trap for many people: In the beginning, no serious ill effects are apparent. But the brain rewires little by little with each use.
(ハイな気分が去ると、脳はバランスを取り戻す。すべての人にではない。それが大勢の人の罠となる。当初は深刻な影響は出ない。だが、使うごとに、脳が少しずつ書き換えられてゆく)

“It was like the high put on blinders to everything and made me not care about anything in the world, other than the heroin.”
? Brandon N., 26, Pennsylvania
(ハイになれば、なにも見えなくなって、世の中のなんにも気にならない、ヘロインのこと以外は)

YOU’RE CHASING THE SIREN of the first high by taking more. But even a thousand more doses will never bring back the experience of that first time.
(最初のハイな気分を味わおうと、魔女セイレーンを追いかける。だが1000回使用しても最初の気分は味わえない)

Like other drugs, opioids produce a surge of dopamine, a chemical messenger that tells the brain that “taking this drug is good, repeat it.” The brain’s response to opioids and the surges in dopamine they cause can rewire circuits in the brain.
(ほかのドラッグ同様、オピオイドはドーパミン分泌を促進し、「このドラッグはいいね、繰り返そうよ」と脳にメッセージを送る。脳の反応とドーパミン分泌が脳の神経回路を書き換える)

The brain’s response to these chemical changes make life difficult without the drug. Stress and irritability creep in, so you take more opioids to cope. Soon, nothing else in life provides any satisfaction.
(エンドルフィン、ドーパミンによる脳の変化は、ドラッグなしの人生を困難にする。ストレスを抱え、いらだって、もっとオピオイドが欲しくなる。そのうちに人生のなにひとつから満足が得られなくなる)

The pleasure and reward cycles flip: You get less pleasure from the drug, but want it all the more. The more you seek and take the drug, the more the brain adapts to the drug and demands more.
(快感と報酬のサイクルが反転する。ドラッグの快感は減り続け、そのためもっと欲しくなる。ドラッグを求め続けて使えば、脳はドラッグに対応し、もっと要求するようになる)

“It’s like a demon crawling out of you. You’d rather just die and be done with it than go through that.”
? Jasmine Johnson, 29, Pennsylvania
(体から悪魔が這い出てくるようなものだ。死んでしまいたくなる、こん具合でいることをやめてしまいたいと)

“Everything hurts. It hurts to comb your hair. It hurts to shave. You have no energy. You feel weak. You feel a sense of desperation. You have constant impending doom and anxiety, because you realize that with one pack of dope you can change how you feel within a matter of 10 seconds.”
? Raj Mehta, 51, Michigan
(体中が痛む。髪をとくときも。ひげを剃るときも。まったくエネルギーが感じられない。弱々しい。うつの気分だ。

THE FINAL TRAP of addiction is laid when you muster the courage to stop. You may not even realize you are physically dependent until you experience withdrawal for the first time.
(最後の罠は、勇気を振り絞ってドラッグをやめようとしたときだ。最初の薬物離脱症状を体験するまで、自分が肉体的に依存していることに気づかない)

“I felt like all my relationships were very surface-level, and really I was holding people hostage. No one was really my friend. I just wanted to take things from them.”
? Mandy McCandless, 23, Pennsylvania
(すべての人間関係が表面的なものに思えて、彼らを人質にしていました。誰ひとり友達ではない。彼らからものを盗むことだけを望んでいました)

“I would see an old lady on a Mac and would think, ‘I could grab her pocketbook for cash.’ That was probably the beginning of the end.”
? Jim Pietrowski, 57, Pennsylvania
(マックの店で高齢の女性を見て、「彼女の財布を盗めそうだ」と思ったら、終わりの始まりだ)

THE BRAIN SCREAMS for more. Scoring the next fix feels like a race against the clock of withdrawal. You may feel like only a fix can save you. It makes no sense, but this compulsion takes over all logic, judgment and self-interest. You may do things you never thought you could.
(脳がもっとと叫ぶ。次の一回は、離脱する時計との競争となる。たった一回で救われると思うようになる。まったく理解できないことだが、欲求がすべての論理、判断力、自己意識を超越してしまう)

Sell your body. Abandon your child. Steal from your mother. You might lose your job. Lose your home. Lose your loved ones. In this sad stage, families are torn apart.
(体を売れ。子供を捨てろ。母親から盗め。仕事は失う。家も失う。最愛の人を失う。家族は離れ離れになってしまう)

You’re now addicted to opioids and you no longer take the drug to get high, but to escape feeling low. The brain has adopted a new form of compulsion that can reassert itself even after years of sobriety.
(オピオイド中毒になれば、ハイになりたいためでなく、落ち込みから逃げたいために飲むようになる。何年も断薬したあとでも、脳は新しい欲求の形を醸し出す)

Seventy-seven percent of opioid overdose deaths occur outside medical settings, and more than half occur at home. This year, the surgeon general advised Americans to carry naloxone, a life-saving medication to resuscitate victims.
(オピオイド過剰死の77%は、病院以外のところで起きていて、半数以上が自宅での死)

 

手紙16 見てはいけない(前半)

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 2月 9日(土)08時12分11秒
   今朝もあざやかな夢を見ました。
 大型の軍用機が頭上を低く飛んでゆき、機体後部が浮力を失って沈み込み、左後部から住宅地に墜落。直前にドローンが飛び出しました。

 飛行機が墜ちる夢は何度も見ています。
 今年は「変化の年」ですから、用心しましょう。


「生きている死者からの手紙」(1914年の出版、ノンフィクション、著作権フリー)
        エルザ・バーカーによる記録
        金澤竹哲・訳

手紙16 見てはいけない(前半)

 死を前にした人に伝えたいことがある。死と呼ばれる変化を経た後は、自分の体のことはできるだけ早く忘れて欲しいのだ。
 ああ、私たちがかつては自分だと信じていた「あれ」(訳者注、死体)を地上に戻って見たがる好奇心とは! 我々は、ときにその思いに襲われ、自分の意志に反して、「あれ」に引き寄せられてゆく。ある者にとっては病的な強迫観念となり、多くの者にとっても、かつては頼りにしていた骨と肉の断片に過ぎぬ「あれ」から解放されることはないのだ。
 彼らに、「あれ」のことは全部忘れて、その思いを捨て去り、自由になってこちらの世界に来なさいと言いなさい。過去を省みるのは時には良いが、このような過去の遺物は別物だ。
 棺のなかを覗くのはたやすい、いま私たちがまとっている体は闇のなかでは光なのだから、粗い素材を通過してしまう。私も数回、「あれ」を訪ねたが、もう戻らないと決心した。それでも、「あれ」がどうなっているか知りたいという強い執着が再びよみがえるかもしれない。
 私は驚かせたくないし、痛みを与えたくもない――ただ警鐘を鳴らしたいだけだ。墓のなかで出会う光景は痛ましい。そのためだと思うのだ、ここに来たばかりの魂たちの多くが憂鬱そうにしているのは。彼らは訪ねてはいけない場所へと何度も何度も戻ってゆく。
 君が知る通り、ここでは私たちがある場所を強く思うと、そこにいるのだ。私たちの体はとても軽くて、何の努力もなしで考えた通りに動いてしまう。彼らにそうしないように言いなさい。
 ある日、並木道を歩いていた時に――ここには木々がある――すその長い黒服を着た背の高い女に会った。彼女は泣いていた――ここには涙もある。なぜ泣いているのですかと聞くと、言いようのない悲しみを目に浮かべ、私を振り向いて言った。
「わたし、『あれ』のところへ行ってみたのです」と彼女。
 私の心は傷んだ、彼女がどう感じたか知っていたからだ。最初の訪問のショックは何度も繰り返される、私たちが自分自身のものと考えたいと願う「あれ」がどんどん変化してゆくからだ。
 並木道を歩きながら泣いていた背の高い黒服の女のことはよく思い出す。人を「あれ」に引き寄せるものは好奇心であり、磁石のような力だ。だがそれは何の益もない。忘れてしまうほうがいい。
 私は時に、純粋に科学的関心から、ライオネル少年に自分の体のところへ戻ったかどうか聞きたくなる。だが、彼にその考えを吹き込むことを恐れて聞いていない。彼は飽くことのない好奇心を持っている。子供の頃にこちらに来た者は、私たちのような病的な本能を持たないのだろう。
 人生で、私たち自身だとみなしている形が、私たちの真の不滅の自己ではないと覚えていることができれば、肉体に必要なケアはするものの、過大なほど大切だとは思わないだろう。

 

児童虐待の原因はジャンクフードです

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 2月 8日(金)06時46分21秒
   わたしは2003年から、児童虐待が激増すると予測し、記事を書いてきました。
 理由は明解。
 ジャンクフードで育った「キレる子」が大人になり、「キレる親」になって我が子を虐待すると予測できたからです。

 そして2017年度の児童相談所での虐待対応件数は約13万4千件と過去最多。
 児童虐待防止法が制定された2000年度の約1万8000件から7倍以上に激増!
 また2018年の1年間に警察が児童虐待の疑いで児童相談所に通告した子供の数は8万104人で、この10年で約13倍に激増!

 わたそが最初に「キレる子」の「ジャンクフード原因説」を書いたのは、2003年7月20日でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【菓子・ジャンクフード禁止で、子供が再生!】

 第一回「スローヘルス研究会in岩手」に参加し、非常にたくさんの収穫を得た。最大のものが、山村慎一郎さんの講演で、「食事があなたの運命を変える」。
 山村さんはマクロ食餌療法の指導者。講演では、長崎で起きた12歳の少年による凶悪な事件を取り上げて「食事があなたの運命を変える」実話を披露した。
 山村さんは数年前、「キレる」子供のために困り果てていた家族と、家族が暮らす団地の環境を一変させた。「キレる」男の子がひとりいるだけで、団地の住人は、その子が近づくと恐れてドアを閉ざすほどだった。
 山村さんはこの子の母親と団地の住民すべてに対して、「この子には絶対にお菓子をあげないでください」と指導した。菓子(砂糖)、牛乳、ジャンクフードの類いを一切ストップさせた。すると、2か月で効果が現れ、子供はまったく「キレなくなり、再生しました」。

◎ジャンクフードとカップ麺が散乱する部屋

「女性セブン」2003年7月31日号が長崎で猟奇事件を起こした12歳の少年の部屋の様子を報じた。
<部屋のあちこちにスナック菓子類の袋、さらにはカップ麺の空容器が散乱していたのだ。部屋には、彼の部屋専用の湯沸かし器付きのポットも置かれてあった>
 これは精神に異常をきたした12歳の少年の部屋の描写のごく一部。彼を狂わせたのは食生活であり、スナック菓子、カップ麺、清涼飲料水など。ジャンクフードによって壊れる子供が現実にいるということが、われわれの目の前に突きつけられている。
 犯罪と食べ物の間に深い因果関係がある。これは事実。「食事で治す心の病」(第三文明社)で大沢岩手大学名誉教授が分析している。(27頁)
<中学生などによる凶悪事件があとを絶たない。しかも刃物を使用しての殺傷事件である。ひと昔前なら、中学生による殺人事件が発生すると、ひとつの事件でも社会に与える影響はとてつもなく大きかった。しかし今は、中学生による暴力事件、殺傷事件はめずらしくない。日常化しているのである>

「心の教育」では、この問題は絶対に解決できない。

 すでに1977年6月、アメリカ上院で開かれた栄養問題特別委員会の公聴会、「精神的健康と発達にかんする栄養の影響について」で犯罪と食生活の因果関係について重大な研究発表がなされていた。
 証言者はオハイオ州キュヤホガ裁判所の保護観察官、リード女史。(31頁)

<リードは、106人の犯罪者のチェックリストを研究としてまとめているが、その前書きには、次のように書かれている。
「アルコールや薬物の問題のある人たちが、一貫して私に話したことは、10、11、12歳という少年少女期の食事に、砂糖、清涼飲料などの摂取が多かったことです。彼らに守るよう励ましたのは、砂糖なし、低でんぷん、すべてのジャンクフードをやめることでした。そしてその後、人格の変化が早く、劇的であることがしばしばでした。栄養のよい食事をつづけた人で、裁判所にもどってきた人はいませんでした」>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「キレる子」が「キレる大人」になり、「キレる親」になり我が子を虐待する、恐るべきことが日本で起きているわけです。

 

「小麦は毒」(6):小麦を再開すれば体調が崩れる

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 2月 7日(木)08時27分42秒
   グルテンフリー(小麦絶ち)を続けていると、たまぁに小麦を食べると、体調が崩れます。

 わたしも奥ちゃんも、ほぼ下痢します。

 ですから、パンとかラーメン、うどん、そば、パスタ、ピザ、怖くて食べられません。


「小麦は毒」(6):小麦を再開すれば体調が崩れる

「小麦は食べるな!」(Dr.ウイリアム・デイビス著、白澤卓二訳、日本文芸社)から。
 25ページ。

<わたしをさらに納得させたのは、小麦をやめていた人たちが小麦を食べたときに起こった多くの出来事です。プレッツェルを1~2個、あるいはカクテルパーティーでカナッペを一つ口にしただけで、わずか数分で下痢をもよおしたり、関節が腫れ上がって痛みだしたり、息がぜいぜいしたというのです。小麦を食べるとスイッチが入り、食べないとオフになる現象が何度も繰り返されました>

 31ページ。

<現代の小麦はわたしたちの先祖が日々のパンのために粉にしていた穀物とは違います。自然環境では何世紀もの間にわずかしか進化しなかった小麦は、ここ50年間に農業科学によって劇的な変化を遂げました。
 小麦の品種は、菌類などの病原菌のある環境や日照りに抵抗力をつけるために、交配、異種交配、遺伝子移入が重ねられました。なかでも遺伝子変更によって収穫量が増大し、現在、北米の平均的農家の収穫量は1世紀前に比べると10倍を超えます。このような飛躍的な収穫量の増大には、遺伝子情報の大幅な変更が必要でした。これによって過ぎし日の誇り高き「琥珀色にうねる小麦の穂」は、現代の高生産性”矮性”小麦になりました。こうした根本的な遺伝子変更は、これから説明しますが、結果的に高くつくことになったのです>


★サークルで 肝臓癒し 酒うまい

 寝てる間の効果 君信じるや

★痛風と 脅す医者を 尻目にし

 サークル当てて 劇的数値

★尿酸 痛風レベル 気にならぬ

 サークル使い 正常人
 

青少年のがん急増の研究報告

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 2月 6日(水)07時45分44秒
   権威ある医学雑誌で衝撃の事実が発表されました。

 青少年のがんが急増しているというのです。

 ミレニアル世代=日本の団塊ジュニア世代の子供たちに、ふつうは65歳以上の高齢者が発症するがんが増えている!

 原因は「肥満」です。

 肥満が、がんを発症しやすくしているのです。

 そして肥満の原因は小麦。
 わたしたちが食べている小麦は、遺伝子組み換えされた「現代小麦」。
 アメリカ人が(日本人も)この小麦を食べ始めてから、肥満が急増しました。

「小麦は食べるな!」(Dr.ウイリアム・デイビス著、白澤卓二訳、日本文芸社)に書いてあるとおりです。

 そしてミレニアル世代は、幼児のころから、現代小麦を食べてきました。
 肥満児が多く、がんにかかりやすくなった!
 日本の「うどん県」でも、小学生の肥満が問題になっています。

 ところで、「肥満ががんの原因」と知ったら、食生活を変えたくなりませんか?

 2019年2月4日のCNN電子版の記事です。

For millennials, cancers fueled by obesity are on rise, study says
By Sandee LaMotte, CNN
(肥満が原因でミレニアル世代のがんが急増と研究が示す)

(CNN)Cancers fueled by obesity are on the rise among young adults in the United States and appearing at increasingly younger ages, according to an?analysis released Monday by the American Cancer Society.
(米がん学会が発表した分析では、ヤングアダルト世代=10代後半の青年における、肥満に関連したがんが急増している)

The study, published in The Lancet Public Health, examined data on 12 obesity-related cancers between 1995 and 2014, as well as 18?common cancers?not associated with weight. They found a disturbing trend among adults age 24 to 49.
(「ランセット公衆衛生」=医学雑誌で発表された研究は、1995年から2014年の20年間の肥満に関連する12種類のがんを調べ、同時に肥満に関連しない18種類の一般的ながんも調査した。発見されたのは24歳から49歳の成人についての当惑するような結果だった)

"The risk of cancer is increasing in young adults for half of the obesity-related cancers, with the increase steeper in progressively younger ages," said co-author Ahmedin Jemal, who is the vice president of the Surveillance and Health Services Research Program for the American Cancer Society.
(「ヤングアダルト層では、肥満関連がんの半分の種類が急増していて、しかも若い世代ほど上昇率が高い」共著者のアフメディン・ジャマルは言う)

Cancers typically seen in the elderly
(がんはふつうは高齢者に見られる)

The six obesity-related cancers that showed startling increases among younger adults were colorectal, endometrial, gallbladder, kidney, pancreatic and multiple myeloma, a cancer of the bone marrow.
(ヤングアダルト層で増大している6種類のがんは、直腸結腸がん、子宮内膜がん、胆のうがん、肝臓がん、膵臓がん、そして多発性骨髄腫だ)

Childhood obesity: America's 'true national crisis' measured state by state
(子供の肥満:アメリカの「真の国家的危機」はすべての州で見られる)

Most of these cancers have traditionally shown up in patients later in life, usually in their 60s and 70s.
Yet the study found some of the most significant increases were seen in the millennial age bracket, at a time when "overall cancer incidence is decreasing in males and stabilizing in females in the US," Jemal said.
(これらのがんは伝統的には人生後半の60代、70代に見つかることが多かった。ところが、この研究によってミレニアル世代に顕著な増加が見られた、全体的にはアメリカ人の男女のがんが減少傾向にあるにもかかわらず)
※ミレニアル世代とは、平成初期(1989年~1995年)に生まれた世代。 団塊ジュニア世代の子供と重なる。 インターネット環境が整ったころに育った最初の世代で、パソコンよりスマホやタブレットを駆使する。

Take pancreatic cancer for example, typically diagnosed in people over age 65. The analysis found the average annual increase for pancreatic cancer was 4.34% for ages 25 to 29, 2.47% in people aged 30 to 34, 1.31% for those in the 35 to 39 age bracket, and only 0.72% in those aged 40 to 44 years.
(膵臓がんを例にあげれば、典型的なのは65歳以上で診断されることだ。ところが、この研究が示したのは、25歳から29歳の膵臓がんが年率4.34%増加しており、30歳から34歳では2.47%、35歳から39歳では1.31%、そして40歳から44歳ではわずか0.72%にとどまっているということだ)

Born in the '90s? Your colon cancer risk could be rising
(1990年代生まれ? あなたの大腸がんリスクは大きい)

Overall, the risk of colorectal, endometrial, pancreatic and gallbladder cancers in millennials was about double the rate baby boomers had at the same age, the study found.
(全般的にはミレニアル世代の大腸がん、子宮内膜がん、膵臓がん、胆のうがんは、ベビーブーム世代が同じ年齢だったころと比べて2倍に増えている)

Obesity is a global epidemic
(肥満は地球規模の伝染病)

Globally, obesity has reached "epidemic proportions," says the?World Health Organization, which estimates that more than 1 billion adults are overweight, with at least 300 million of them considered clinically obese.
(世界中で肥満は「伝染病と呼べる規模」となっている。10億人が体重過多であり、3億人が医学的に肥満の基準を満たしている)

Millennials are on their way to being one of the heaviest generations on record.?Research in the UKshows at least seven in 10 people born between the early 1980s and mid-1990s will likely be overweight or obese by their mid-30s and 40s. Only five in 10 baby boomers were obese at that same age.
(ミレニアル世代は、人類史における体重のもっとも重い世代への道を歩んでいる。1980年代初頭から1990年代なかばに生まれた彼らの10人に7人が体重過多か肥満であり、1930年代なかばから1940年代に生まれた人たちを上回っている。このベイビーブーマー世代はミレニアルの年頃のとき10人に5人しか肥満がいなかった)

In the United States, according to the?National Health and Nutrition Examination Survey,?more than 40% of Americans are obese, as are one in every six children ages 2 to 19.
A?study in the New England Journal of Medicine?last year found almost 60% of the nation's children and teens will be obese by the age of 35 if the trend continues, with around half of the projected weight gain occurring during childhood.
(国民健康栄養調査によれば、アメリカでは40%以上が肥満であり、2歳から19歳では6人に1人が肥満している。この傾向が続けば35歳になるころ、60%が肥満となっている)

Nearly half of US adults have cardiovascular disease, study says
(アメリカの成人の半数が、心臓血管の病気をもっていると研究)

That upward trajectory has experts concerned about associated medical conditions such as heart disease, diabetes and up to 13 types of cancer.
(肥満の増加について、専門家は心臓病や糖尿病、それに一般的な13種類のがんが増えることを心配している)

"Yet, I think the public in general doesn't even know that obesity is associated with cancer," said Case Western Reserve University oncologist Dr. Nathan Berger, who was not associated with the American Cancer Society study.
(「ところが、一般大衆は、肥満とがんの関連すら知らない」)

Excess body weight responsible for 4% of cancers worldwide, study says
(体重過多は、世界中のがんの4%の原因となっていることが研究で示された)

"We know in animal models that obesity accelerates the onset of cancer," said Berger. "And we know in people that obesity is associated with an increase in cancer and a worse prognosis for patients who have cancer. That's well established."
Chang, who is an oncology surgeon, says one of the reasons for a poor prognosis is the effect of excess weight on surgical outcomes. He points out that five of the six cancers on the rise in younger adults -- colorectal, uterine, gallbladder, kidney and pancreatic cancer -- are treated surgically.
(「われわれは動物実験によって肥満ががんの発症を加速させることを知っている。また、肥満ががんの増加と関連していて、予後も厳しいことを知っている。これは医学的に証明されている」。がん外科医のチャンは、体重過多が予後を悪くする原因だと言う。彼は、6種類のうちの5つが、ヤングアダルト層において急増していると言う、大腸がん、子宮がん、胆のうがん、肝臓がん、それに膵臓がんで、これらは外科的に治療されている)

"A patient who is obese will be at higher risk for complications and often times more severe complications from surgery than someone at an optimal weight," Chang said.
(「肥満した患者は合併症のリスクが高く、手術後の合併症は理想的な体重の患者より厳しくなる」とチャン)

A wake-up call on obesity
(肥満についての警鐘)

What this research shows, Berger said, is an association between cancer and obesity in younger and younger ages. That, he said, should be a wake-up call for doctors, policy makers and the public, especially when it comes to childhood obesity.

"We need to make the public aware that there's no time that it's OK to be obese," Berger said. "What that means is you can't say, 'Oh, what a cute, chubby little kid, but don't worry about it. They'll grow out of it.' Because what's happening is the little kid's obesity may already be affecting the carcinogenic process."
(「われわれは大衆に警告すべきであり、肥満で良いよと言う時間は残されていない」「子供に、可愛いね、小太りだね、心配しなくて良いよと言ってはいけないのだ」。「子供たちは肥満することで、すでにがん発症リスクにさらされているからだ」)

 

「小麦は毒」(4):小麦の害は目、肛門、脳、膵臓に及ぶ

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 2月 5日(火)07時37分55秒
  「小麦は毒」(4):小麦の害は目、肛門、脳、膵臓に及ぶ

 小麦は毒です。さまざまな症状が出ています。
 頭痛もそのひとつ。
 慢性頭痛で、ロキソニンなどの痛み止めを常用したら、深刻な健康被害のリスクがあります。

 アメリカではオピオイドという痛み止めが、「麻薬成分」であるため、大勢がジャンキーになり、大勢が死んでいます。

 トランプが非常事態を宣言したほどです。
 オピオイド危機が、いまも、進行中なのです。
 日本でも、末期がんのケアにオピオイドが使われています。
 アメリカでは、痛みが職業病のアメフトの選手に、オピオイドが蔓延し、現役を引退したあとで、深刻な事態に追い込まれる人が多いのです。

 麻薬系の痛み止めは高額、1瓶500ドルもするそうです。
 カネが底をつき、家を手放し、離婚し、ホームレスになった元選手もいます。
 もちろん、自殺した人もいます。

 痛み止めは、ほんとうに怖いですから、頭痛など、からだの調子が悪いなら、まずはグルテンフリー(小麦絶ち)を試しましょう。

「小麦は食べるな!」(Dr.ウイリアム・デイビス著、白澤卓二訳、日本文芸社)から

<悲しい現実は、食生活に小麦食品が蔓延したしたことと並行してアメリカ人の腰回りが田大したことです。脂肪を減らし、コレステロールの摂取量を減らしてその分を炭水化物のカロリーにしましょうという提言は、1985年の国立心肺血液研究所による全米コレステロール教育プログラムで発表されましたが、これをきっかけとして男女の体重が激しい上昇を始めています。皮肉なことに1985年はアメリカ疾病予防管理センター(CDC)が体重の統計をとりはじめた年で、この年を境に肥満と糖尿病が爆発的に増えたことがきちんと記録されています。

 人々が食べる穀物の中で、どうして小麦だけをやり玉にするのでしょうか? それは、小麦が人間の食生活におけるグルテンタンパク質の主な原料としてほかの穀物を大きく引き離しているからです。

 自然ダイエットの提案者ユール ギボンズとは違って、大半の人はライ麦、大麦、スペルト小麦、ライ小麦、ブルグア、カムートなどの珍しいグルテン食品を食べることはあまりありません。小麦のおかげでほかのグルテンを含む穀物の消費量は100分の1以下です。小麦には、ほかの穀物にはない独特な性質があります。なかでも、人間の健康を害する独特な性質がありますが、これについては後の章で解説します。

 しかし、わたしが小麦に焦点を当てるのは、アメリカ人の食生活の大半において、グルテンの摂取は小麦の摂取と同じだからです。また、この理由から、わたしが小麦と言う場合、グルテンを含むすべての穀物を意味することが多くなります。

 一般的なパンの小麦、つまり、パンコムギとその遺伝上の仲間は、目から肛門、脳から膵臓まで広範囲にわたって健康に影響を及ぼします。常軌を逸していると思われても、我慢してお付き合いください。わたしは明快かつ小麦/グルテンフリーの判断力で自分の主張を説明します>
 

「手紙15」

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 2月 4日(月)07時31分34秒
  「生きている死者からの手紙」(1914年の出版、ノンフィクション、著作権フリー)
        エルザ・バーカーによる記録
        金澤竹哲・訳

手紙15 古代ローマのトーガ(訳者注、古代ローマ市民の外出着)

 この国のおもしろいところは、因習にはとらわれていないことだ。同じ服装をしている者はふたりとしていない――厳密にというわけではないが、多くの人が風変わりな装いなので、全体として見れば多種多様な外見をしている。
 私自身の服装は、基本的には地上で着ていたものと同じなので、遥かな昔の前世のひとつの記憶をたどって当時の装いをする実験をしてみた。
 ここでは誰でも望むとおりの服を着ることができる。ここに来たときに、どうやって服を着たのかは分からない。だが、服のことに注意を向けると、ふだんの服を着ている私がいた。服をこちらに持ってきたのかどうか、まだ分からない。
 ここには古代の服装をした人がたくさんいる。このことから、彼らが昔からここにいたとは思わない。彼らは古代の服が好きだから着ているのだろう。
 一般的に、ほとんどの人は地上で住んでいた場所の近くに留まっている。だが、私は初めからあちこちを見て歩いた。ある国から次の国へと大急ぎで移動した。ある夜(君の場合は昼だが)、私はアメリカで休んだ。次の夜はパリで休んだかもしれない。何時間も君の居間の長椅子の上で眠ったのだが、君は私がいることに気づかなかった。私が目覚めている時に何時間も君の家に滞在したならば、君は私の存在を感じただろうと思う。
 ある日、私がここに来て間もない頃、ギリシャの服装をした女性を見たので、どこで手に入れましたかと聞いてみた。彼女は自分で作ったと答えた。どうやってですか? と聞くと、こう言った。
 「あら、まず心のなかでデザインをするのよ。するとそれが服になるの」
 「あなたが縫ったのですか?」
 「いいえ、地上にいた頃のようではなくてよ」
 近寄って服を見ると、全体がひとつの生地でできているように見え、両肩のところで宝石飾りのついたピンでとめてあった。どこで宝石飾りのついたピンを得たのかと聞くと、友人がくれたと彼女は言った。そこで、その友人はどこで求めたのですかと尋ねた。彼女は、自分は知らないので彼に聞いてあげると答えた。その後すぐに立ち去り、それ以来彼女には会っていないので、答えはもらえないままだ。
 私も何か作れるかどうか実験を始めた。その時、古代ローマのトーガが頭に浮んだが、当時の生活で古代ローマのトーガがどのようなものだったか、まるで記憶がなかった。
 師に会った時に、自分で作ったトーガを着たいと言ったところ、師は、望む服の作り方をていねいに教えてくれた。心のなかでデザインとシルエットをしっかり定め、それをまざまざとイメージし、願いを叶える力によって思考世界の微細な素材をそのデザインの周囲へと引き寄せ、実際の服を作るのだという。
 「それでは」と私は言った。「あなたの言う思考世界の素材は、例えば、私の体を作っている素材と同じですか?」
 「つまりは」師は答えた。「ふたつの世界にはただ一種類の素材しかないのです。大きな違いはバイブレーションと希薄さです」
 ところで、私たちの服の思考素材は、極めて希薄な素材である一方で、体は濃密であるように思えた。私たちは、透明な天使が湿った雲の上に座っているようには感じないのだ。空間を移動する素早さを考えなければ、時々、自分の体が昔のように濃密だと思えてしまう。

 私には君がよく見えるので、君も希薄なのだと思える。これは想像するに、環境に順応するという昔からの問題なのだ。当初、私はうまくできなかったので、特定の行動をするに必要な量のエネルギーを調整するのが難しかった。ここではほんのわずかのエネルギーで移動ができる。最初は短い距離――ほんの数ヤード――を移動しようとして気づくと1マイルも先に行ったことがある。しかしいまはかなり上手に順応できている。
 再び地球へ戻った時のかなり厳しい人生に備えるために、私はエネルギーを蓄えている。いまいちばん辛い仕事は、ここに来て君の手を通して書くことだが、君はどんどん抵抗しなくなっている。初めの頃は全力を費やさなければならなかったが、いまは比較的わずかな努力で済む。それでも、一度に長時間書くには君の活力が不可欠だが、それはやめておこう。
 気づいていると思うのだが、君は書いた後で、最初の頃のように疲れ切っていないはずだ。
 私は因習にとらわれないことについて語ったね。魂同士は、堅苦しい儀式抜きで挨拶し合っている。2、3人のお年寄りの女性は見知らぬ人と話すのを恐れているが、たぶん、彼らはここに来てまもなくて、地上のクセが身に染み付いているのだろう。
 しかしながら、こちらの社会があまりにも自由で勝手気ままと考えてはいけない。そうではないが、こちらの人々は地上にいた頃のように、互いを恐れていないように見えるのだ。

 

聖地のパワーですね(*^^*)

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 2月 3日(日)07時52分30秒
   伊勢神宮参拝を長年続けてこられた会員さんから報告です。

 垂れ幕の上がり方が凄いです。

 聖地のパワーとしっかりつながっているからですね(*^^*)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつもご指導ご助言、
ありがとうございます。m(._.)m

おかげ様で、昨日も素晴らしいご参拝をさせていただきましたので、ご報告させていただきます。

昨日は、伊勢神宮様外宮様からご参拝させていただきました。

外宮様では、凛とした空気と風で、身も心も洗われるようでした。

垂れ幕は、大きく挙がってしばらく降りて来ませんでした。
本日は外宮様でも大断言させていただきました。

内宮様では、時折暖かい日差しが差してきて、ありがたい心地よさの中、ご参拝させていただきました。

本日の日差しを撮らせて頂くと、
ブルーの真っ直ぐな光が写りました。

垂れ幕は、立たせて頂くと、風が沸き起こり
ぐんぐん挙がって、大断言で、おお挙がりでした。

荒祭宮様では、大断言させていただき、
「ここには三重県には日本には大地震巨大地震が来なかった」を10回断言させていただきました。

そして、金澤先生を初め
ひまわり会会員の皆様の今年一年の
ご健康と、ご開運を祈念させていただきました。

その後、大山祇神社様と、木花咲耶姫の子安神社にご参拝させて頂くと、寒桜でしょうか。澄み切っ空気の中、美しく咲いておりました。


 

インフル中、痛み止めに死のリスクあり!

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 2月 2日(土)09時27分36秒
   インフルエンザの話題がワイドショーを賑わせています。

 が、非常に重要なことが、ほとんど触れられていません。

 インフルエンザ脳症という死のリスクです。

 唯一、触れたワイドショーがありました。
 木曜日の「とくダネ!」です。

 インフルエンザの高熱を下げようと、痛み止めを飲んだら、インフルエンザ脳症のリスクが高まる、というのです。

 具体的には、アスピリン系、ロキソニン系の解熱消炎鎮痛薬です。

 頭痛ロキソニンを常用している女性も少なくないですが、インフルの初期にいつもどうりロキソニンを飲んだら、インフルエンザ脳症の恐れがあるわけです。

 おそろしいですね。

 これについて、2014年10月26日、以下の記事を書いています。

 しっかり読み込み、ふだんから痛み止めは飲まないようにしましょう。

 痛みの原因は、血流障害です。血流障害はらくらく毛管運動で完治します。
 膝痛が治るのも、同じ理由です。

 痛み止めを常用する人には、らくらく毛管運動を教えて、救ってあげましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【甚大な死者のスペイン風邪は、薬害だった!】

 インフルエンザを薬やワクチンで封じ込めようとするのは「きわめて愚か」。ウイルスはヒトと共生するまで猛威をふるう、それを薬やワクチンで防ぐことはできない。この「異端」の知識を理解できる人は少ない。

 だが、証拠がある。らくらく毛管運動でエイズの患者が元気に生活している。ジャカルタの女性だ。同時期にエイズを発症した人はすべて死んだ。エイズウイルスと共生できているのは、体温を上げ、免疫力を上げ、かつ「助かる」と希望を持ったからだ。希望=免疫力。

 この異端の説を裏打ちするのは、近藤誠医師。2014年10月21日付の「日刊ゲンダイ」で、「スペイン風邪は薬害だった」と断定した。最新の研究に基づいてだ。

<インフルエンザを恐れるのは、「スペイン風邪」事件があるからでしょう。第一次世界大戦中のアメリカで、若者でも1割が死亡し、現在でも「新型が流行したらどうしよう」と恐怖の的になっています。

 しかし「スペイン風邪」が流行した当時のアメリカでは、通常の季節性インフルエンザと病状や死亡率が変わらない地域も多々みられ、なぜ死亡率に違いがあったかは謎でした。が、最近の研究が光を当てました。
 それによると、死亡率が高かったのは兵隊たちです。当時アメリカの軍隊では、中毒量に近いアスピリンが常用されていました。アスピリンは後年、インフルエンザや水痘などの発熱性感染症に使うと、通常量でも「ライ症候群」(脳や肝臓の障害を発症し、死亡率が高い)を引き起こすことがわかり、使用を禁じられたクスリです。それを大量に投与したため、劇症型のライ症候群を引き起こしたのでしょう。

 つまりスペイン風邪事件は、インフルエンザで真実恐ろしいのがクスリであることの証拠なのに、医者たちがクスリやワクチンが必要だという根拠とするのは道理にあいません>

<では、インフルエンザにかかったらどうするか。

 早く治るための要諦は、クスリで熱を下げないことです。インフルエンザに限らず、ウイルス性疾患での熱は、ウイルスが出しているのではありません。高体温ではウイルスの働きが落ちるので、免疫細胞自身が体温を上げる物質(=サイトカイン)を分泌しているのです。それなのにクスリで体温を下げると免疫細胞の力が落ち、ウイルスは息を吹き返して増殖します。そこで免疫細胞は、失地挽回とばかりに、それまで以上に多量のサイトカインを分泌するので、熱は前より高くなる。

 こうして、熱が上がったり下がったりを何日も繰り返すので、なかなか治らないのです。

 一方で、多量に出るサイトカインが、子供たちの未熟な脳組織を攻撃し、ライ症候群を引き起こします(薬局で買えるクスリも同じ)。これに対し、クスリを飲まなければ、インフルエンザの症状は2―3日で軽快します(私はこの40年間、インフルエンザで仕事を休んだことがないのですが、クスリを飲まないせいでしょう)>


 

野生の馬も死ぬ熱波です

 投稿者:ちくてつです  投稿日:2019年 2月 1日(金)10時10分37秒
   今年、日本は猛烈な熱波に襲われるでしょう。

 いま、オーストラリアを襲っている記録的な熱波がくるからです。

 日本のテレビはほとんど報じません。

 CNNの報道は恐ろしいです。

 野生の馬が数十頭も、干上がった水たまりの近くで死んでいるのです。

Australia is sweltering through record-breaking heat. And the worst is yet to come

By?Ben Westcott, CNN

Updated 0014 GMT (0814 HKT) February 1, 2019


As the United States suffers from a record freeze, with temperatures plummeting below minus 32 degrees Celsius (minus 27 Fahrenheit),?Australia is sweltering through an extreme heatwave.
(アメリカ合衆国が、マイナス32℃の記録的な寒波に苦しんでいるときに、オーストラリアはうだるような熱波に襲われている)



An Australian farmer walks through a cloud of dust on her property on January 16.
Week after week, temperatures have continued to rise with all of the country's eight states and territories affected. Across the country, roads have melted, infrastructure has failed and both animals and fish have died en masse.
(毎週毎週、8つの州で気温が上がりつつけ、大地を痛めつけている。国中で、道路が溶け、インフラが痛み、動物も魚も大量に死んでいる)


The southern city of Adelaide experienced its hottest day on record on January 24,?reaching 46.6 C?(116 F). On Friday, Australia's Bureau of Meteorology announced it had been the country's hottest January on record, describing the weather as?"unprecedented."
In temperatures above 40 C (104 F) the human body begins to experience heat exhaustion. Once the temperature exceeds 41 C (105 F), the body starts to shut down. Health warnings have been issued throughout Australia advising people to stay indoors during the hottest part of the day, minimize physical activity and keep hydrated.
(南部のアデレード市は1月24日、過去最高の高温、46.6℃を記録した。オーストラリア気象庁は1月の気温は過去最高で、前代未聞と発表した。40℃の高温では、人間の体は熱で極度の疲労を覚える。41℃を超えると、体の機能がストップし始める)

"This fish is 100 years old, it's never coming back, this is bloody disgraceful,"?local farmer Rob McBride says?in the video.
Another local, Graeme McCrabb, described to CNN the "horrific" sight which greeted him when he strolled down to the river one day. "The fish were still dying, lots of small ones bouncing along the surface of the water," he said.
(「この魚は100歳だが、生き返ることはない。恥ずべき事態だ」。農家のボブが言った。地元のグレイアムはCNNに恐るべき光景を語った。ある日、川へ歩いていったところ、「魚が、多くの小魚がまだ死に続けていた。かつては水面に跳ねていたのに」)

But fish aren't the only victims of Australia's extreme weather. In the Northern Territory, the bodies of dozens of wild horses were?found strewn along a dried-up water hole.?In Victoria, more than 2000 flying foxes died due to heat stress in what local media?described as a "nightmare" event.?Similar mass flying fox deaths have been recorded in the states of?New South Wales?and?Queensland.
"No animals should suffer like this. We have to stop the devastating impacts of climate change becoming normal,"?Greenpeace Australia?said in statement Tuesday.
(北部地域では、数十頭の野生の馬が、干上がった水たまりのまわりで発見された。ビクトリア州では、200匹以上のコウモリが熱のために死んでいる。ニューサウスウェールズ州、クイーンズランド州でも同数のコウモリの死が記録されている)


 

花粉症は治ります

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 2月 1日(金)07時09分9秒
   花粉の季節になります。
 毎年、テレビは花粉症を大騒ぎして取り上げています。

 マスク、クスリ、家電製品などなど。

 唯一、とりあげないのは、「簡単に治る方法がある」ということです。

 正心調息法で治ります。

 らくらく毛管運動でも治ります。

 数年前のこの方のように、ひまわり会のみなさんは、花粉症とは無縁ですね。

「金澤様、こんにちは、熊本の〇〇です。熊本は朝晩はまだ寒くて暖房をしていますが桜の花はもう少しで満開です。
 この時期になると中国からの黄砂がふるので花粉症の私にとって、黄砂で症状がますます悪化する憂鬱な季節だったのですが、一昨日大量の黄砂が降ったにもかかわらず花粉症の症状がでていないことに気がつきました。
 今年はまだ症状が出ないなあ、と思いながらすでに3月の末となっていました。らくらく毛管運動で花粉症が治るというのは本当だったんですね。このままあと1カ月薬を飲まずに過ごせそうです」

 

らくらく毛管運動で腎臓が正常値

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 1月31日(木)07時00分51秒
   医療の常識が大逆転!患者1330万人「腎臓病」治療革命
「NHKためしてガッテン」2019年1月30日放送

 この番組、おもしろかったですね。
 腎臓の働き方がよくわかりました。

 そして、らくらく毛管運動を日課にすれば、腎臓病にならないこともわかりました。
 毛細血管が活性化するので、腎臓も楽になるからです。

「目に見える証拠」は、わたしの血清クレアチニンの値です。

 HPに早見表がでていましたので、0.59の数値を年齢のところで判定すると、100点超えの正常値でした。

 みなさんも、血液検査でクレアチニンの数値が出ていたら、この早見表で腎臓の健康状態を調べてください。

 らくらく毛管運動の励みになるでしょう。


<推定患者数1330万人、新たな国民病とも言われる慢性腎臓病。早期に治療を開始すれば進行を止めることも可能です。これまで、慢性腎臓病の治療は、腎臓に負担をかけないようにするために、食事を制限する、薬を飲む、運動を制限する、などという治療が行われてきました。しかし近年、従来は制限されてきた運動を、むしろ積極的に行う「腎臓リハビリテーション」という治療プログラムが登場。大きく変化した腎臓病治療の最前線をお伝えしました。

慢性腎臓病の早期発見方法

 慢性腎臓病には自覚症状がほとんどないため、体調が悪くなって病院を受診したときには透析間近・・・ということも珍しくありません。しかし腎機能の低下を早期に発見し、適切な治療を受けることで、病気の進行を食い止めることが可能です。早期発見のために、2つの方法をご紹介しました。
 ひとつは、尿検査でわかる「尿たんぱく」。これは、尿中にどのくらいの濃度のたんぱく質が含まれているのかを示す指標です。検査結果が(―)であれば異常ありません。しかし(+)(++)(+++)がついたら要注意。たんぱく質が尿と一緒に体外に漏れ出している証拠です。腎臓が傷ついている可能性があります。まずはかかりつけの医師に相談した上で、必要であれば再検査を受けましょう。(+-)の場合は経過観察。もし二年連続で(+-)が出たら、こちらもかかりつけの医師に相談しましょう>

<もうひとつ大事なのは、血液検査で分かる「血清クレアチニン」という値。(血清クレアチニンは、自治体や会社の健康診断の血液検査項目に含まれていることがあります。また、人間ドックの検査項目には基本的に含まれているものです。)この値と年齢を組み合わせることで、自分の腎臓がどのくらい働いているのか、いわば“腎臓の点数”を知ることができます。今回、ガッテン!では専門家の監修のもと、「腎臓の働き早見表」を作成しました。横軸のクレアチニンと、縦軸の年齢がぶつかったところが、あなたの腎臓の点数。60点未満だと、慢性腎臓病の疑いあり!もしも60点未満だった場合、まずはかかりつけの医師にご相談ください>

 

タミフルは危険、処方されても飲まない!

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 1月30日(水)09時36分9秒
   インフルエンザが猛威をふるっています。

 医者にかかれば、処方薬を出されますが、タミフルは効果がなく、副作用がひどいことが確定しています。

 信頼できる専門家が警鐘を鳴らしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 宇多川久美子「薬剤師が教える薬のリスク」

 インフルエンザにタミフルは効かない!
 高確率で嘔吐や精神障害
 すでに欧米では利用わずか
 文=宇多川久美子/薬剤師・栄養学博士

 今年もインフルエンザの季節がやってきました。ワクチンの値上げも話題になっています。
 今回は、昨年発表された「コクラン共同計画」でのタミフルの調査報告をご紹介します。
 英国に本部を置き、医療行為の有効性に関する情報を提供する国際的非営利団体のコクラン共同計画が昨年4月、インフルエンザ治療薬「タミフル」に関する調査報告を発表し、衝撃が走りました。タミフルはインフルエンザにはほとんど効かないうえ、高い確率で副作用が出るという結果が出たからです。
 発表された内容の骨子は、以下のようなものでした。

問い:タミフルはインフルエンザに効くか?
答え:ノー

 タミフルを使用した成人インフルエンザ患者の発症期間は6.3日。投与しなかった成人患者の発症期間は7.0日で、早く治るという明確な結果は得られなかった。

問い:タミフルは安全か?
答え:ノー

 副作用として成人の4%、小児の5%に吐き気や嘔吐が見られ、3.1%が頭痛を訴えた。また、タミフルを予防的に服用した人の1.1%に精神症状が表れた。

 そして、「インフルエンザの予防または治療のいずれかのために、タミフルなどノイラミニダーゼ阻害剤の使用に関して意思決定を行う際には、利益と害のバランスを考慮すべきである。インフルエンザウイルスに対する特異的な作用機序をメーカーが(有効性の根拠として)提示しているが、これは、臨床的エビデンスには合致しない」とも記しています。
 この報告が大きな意味を持つのは、9623人のデータを解析して行われた、最も信頼のおける調査だからです。それを可能にしたのはタミフルの製造元である巨大製薬企業・ロシュから臨床データを提出させることに成功したからです。
 ロッシュは、はじめは自分たちに不利な結果が出ることを恐れ、さまざまな理由をつけて臨床データの提出を拒んでいましたが、コクラン共同計画が英国や北欧などの政府を動かして圧力をかけた結果、ついに入手に成功したのです。

タミフルを大量に使用する日本

 この調査報告の発表が行われたあと、コクラン共同計画は提携関係にある英国医師会報編集局と共同で各国の政府にタミフルの使用を再検討するよう声明を出しています。

 英国では国民の8割に処方できる膨大な量のタミフルを備蓄していたので、メディアは一斉にトップ扱いで報じました。特に秀逸だったのは、英国を代表する新聞であるガーディアンの長大な記事でした。同紙は、「英国政府はこの薬にこれまで5億ポンド(925億円)も使ってきた。これはスキャンダルだ」と断じたあと、英国流のブラックユーモアで、「100万人にタミフルを処方すれば、4万5000人が嘔吐し、3万1000人が頭痛を訴え、1万1000人に精神障害が出る。もしインフルエンザの大流行が始まったら、我が英国には5000万人分のタミフルがあるのだから、すごい嘔吐量になりそうだ」と痛烈に皮肉っています。
 記事のトーンは、英国政府はロシュの詐欺に引っかかったといわんばかりですが、それでも欧州諸国には救いがあります。

 英ガーディアン紙の記事はこちらです。

Pharmaceuticals industry
What the Tamiflu saga tells us about drug trials and big pharma
We now know the government's Tamiflu stockpile wouldn't have done us much good in the event of a flu epidemic. But the secrecy surrounding clinical trials means there's a lot we don't know about other medicines we take

Ben Goldacre
Thu 10 Apr 2014?07.00?BST
First published on Thu 10 Apr 2014?07.00?BST


For example, if a million people take Tamiflu in a pandemic, 45,000 will experience vomiting, 31,000 will experience headache and 11,000 will have psychiatric side-effects. Remember, though, that those figures all assume we are only giving Tamiflu to a million people: if things kick off, we have stockpiled enough for 80% of the population. That's quite a lot of vomit.

(英国流のブラックユーモアで、「100万人にタミフルを処方すれば、4万5000人が嘔吐し、3万1000人が頭痛を訴え、1万1000人に精神障害が出る。もしインフルエンザの大流行が始まったら、我が英国には5000万人分のタミフルがあるのだから、すごい嘔吐量になりそうだ」と痛烈に皮肉っています)

 備蓄は膨大な量でも、医療の現場では以前からタミフルの評価は低かったため、あまり使われておらず、EU諸国でのタミフルの売り上げは、全体の数%程度で済んでいたからです。
 米国も以前からタミフルの効果には懐疑的で、米国疾病管理予防センター(CDC)が、タミフルの使用を推奨しているのは、入院が必要な重症患者、65歳以上の高齢者、5歳未満の小児、気管支喘息や糖尿病などで免疫の落ちている人、に限っています。

 それに引き換え日本では、依然としてインフルエンザになったら即タミフルが当たり前のようです。厚生労働省の治療ガイドラインを見ても、生命の危機がある重症患者から軽症の患者まで(10代を除く)、タミフルは第1選択薬とされています。

 パンデミック(世界的大流行)に備えた備蓄の量も半端ではありません。厚労省HPによると、日本では2013年4月時点で6310万人分のインフルエンザ治療薬が備蓄されており、そのうちの54245万人分がタミフルです。
 実は、タミフルの売り上げの約8割は日本市場で、もはやタミフルは日本なしでは立ちゆかない商品になっています。コクラン共同計画が決定的な調査報告を出したにもかかわらず、日本の厚労省や御用学会は今のところ、なんの動きも見せていません。
 すでにご存じの方も多いと思いますが、タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑えますが、殺すわけではありません。タミフルを飲んだことで安心して、無理に働き続ければ、それこそ取り返しのつかないことになる可能性もあります。タミフルの多用によって、タミフル耐性インフルエンザウイルスも多数報告されています。
 インフルエンザにかかったら、安静にして体力を消耗させない。それがインフルエンザを治す最良の方法であり、広めないための最善の方法でもあります。また、最良の予防法は、ワクチンを打つことではなく、日頃から疲労をためずバランスのよい食事・適度な運動を心がけ、免疫力を高める生活をすることなのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 なぜ、日本の「インチキ」厚労省や御用学者がタミフルにこだわるのか、開発会社を買収した中外製薬が製造しているからです。

 医療の闇、深いですね。


 

墓地には霊がいます

 投稿者:ちくてつです  投稿日:2019年 1月29日(火)06時33分2秒
   わたしたちはお墓参りをしますね。
 でも、初心にかえって真実について考えましょう。

 わたしたちの、たとえば両親の墓に参るのは、両親を思い出して感謝するためです。

 ところで、その両親は、お墓のなかに、あるいはお墓の近くに住んでいるのでしょうか?

 もちろん、いるわけがありません。

 霊界で学び、成長しているからです。成長しない人、学ばない人もいますが。

 ハッチ判事が、霊界にきたばかりの婦人にアドバイスしたという手紙があります。

 婦人は自分の墓にゆき、自分の肉体がどうなっているか、知りたくてしかたがなく、訪ねてショックを受けたのです。

 欧米は土葬ですから、そうとうひどい状態を目撃したのでしょう。

「これからはいっちゃいけません」とアドバイスしていました。

 もしも、彼女が墓に住み着くのであれば、成仏できない浮遊霊となります。

 深夜の墓地には、浮遊霊がたくさんいます。

 インドの聖者をヒーリングするほど、霊力のある女性がいました。
 守護霊は金色に輝き、後ろに立っています。
 彼女の修行時代、師は、体にマントラを書かせて、深夜の墓地に連れてゆき、出てくる浮遊霊をつぎつぎと成仏させたそうです。

 似たようなエピソードがハッチ判事の手紙に出てきます。

 ですから、霊はいますが、墓にはいません。

 わたしは数年間、手紙のライオネル少年のような霊界の男の子と付き合っていました。
 霊と直接会話していたのです。

 この子は、2、3歳で亡くなり、エネルギーが残っていました。
 ですから、霊媒体質の人に協力してもらって、地上の世界を味わい、成長したいと願っていました。

 ハッチ判事と自動書記の手助けをしたエルザさんの関係に似ています。

 私が会話していたこの子、墓にいたでしょうか?
 墓にはいません、墓には近づきません。
 浮遊霊がたくさんいるからです。

 乗り物だ大好きで、霊媒の人が飛行機に乗ると、翼の先に座ってニコニコしていたそうです。

 この掲示板で紹介していることがらは、すべて実体験であり、真実です。
 参考にしてください。

 

深夜のスマホ=夜中の墓地です

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 1月29日(火)06時12分33秒
   わたしたちは肉体+精神でできています。

 精神は少しずつ成長してゆきますが、若い頃に、邪悪な精神や犯罪者などとつながると、狂ってしまうのは当然ですね。

 スマホの世界は、とくに深夜は、夜中の墓地と同じです。
 肉体を失った精神=霊が、成仏できずに、さまよっているのです。
 そんなところを、子供に歩かせて平気ですか?

 わたしたち大人でさえ、深夜の墓地にゆく気はしません。

 深夜のスマホの世界は、どんな人とつながるか、わからないのです。

 イギリスのBBCが報じたのは、14歳の女子の自殺です。

<「インスタグラムが娘の自殺を助けた」 14歳の娘を失った父親、SNSの投稿を批判
2019年01月28日?
 モリー・ラッセルさんは2017年、14歳で自らの命を絶った。遺族がモリーさんのインスタグラムを見ると、そこにはうつや自殺に関する悲惨な投稿が沢山見つかった。モリーさんの父親イアンさんは、インスタグラムが娘の自殺を助けたと確信している。
 これに対しインスタグラムは声明で、「インスタグラムは自傷、自殺を促進・美化する投稿は認めておらず、そうした投稿は削除している」と述べている>


 こんなに可愛い女の子が、インスタグラムにハマり、好奇心からでしょうが、うつや自殺に関心をもったのでしょう。

 うつの人の精神、自殺を考えている人の精神、その影響をスポンジのように吸い取って、自殺したくなり、自殺してしまった、ようです。

 わたしたちは肉体と精神でできています。
 精神を正常に保つには、何よりも、邪悪な精神や犯罪者の精神とつながらないことです。
 あおり運転で人を殺した男たち、顔を平然とさらして、野獣の顔を見せています。
 精神が病み、肉体は野獣のように変質しています。

 彼らのような人間が、深夜のスマホを横行しています。

 被害者になりたくないなら、深夜のスマホは厳禁です。

 イギリスでも子供のスマホ利用は増えていて、5-7歳の子供の9%が使っています。
 恐るべきことですね。
 

手紙14 パラケルススの本:天使と悪魔

 投稿者:ちくてつです  投稿日:2019年 1月28日(月)08時32分46秒
  「生きている死者からの手紙」(1914年の出版、ノンフィクション、著作権フリー)
        エルザ・バーカーによる記録
        金澤竹哲・訳

手紙14 パラケルススの本

 先日、この世界に滞在していた者の行った研究を収録した図書館が、もしあるなら見せて欲しいと師に聞いた。彼は言った。「あなたは地球にいた時はたいへんな読書家でしたね。来なさい」
 私たちは図書館そっくりの大きな建物に入り、私は息を飲むほどの驚いた。建物の建築様式に驚いたのではない、蔵書と記録文書の膨大な量にだ。数百万冊はあるに違いない。
 師に、すべての本があるのですかと聞くと、彼は微笑んで言った。
 まだ十分ではないですか? どれでも選んでいいですよ」
 本はテーマごとに並べられているのかと聞くと、
「配列方法があります」と答え、「何をお望みですか?」
 私は、他の人がこの世界について探求した記録を読みたいと言った。
 師は再び微笑み、棚から分厚い本を取り出した。それは大きな黒い活字で印刷されていた。
「誰がこれを書いたのですか?」と尋ねた。
「署名があります」と師は答えた。
 巻末を見ると、署名があった。パラケルススが使っていた署名だった。
 (訳者注、パラケルススは1493ー1541年にスイスで生きた医師・錬金術師で、医化学の祖とされる)
「いつこれを書いたのですか?」
「ここに来てすぐでした。パラケルススとしての転生と、その次の地球での転生の間でした」
 本を開くと、霊、人間、天使、そして元素の霊についての論文だった。人間の霊の定義から始められていて、それは人間の姿で生きた経験を持つ霊だという。元素の霊も定義しており、それは多少なりとも自意識を発展させてきたが、まだ人間のような経験をもたない霊だという。
 それから著者は天使を高次元の霊だとし、これまでもこれからも、物質界の経験を持つことのない霊と定義していた。(訳者注:天使も悪魔も、地上には転生しない)
 次に天使の霊は、天界と地獄の二種類のグループに明確に分けられていると述べている。前者は神の法則に従い、調和をもたらすために活動しており、後者は調和を壊すために活動していると定義する。だが、天使と悪魔、ふたつのグループは、互いを、存在し続けるために必要としており、もしすべてが善になれば、宇宙は存在することをやめてしまう、善そのものが、それに対抗する悪の消滅によって、存在できなくなるという。
 彼は、天使の住む領域の書庫にはいくつかの事例が記録されており、善の天使が悪になり、あるいは悪の天使が善となる事例が極めてまれにあると述べている。
 それから彼は、この世界に滞在する仲間の魂に警告し、悪霊とは交流しないようにと述べている。彼は、微細な形の生活には地球の生活以上に誘惑が多いと断言する。彼自身がしばしば悪意のある天使たちから仲間に加わるようにと誘われ、その説得力はしばしば、大したものだったそうだ。
 彼は地上で生活していた時に、何度か善い霊や悪い霊と会話したことがあったが、彼の知るかぎりでは、地球にいた間に、悪魔と会話したことはないそうだ。
 彼は読者へ、微細な世界の人間が天使なのか、単なる人間なのか、あるいは元素の霊なのかを見分ける方法がひとつあると助言する、それは天使を包む光がより強く輝いているかどうかだと言う。善い天使も悪い天使も、ともに強く輝いているが、両者には違いがあり、顔を見ればひと目で見分けることができると言う。天界の天使たちの目は愛と知性で燃え上がっており、地獄の天使たちのば場合は、目を見ると途方もなく不快になるそうだ。
 彼は、地獄の天使が人間のふりをすることは可能であり、また、光の天使のふりをするかもしれないと述べる。だが、天使が本来の資質を隠し、微細な体で生きている魂を偽ることは事実上不可能だとも述べていた。(訳者注:霊界ではだませない、ということ)
 このテーマについては、別の夜に伝えたい。いまは休息しなければならない。

 

魑魅魍魎、ばっこしています

 投稿者:ちくてつです  投稿日:2019年 1月28日(月)08時16分10秒
   恐ろしい事件が、アメリカ中を震え上がらせています。

 29歳の警官が、24歳の若くて評判の良い女性警官を撃ち殺した事件です

 詳細がわかってきて、メディアも騒然としています。

St. Louis Officer Charged in Fatal Russian Roulette Shooting of Another Officer, Authorities Say
(セント・ルイス市の警官は、別の警官とロシアンルーレットを行っていたため起訴された)

 警官はふつう2人組で活動します。

 その日の午前中、Nathaniel R. Hendren巡査29歳は、パートナーとともに自宅にいました。
 勤務時間中でした。
 そのとき、同僚のAlix巡査24歳が訪ねてきました。
 休日でした。

 Hendren巡査はリボルバーを取り出し、弾丸を抜いて、弾倉を空にしました。
 そして1発だけ弾丸を込めて、シリンダーを回転させました。

 それから、Alix巡査に向けて、引き金を引きました。
 弾はでません。
 こんどはAlix巡査がHendren巡査に向けて、引き金を引きました。
 弾はでません。
 そしてHendren巡査がAlix巡査に向けて引き金を引いた3度目、弾丸が発射され、胸を撃たれたAlix巡査は死にました。

 この間、パートナーの巡査は、「銃をもてあそぶな」と言ったそうですが、ふたりは無視したのです。

 いったい何が起きたのでしょうか?

 ふたりは、死への願望があったのでしょう。

 ですから、どちらかひとりが確実に死ぬ、ロシアンルーレットをやろうと決めていた。

 ではなぜ、死への願望があったのか?

 わたしたちは肉体と意識でできています。

 意識が「死の願望」に支配されてしまうとき、こんな事件が起きるのでしょうね。

 この悲惨な事件を、よだれを垂らして眺めていた魑魅魍魎がいたはずです。

「生きている死者からの手紙」のハッチ判事が目撃談を残しています。

 浮遊霊や、呪縛霊はさほど怖くありません。

 一度は地上で生きた意識(霊、魂)であり、浮かばれないでさまよっているだけですから。

 ところが、魑魅魍魎は怖い。彼らは地上に生まれたことがないからです。

 人の肉体ではなく、意識に憑依しようと狙っています。

 しっかり用心し、守りましょう。
 

三碧木星は「一生に一度のイベントの年」ですね

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 1月28日(月)06時37分11秒
   大坂なおみさん、三碧木星です。
 今年は南で、「一生に一度のイベントの年」。
 まさにそうなりました(*^^*)

 第3セットについて、インタビューに答えた内容がBBCで報じられました。


"I'm not sure if it's feeling grown up, or being able to dissociate my feelings," Osaka said after Saturday's?7-6 (7-2) 5-7 6-4 victory?over Czech Petra Kvitova.
(感情が湧き上がってきて、どうすることもできなかったわ)

"You know how some people get worked up about things? That's a very human thing to do. Sometimes I feel like I don't want to waste my energy doing stuff like that.
"In the third set of my match today, I literally just tried to turn off all my feelings. I just felt kind of hollow, like I was a robot.
"I was just executing my orders - I just did what I've been practising my whole life in a way."
(第3セットは、ただ感情のスイッチを切ろうとしたの。心が空っぽのロボットみたいに。そしてただ命令を実行するだけ、これまで練習してきたことをやったわ)

 わたしたちは、肉体+意識でできています。
 全豪オープンのように、大きな名誉、お金がかかった試合では、選手の感情がほとばしりでていますね。

 しかし、この感情が曲者。
 感情が冷静なプレーを邪魔するからです。

 大坂なおみさんのような表情、感情を抑えたふるまいでグランドスラムを獲得した選手は、過去にいたでしょうか?

 ところで、昨日、電車のなかでおっちゃんが、夫婦に暴言を吐いていました。
 ささいなことが原因です。
 夫婦は相手にしなかったので、収まりました。
 しかし、相手にしていたら、大喧嘩になっていたかもしれません。

 肉体+意識の意識は感情をコントロールするはずですが、感情が暴走すると意識のコントロールが効かなくなる。

 通り魔事件、あおり運転殺人などの、加害者に見られるのが、感情の暴走という現象です。

 感情が暴走すれば、意識のコントロールが効かないのですから、重大な事件を起こしてしまうのです。

 感情が暴走しているとき、それを後押しする魑魅魍魎がいます。
「生きている死者からの手紙」で、ハッチ判事が目撃談を述べたとおり。

 ひまわり会のカードは、意識を光へ向けてくれますから、感情の暴走は起きず、魑魅魍魎も寄ってこないわけです。

 通り魔事件、あおり事故が頻発しています。
 注意しましょう。

★風邪かなと 思えばすぐに サークルを

 ハートに当てよ 朝には治る

★インフルの 怖いワクチン 不必要

 サークル持ちて 予防が可能

★タミフルで 死者多数と 報じらる

 処方するは 日本のみとか
 

大坂なおみさんは三碧木星です

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 1月27日(日)08時49分33秒
   日本人のほとんどの人が感動を覚えた全豪オープン。

 大坂なおみさんの第3セットのプレーが驚きでした。

 感情を抑え、クールにプレーしましたね。

 わたしが感じたのは、悲劇から復活し、決勝戦に出てきた相手選手へのリスペクトでした。

「こんな素晴らしい相手と対戦できてうれしい」
「自分の最高のパフォーマンスで相手に応えたい」

 一切、感情を表さず、優勝したあとも、はしゃぎもせずに謙虚な姿勢を続けました。

 むしろ、相手を讃えていました。

 すごいですね、21歳ですから(*^^*)

 大坂なおみさんは、1997年10月16日生まれ。
 三碧木星の年、六白金星の月の生まれです。

 三碧木星は「若木」。若いうちにすべてが決まるという星です。

 全米オープン、全豪オープンの連覇で、テニス界のスーパースターとなりました。

 六白金星は「数えるお金」。仕事師です。
 戦いにめっぽう強い星です。

 三碧は霊感があり、激しい気性。
 六白も激しい気性。

 感情をコントロールする方法を今回、覚えたので、さらに強くなりそうです。

 楽しみですね(*^^*)


★草花に メーターつけて 是非を知る

 好かれるひとは 針振り切れり

★ひと集い 瞑想すれば 光来る

 霊が集まり 共鳴す

★オーラには 三層ありて ひとが見る

 エーテル体は 精神示す
 

小麦は毒」(3):IBSは完治する

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 1月26日(土)10時38分57秒
  「小麦は毒」(3):IBSは完治する

「小麦は食べるな!」(Dr.ウイリアム・デイビス著、白澤卓二訳、日本文芸社)から。

<潰瘍性大腸炎で大腸切除を迫られたのに大腸を切らずに完治した38歳の女性、関節痛で歩くこともできなかった再起不能の状態から完全に回復し、歩くことも走ることも自由にできるようになった26歳の男性など、小麦を食べるのをやめることで病気から劇的に健康を回復した例をいくつも見てきました。
 こうした結果は奇妙に思えるかもしれません。でも、これらの症状の根本的原因が小麦であり、小麦を食べなければ症状を緩和または完全に消すことを示す科学的研究結果はたくさんあります。わたしたちは便利さや豊かさ、低コストを追い求めるうちに無意識に健康を阻害していたのです。ぼっこりお腹や特大太もも、二重あごがその証拠であることがわかるでしょう。
 これから本文でわたしが説明することは、誰でもチェックできる科学的研究で証明されています。意外にも、わたしが学んだ多くの教訓は何十年も前に臨床試験で実証されているのです。しかし、なぜか医学界でも国民の意識にも表面化することはありませんでした。わたしは既知の事実から正しく結論を導くだけですが、読者の皆さまはきっと驚くことでしょう>


★人助け 天が数えて 報いする

 命捨てても 光の世界

★宇のチカラ われに宿りて 人助け

 霊になりても この道続く

★えにしあり 出逢いしひとは すぐわかる

 体に響く 波動明らか



 

「小麦は毒」(2):万病の元

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 1月25日(金)07時02分53秒
   わたしは1型糖尿病ですから、小麦を食べると血糖値がどれほど跳ね上がるか、体験し、知っています。

 2型糖尿病、それに糖尿病予備群の方は、あまり理解できていないようですね。

 しかし、うどんやパン、パスタ、ラーメン、カツ丼、揚げ物を食べると、食後の血糖値が跳ね上がっているのです。

 そのような生活習慣を続けると、ラーメン党が若死にしているように、重大な健康被害に遭います。

 全米ベストセラーの本書を熟読しましょう。

 小麦を絶ってグランドスラムを何度も達成した、テニスのジョコビッチ選手を見てください。

 ボールペンのような細い、スリムな体型なのに、タフでくたびれない試合を続けています。

「目に見える証拠」ですね。

「小麦は食べるな!」(Dr.ウイリアム・デイビス著、白澤卓二訳、日本文芸社)から。

 3ページ。

<小麦による人体への奇妙な影響として、食欲増進、エクソルフィン(脳内麻薬のエンドルフィンと同等の外因性の物質)による脳の活性化、食欲と満腹のサイクルを繰り返す引き金となる血糖値の大幅な亢進、病気や老化の原因となる糖化反応、軟骨をむしばみ、骨を破壊する炎症やPHバランスの破壊、免疫反応疾患の活性化が記録されています。
 小麦を消費することで、セリアック病――小麦グルテンの摂取による破壊的な腸管疾患――から、さまざまな神経障害、糖尿病、心臓疾患、関節炎、奇妙な発疹、統合失調症のおぞましい妄想まで、さまざまな病気が引き起こされます>

<この小麦と呼ばれるものがこれほどの問題を引き起こすなら、小麦を食べなければ思いもよらない特大のメリットがあるはずです。実際、心臓専門医として心臓病や糖尿病などの肥満による破壊的病気のリスクを抱えた何千人もの患者の診察と治療をしてきたわたしは、ベルトにおおいかぶきるほど突出していたぽっこりお腹の脂肪が、小麦を断ったことで消えたのを目の当たりにしました。たいてい、最初の2~3カ月で合計10キロ、15キロ、25キロの体重が減りました。
 急激で無理のない減量の後に健康上のメリットがやってくるさまは、この現象を何千回と目の当たりにしたいまでも驚くあまりです>

 

四緑木星は用心しましょ

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 1月25日(金)06時38分52秒
   ひどい事件が起きました。
 朝日新聞から。

<24日午後3時ごろ、富山市池多の富山県警富山西署池多駐在所で、同駐在所勤務の山本宏樹巡査部長(30)が男にハンマーで頭を殴られ、ナイフのような刃物で顔を切られた。山本巡査部長が男を取り押さえ、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。富山西署の発表によると、男は同市五福の大学生、前田将輝容疑者(22)。前田容疑者は「警察官を襲ったことは間違いない」と話しているという。山本巡査部長は軽傷>

 容疑者の大学生は22歳。今年23歳になりますから、真北の大凶です。

 そして四緑木星。四緑は霊感がありますが、ネガティブな波動や魑魅魍魎の影響を受けやすい面があります。

 この事件も魔物が取り憑いたとしか考えられません。

 通り魔事件、あおり運転、人身事故などに遭わないように、トンネル・カードを携帯しましょう。
 

霊界からのメッセージ

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 1月24日(木)08時19分23秒
   わたしたちは肉体+霊の存在です。

 肉体が眠っている時、霊界とつながりやすくなっています。

 邪気や魑魅魍魎をトンネル・カードでガードすると、意味のある夢を見たりします。

 今朝は、明らかに霊界からのお知らせをもらいました。

 あざやかな夢で、目覚めてもしっかり覚えている夢は、霊界からのメッセージです。

 夢では、新会員さんからの報告がありました。

「はじめて大断言しましたが、パワーがからだに満ちました。凄いです」


 そして、

「わたしはホスピスに勤務しているのですが、患者さんたちを光に包んで見送りたいので、サークル・カードを5人分ください」

 この工夫がほんとうに素晴らしいと霊から教わったわけです。

 いい夢でした。



 

ドローンの続報です

 投稿者:ちくてつです  投稿日:2019年 1月23日(水)09時30分46秒
  Missed the drone by about 30 feet': Operations resume at Newark Airport after drone activity, FAA says
By JULIA JACOBO JEFFREY COOK
Jan 22, 2019, 7:14 PM ET

 米東部時間午後7時14分のニュースですから、16分前の出来事です。

Group stop ordered at Newark Airport due to drones

Officials have now resumed operations after a ground stop had been ordered at Newark Liberty International Airport in New Jersey due to drone activity, according to the Federal Aviation Administration.

Two drones were seen about 3,500 feet above Teterboro Airport in Bergen County, New Jersey, FAA spokesman Greg Martin told ABC News.
(2機のドローンが3500フィートで目撃された)

Pilots described seeing what "looks like a drone" within 30 feet of the plane on its final approach, Air Traffic Control audio obtained from LIVEATC.NET revealed.
(パイロットは、「ドローンのように見えた」と語り、着陸しようとした機体に30フィートまで近づいたという)

"Missed the drone by about 30 feet off our right wing," one pilot said.
(「あやうく右翼にあたりそうな30フィートくらいだった」とパイロット)

Some flights were held at their points of departure in order to slow the pace of incoming traffic, the source said.

The airport has posted on Twitter that operations have now resumed.
 

ドローン攻撃が現実味!

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 1月23日(水)09時16分56秒
   アメリカABCニュースが、ショッキングなニュースを報じました。

 長さ30フィート=9.1メートルののドローンが航空機に近づいたため、ニューアークの空港が閉鎖されたと報じました。
 数千のフライトが運行不能になっています。
 ドローンはかなり接近して危険な状況だったと目撃したパイロット。
 米東部時間1月22日の午後でした。

 ドローンはさまざまな活用法が話題になっていますが、恐ろしいのはテロに使われることです。

 2018年11月23日に書いた記事を参考にしてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 英空港閉鎖、現実味が増した自爆ドローン攻撃!

 英国no2の空港がドローンによって閉鎖され、世界的なニュースになった。
 BBCから経過をたどると、ロンドン・ガトウィック空港の滑走路が閉鎖されたのは、現地時間19日午後9時。2機のドローンが滑走路に侵入したため。
 滑走路は20日午前3時1分に一時的に再開したものの、45分後にはさらにドローンが目撃されたため、再び閉鎖。
 20日夜までに、12万人が欠航の影響を受けた。
 ドローンの目撃回数は50回以上だった。
 警察は懸命の捜査を行なっているが、犯人を特定できていない。
 BBCによれば、「イギリスでは空港や飛行場の境界から1キロ以内でドローンを操縦するのは、違法行為にあたる。航空機の安全を脅かす行為は、最大禁錮5年の刑罰を伴う」。かなり重い罪が科される。

◎ドローンの進化がテロを激化させる

 この事件、犠牲者は出ていないが、テロの予行演習の恐れがある。2016年10月30日号の本紙は以下のように警鐘を鳴らした。それが現実味を帯びてきたわけだ。

【自爆ドローン攻撃で世界は「ムンクの叫び」】

 米軍が開発したドローン=無人攻撃機は、数え切れないほどの民間人のイスラム教徒を殺害してきた。その蛮行が、ブーメランのように、そのまま欧米各国にもたらされそうだ。
 民生用ドローンの進歩はすさまじい。アフリカの、医師の少ない地域で、医療機関が使い始めたドローンがある。血液などの医薬品1.5キロを数キロから10キロ運び、目標地に至っては貨物をパラシュート降下。そのまま出発点に戻ってくるという高性能だ。
 搭載したAI(人工知能)によって自動ナビゲーションができ、時速130キロのスピードで飛行する。
 このドローンが、アフリカの医療機関で、何台も何台も配備されようとしている。
 こうしたドローンの進化、ほんとうは恐るべきことではないか? AIで自動ナビされ、高圧電線の少し上を時速130キロで飛行。目的地に到着寸前にポップアップし、標的へ突っ込み、搭載したプラスティック爆弾を炸裂させる。
 標的は数万人がひしめくサッカー場、大リーグの球場、野外コンサート会場、国家的イベントや各種行事、ハローウィーンの雑踏だって考えられる。
 そして、この自爆ドローンを防ぐのは、自動ナビ飛行であることと、130キロの高速であるため、不可能。標的の6キロ先から放てば5分で着弾してしまう。目視できたとしても、対抗するのは無理だ。


★奥様は 霊のチカラで 筆を取り
      ※奥様=塩谷信男夫人
 聖魂ありと 塩谷氏に告ぐ

★霊能の 光頭上 奥様は

 神懸かりして 自動書記す

★塩谷氏は サニワとなりて 是非調べ

 大動乱の 来たるを予言

★霊のチカラ 手に入り使う 鉢植えに

 草花元気 楽しく揺れる
 

/187