[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


今日の週刊新潮

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月22日(木)06時30分38秒
  重大なテーマですね。

<屈指の専門家3人が分析
「眞子さま」“洗脳”の「小室圭さん」を精神鑑定>
 

霊界からの手紙 (38)

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月22日(木)05時05分20秒
  霊界からの手紙 (38)


「生きている死者からの手紙」(1914年の出版、ノンフィクション)
        エルザ・バーカーによる記録
        金澤竹哲・訳



手紙27 魔法のリング(前半)

 君の世界と私たちの世界の違いを、私の話だけで理解するのは難しいだろうね。素材の違いから言えば、私たちの体を作る素材や周囲にある自然な物体も、君たちとは違っている。

 こちらの世界のものを「自然な物体」と表現すると驚くだろうか? 私たちが自然とは無縁だと想像しているかもしれないね、そうではないかな? 誰一人として自然と無縁ではいられない――神ですらそうだ。自然は存在する。

 想像して見るといい、60年や70年も地上の重い肉体で過ごし、肥りがちで、関節が硬くなってリウマチになったり、時には体がストライキを起こし、ベッドの上で、たいていは不器用な修理を受けねばならないことを。その上で、この重い肉体を軽くてしなやかな形と取り替えることを想像してみるといい。想像できるかね? 正直に告白すると、私は1年前、2年前ですら、想像できなかった。

 太陽の粗い光が差さない時は、自分の場所を照らすに十分なほど発光するこの形をまとい、あちこちへと、人から人へと、アイデアからアイデアへと移動することを想像してみるといい。時間が経つにつれて、食事の欲求すら薄れてゆく。私たちはもはや、飢えや乾きに悩むことはない。だが、私の場合は、まだ少量の食事を摂っているが、以前好んでいたビーフステーキと比べれば、取るに足らない量でしかない。

 それに、私たちは地上の、些細な責務の数々にも悩まされない。ここでは、私たちは気分に頼っている。面会の約束はまずしない――何日の何時に会おうとかいう約束だ。一般に、例外はあるものの、欲求は両者から生じる。私が、ある友人と会って交流したいと願えば、同時に、相手もそうしたいと願っており、私たちは自然に出会うことになる。ここの友情はとても美しい。それでも、孤独はたいそう魅力的だ。

 最初の2、3か月以来、私は孤独ではなかった。当初は、水から出た魚のように感じていた。普通は誰もがそうだが、例外もあって、非常にスピリチュアルな人々は地上との絆はなく、野心も持たない。私は「死ぬ」という考えに必死で抵抗したので、この新しい状態は最初、失敗だと思えた。そして地上の、嵐とストレスに満ちた生活のなかでも、もっと有意義に時間を過ごせたのに、それを浪費したという印象を抱いてさまよった。



 

小室母の犯罪、秋篠宮は知ってたでしょ

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月21日(水)19時13分51秒
  小室佳代さんが送っていた遺族年金“詐取計画”メール 口止めも…
「週刊文春」編集部3時間前

https://bunshun.jp/articles/-/44931

 秋篠宮家の長女・眞子さま(29)との結婚問題の行方が注目される小室圭さん(29)。小室さんが、母・佳代さんと元婚約者・X氏の金銭トラブルについて説明した文書(4月8日公表、計28頁)が波紋を広げ続けている。

 今回、「週刊文春」がX氏と佳代さんの金銭を巡るやり取りを精査したところ、佳代さんがX氏と事実婚をした上で、亡夫の遺族年金を受け続けようと計画していたことがわかった。佳代さんがX氏に送ったメールに、綿密な計画が記載されていた。この計画は、遺族年金の詐取に当たる疑いがある。

 佳代さんは婚約直後の2010年9月5日にこんなメールをX氏に送っていた。

先ずは以上を実践する=事実婚をします。そして4年後パピーの年金取得時に改めて入籍する

 このメールからは、佳代さんがX氏と生計を一にしながら、同時に、亡夫の遺族年金ももらい続け、圭さんを含めた3人で生活していくことを計画していたことが分かる。

 だがこれには問題がある。遺族年金の制度について、税理士の栁沼隆氏が解説する。

「遺族年金は、一時期でも再婚したり、入籍せずとも事実婚の関係になると、その時点で受給資格が失われます。内縁関係にある人物が、それを隠して受給を続けていたならば、遺族年金の“詐取”にあたります」

 また、計画が実現した際の違法性について、佳代さんも十分に認識していた疑いがあることが下記のメールからは読み取れる。

 

アストラゼネカワクチン、副作用

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月21日(水)19時10分9秒
  ワクチン接種後に四肢まひ 40代准看護師への支援検討指示=文大統領

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/04/21/2021042180196.html


ワクチン接種後に四肢まひ 40代准看護師への支援検討指示=文大統領
【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた後に四肢まひなどの症状が出た40代の女性准看護師に対する支援策を検討するよう関連当局に指示した。青瓦台(大統領府)の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官が伝えた。

 文大統領は「医学的な因果関係の解明には時間がかかるだろうが、それとは別に治療費支援など政府の支援制度にのっとった措置が迅速に取られるよう、注意を払ってほしい」と関連当局に求めた。また、この女性は健康に問題はなかったようだとし、「原因解明に最善を尽くしてほしい」と重ねて促した。

 この女性は先月12日にワクチン接種を受けた。直後から1週間にわたり頭痛に悩まされ、同月24日、両目でものが二重に見える両眼複視の症状が現れた。31日の入院後には四肢まひの症状も出た。免疫反応の異常により起こると考えられる急性散在性脳脊髄炎と診断され、治療を受けている。
 

秋篠宮のぶらいのちの本質

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月21日(水)12時51分23秒
  https://www.youtube.com/watch?v=oqxLtrLDBUk
【KK問題】A○宮家、結婚の頃 KK問題をさかのぼって見る 政治評論家 加藤清隆さん対談ランチライブ【本日昼12時から配信】
7,068 人が視聴中?45 分前にライブ配信開始
古是三春_篠原常一郎
チャンネル登録者数 20.9万人
 

中国製ワクチンの恐怖

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月21日(水)07時15分41秒
  東京五輪へ、中共がワクチンを供給すると申し出て、バッハ会長が喜んでというニュースがありましたね。

中共ワクチン、真実がボロボロでてきています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
28歳中国軍人、中国製ワクチン接種後死亡 当局は遺族のSNS投稿削除
2021年4月18日 18時01分

https://www.epochtimes.jp/p/2021/04/71756.html

中国深圳市でこのほど、28歳の男性軍人が中国医薬集団(シノファーム)製造の中共ウイルス(新型コロナウイルス)ワクチンの接種後、死亡した。男性の姉がSNSの微博に投稿し、当局に説明を求めたが、投稿はネット規制当局によって削除された。

微博アカウント「山下花野子」は15日の投稿で、持病のない弟が1月11日と2月8日、所属部隊の指示に従い、2回の接種を受けたと説明した。その後、弟は疲労感を訴え、皮下出血、歯茎の出血などの症状が現れ、3月24日に脳出血で入院し、4月15日に死亡したという。

「山下花野子」の投稿によると、脳出血は重度の再生不良性貧血によって引き起こされた。「ワクチン接種後、なぜ再生不良性貧血を発症したのか、説明していただきたい」と当局に求めた。
(以下略)
 

霊界からの手紙 (37)

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月21日(水)05時09分45秒
  霊界からの手紙 (37)



「生きている死者からの手紙」(1914年の出版、ノンフィクション)
        エルザ・バーカーによる記録
        金澤竹哲・訳

手紙26 砂に描いた円(後半)

 ここでは、望めば、何時間でも雲の色が変化してゆくのを眺めることができる。あるいは、もっと良いことだが、寝転んで記憶をたどることができる。記憶をさかのぼるのは素晴らしいことで、心を昔へ昔へと、前世からその前の前世へと何世紀もさかのぼらせ、自分を見つけると――なんと亀になっている! 未来へも行くことができる、前へ前へと、来世から来世へと何世紀も、光年を重ねてゆくと大天使になっている。過去を振り返ることは記憶で、未来を見ることは創造だ。もちろん、私たちは自分の未来を創造できる。他の誰ができるのかね? 私たちは他者から影響を受け、動かされ、方向を変えられたり、助けられたり、邪魔されたりする。だが、鎖を作るのはいつでも私たち自身だ。私たちは結び目をゆわえるが、しばしば、たいへんな苦労と当惑しながら、それをほどかされる。
 私は過去生をいくつもさかのぼるうちに、最後の転生の意味と原因を理解した。それは、ある意味で、もっとも不満の残る人生だった――ひとつの例外を除いてだが。だがいま、私は当時の目的がわかり、ここにいたときに準備していたこともわかった。私は、特定の友人たちと会うために、地上へ戻るタイミングさえ計算していた。
 しかし私はいまコーナーを曲がり、上昇するための行進を始めたところだ。急いではいないが、次の転生のための方針は定めている。君に祝福あれ! 私は、ここにいて存在しつつ味わう自由と楽しみを満喫するまでは戻らない。
 そしてもっと学ばねばならない。いままでは忘れていて、いま思い出した前世の数々で学んだことを復習したいと考えている。
 君も学校へ通っていた頃は、それまでの週や前の月に学んだことを時々復習していたと思うが、どうやっていたか思い出せるかね? 復習の習慣は、良い原則に基づいている。私はいま、復習しているところだ。しばらくしたら、地上へ戻る前に、復習事項を見なおして、意志の力によって、いちばん持ってゆきたい記憶のいくつかを刻みつけておきたい。いま目の前で繰り広げられている、記憶の数々から蘇った、壮大なパノラマのような体験すべてを持ってゆくことは事実上不可能だ。だが、いくつかの根本的な事柄、哲学的な原理や実例は、忘れるわけにいかない。そして同じく、ある特定の法則の知識や、君がオカルトと呼びそうな特別な修行の習慣も持ってゆきたい。それによって、私が新しい肉体で大人になった時に、いま目の前に繰り広げられている体験のすべての記憶をいつでも望む時に呼び出すことができるだろう。
 いや、私は君自身の前世について語っているわけではない。それは君自身で取り戻さなければならないし、できるだろう。記憶と空想の違いを知っている者なら、誰もができることだ。そうだ、違いは微妙だが、昨日と今日ほどの違いがある。
 君には急いでここに来てほしくはない。できる限り、地上にいてほしい。肉体を持っていても、ここと同様、たくさんのことができるからだ。もちろん、もっとエネルギーを使わなければならないが、そのためのエネルギーではないかな――使うための。貯めている時ですら、未来のためなのだ。このことを覚えておきなさい。
 私がたっぷり休息し、夢を見て、楽しんでいるのは、エネルギーをたくさん貯めて地上へ力強く戻るためだ。
 私の忠告を聞いて少し怠惰になり、自分自身の魂と親しむと良い。意識して自己のたましいを探求する者には、さまざまな驚きがもたらされる。魂は、ウィルオウィスプ(訳者注、鬼火=will o whisp)などではない。それは物質主義と忘却という岩礁を避けて航行するための灯台の光なのだ。
 私はギリシャの転生へ戻ってたいそう楽しんだ。彼らの集中力――当時のギリシャ人ときたら! 彼らの知識は膨大だった。たとえば、レーテーの河(訳者注、忘却の河)の話は――凄い概念だが――ここから素晴らしい記憶力によって持ち帰ったものだ。
 人が記憶を思い出す努力さえすれば、前世でどうであったかを時間をかけて考えさえすれば、どんな人間になれるか、大いなる希望が持てるのだ! 人間は神にさえなれる――それはつまり、普通の人間と比べてであり、神のごとき壮大さ、偉大さを持てるのではないかね? 「汝は神々なり」という言葉は、単なる比喩ではない。
 私はガラリアから来た大師と会って(訳者注、キリストのこと)、彼と霊的に交流した。彼は人間であり――そして神だった! 世界は「彼」を必要としている。


 

わかりやすい麻薬の解説

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月20日(火)06時50分13秒
  アメリカでは、大麻を解禁する州が増えています。

それどころか、ハードドラッグの覚せい剤、コカイン、ヘロインすら合法化する州が出てきました。

その恐ろしさは、子どもたちに教えましょう。

わかりやすい動画があります。

ときどき、親子で見ましょう。


https://www.youtube.com/watch?v=b7iSaQ2_QYU
【科学】フェン〇ニルを使うとどうなる?【依存】
103,068 回視聴?2021/04/07
からわかラボ
チャンネル登録者数 15.7万人

 

小室圭が皇室内部の声を録音か?

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月20日(火)05時57分44秒
  動画の後半は必見。

https://www.youtube.com/watch?v=9ri2NLvSZdE
#2021?/04/19 A議員や日朝国交回復議連が画策 「特定失踪者切り捨て」での「拉致解決」 KK母子「隠し録音癖」懸念
22,547 回視聴?2021/04/20
古是三春_篠原常一郎
チャンネル登録者数 20.8万人
 

霊界からの手紙 (36)

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月20日(火)05時01分29秒
  霊界からの手紙 (36)


「生きている死者からの手紙」(1914年の出版、ノンフィクション)
        エルザ・バーカーによる記録
        金澤竹哲・訳

手紙26 砂に描いた円(前半)

 私はこの世界で空想を楽しみ始めたところだ。私はいつも空想しがちな性格だったが、こちらに来てやっと時間ができた。地上では常になすべき事柄があり、責務も多く、多くの人が私に頼っていた。ここでは自由だ。
 自由の意味は、君が最後にここにいた時のことを思い出さなければわからない。君はまだ思い出していないだろうね。
 「空想」と言ったのは、存在することの魅力という意味で、灰色の人生をバラ色に変える魔法の杖のひとふりということだ。
 夢を見る余裕を持つことが素晴らしいのは、ここでは現実は夢によって本物になるからだ。すべては本物そっくりであり、想像力が効果をもたらし、ものごとを結びつける力は強大だ――だからほとんど何でも可能なのだ。
 ここで夢を見る者は怠惰ではない。私たちの見る夢は一種の建築のようなものだ。仮にそうでないとしても、私たちには好きなことをする権利がある。私たちは(地上で)働いたからこそ休暇を楽しんでいる。仕事の時はまた来るだろう。濃密な素材の服に着替え、重荷を背負わなければならない。
 そうなのだ、地上で、重い一歩を前の歩みに重ね、100ポンドか200ポンドの肉体を1マイル運ぶためのエネルギーは、ここの世界を一周をするよりも大きい。これで、私たちが楽しみと夢で建設するための余剰エネルギーのあることが想像できると思う。
 たぶん、地上の君たちは働き過ぎだ――必要以上に。君たちの周囲にある不必要なモノ、自分たちで作り出している不自然な欲求、そしてそれらを供給するための骨の折れる生活などは、私たちには愚かで、むしろ哀れに見える。君たちの政治経済は子供の遊びであり、政府は不必要ことを行なう壊れた機械であり、君たちの仕事のほとんどが無益であり、君たちの生活もまた不毛なのだ。そして君たちがそんなに苦しむのは、いやいやながらではあるが、欲求の大半が意味のないものだと学ぶためだ。
 私も若い頃に、砂の上に小さな円を描くために額に汗し、苦闘したものだ! そしていまは、もっと考える時間を持ち、私のいくつかの前世で得た何らかのものを取り戻せば、いまでも砂に円を描かなければならないと感じてはいるが、もっと容易に、半分の時間でできると思うのだ。


 

ワクチンは安全か?議論の土台がない

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月19日(月)07時59分29秒
  ワクチンを打つ前に知るべきことです。

https://www.youtube.com/watch?v=pUOyO9Gi_zg
【武田邦彦】削除覚悟で禁断情報を暴露します! それでもあなたは“あのワクチン”を打ちますか?
78,483 回視聴?2021/04/18
武田邦彦のタカクラブ
新薬認可条件無視のワクチン
1)動物実験なし
2)長期毒性
3)孫の代まで遺伝子の影響はないか

緊急事態宣言は定義もなしに行われている。
 

信頼できるジャーナリストの、本当の話です

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月19日(月)06時03分23秒
  https://www.youtube.com/watch?v=kMas_MQ5XjY
小○圭母子と秋○○問題 由々しき事態  ライブ配信
48,026 回視聴?7 時間前にライブ配信
古是三春_篠原常一郎
チャンネル登録者数 20.8万人
 

霊界からの手紙 (35)

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月19日(月)05時08分57秒
  霊界からの手紙 (35)


「生きている死者からの手紙」(1914年の出版、ノンフィクション)
        エルザ・バーカーによる記録
        金澤竹哲・訳


手紙25 影のない世界(後半)

 ライオネル少年のことは長い間話さなかった。彼はいま、自分を再び産んでくれるエンジニア一家を選ぶアイデアに夢中になっている。彼の考えはいつもそこに戻ってゆく。
「どうしてそんなに急いで私のもとから離れてゆくのだ?」。彼がこの話題を持ちだした時に聞いてみた。
「でも、ぼくはあなたから離れるつもりはありません」と彼は答えた。「夢のなかであなたを訪ねます」
「すぐにではないね」と私は言った。「君は囚人のように、目が見えず耳も聴こえない状態で長く過ごすから、私が地上へ戻った後でなければここを訪問することはできないかもしれないね」
「それじゃ、ぼくと一緒に行こうよ」。彼が尋ねたのは、「ねぇ、お父さん、ぼくたち双子で生まれてはいけないの?」
 このアイデアは突拍子もないので、私は大笑いした。だが、ライオネルは本気だった。
「双子っていますよ」と真顔で言うのだ。「ぼくはボストンにいた頃、双子の兄弟を知っていました」
 私が地上へ帰還する時、誰かと双子になろうとは思わない。だからライオネルには、私と一緒にいたいのなら、しばらくいまいる場所にいてほしいと言った。
「でも、どうして一緒に行けないの?」。彼はまだこだわっていた。「せめて従兄弟や近所の人はどう?」
「そうだな、たぶん」と私は言った。「お前が必要以上に急いですべてを台無しにしなければだ」
 この少年には不思議なところがある。この世界では、希薄な素材を使えば無限の可能性があり、発明したり実験もできる。それでも彼は、鉄鋼に自分の手を触れたいのだ。なんと奇妙な!
 ある夜、少年を連れて君を訪ねよう。それで君も彼を見ることができる――君が熟睡する前という意味だが。われわれは本物のビジョンとして見えるだろう。睡眠中のビジョンは、目覚める時に通過する物質の振動によって混乱してしまう。少年のことを忘れてはいけない。私は彼に、ここに来て君の手を通して書く方法を明かした。彼は興味津々だ。
「ぼくもこの方法で電報を打っちゃいけない?」と聞いた。私は、それはいい考えではないと答えた。彼は、代金を払って送られる地上の電報のいくつかを邪魔しかねない。
 時には、彼を伴いパターンの世界へ上昇する。彼はそこに自分の小さな模型を持っていて、私が他の事柄を調べている間、それで遊んでいる。それは車輪の模型で、彼は指先から電気を出して回転させている。そうだ、鉄でできた模型ではない――君の知っている鉄ではない。君が鉄を呼ぶものは重すぎる! この世界に裂け目すら作らず、地上へ落下してしまうだろう。
 理解してほしいのは、ふたつの世界は違うバイブレーションの物質でできていて、かつ、違う磁力でチャージされていることだ。ふたつの物体が同じ空間を占めることはできないと言われるが、この法則はふたつの物体には当てはまらない――ひとつが君の世界に所属し、もうひとつが私の世界に属する場合だ。水は熱湯になっても濡らすことができるように、1フィート四方の空間は、1フィート四方の地上の物質と1フィート四方のエーテル素材の物質を収容することができる。
 これは要点をはぐらかすような話ではない。君たちは、私たちがここで使っている物質を表現する言葉を持たない。それは君たちが何一つ知らないからだ。ライオネルと彼の電動車輪がもしも、君の暖炉の前の絨毯に置かれたとしても、君には見えない。燃える薪の魔法の力を借りても見えないだろうね。少なくとも昼間は絶対に見えない。
 ある夜――このことは別の機会にしよう。いまは行かなくてはならない。

 

2000年の「権威」、天皇家に存亡の危機

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月18日(日)06時36分57秒
  【2000年の「権威」、天皇家に存亡の危機】


 世界に誇れる日本の権威といえば「天皇」。それがどれほどのものか、100年前に書かれたノンフィクションにも出てくる。
<「生きている死者からの手紙」(1914年の出版、ノンフィクション)
        エルザ・バーカーによる記録
        金澤竹哲・訳
手紙24 禁じられた知識 (訳者注:乃木希典将軍の殉死を目撃)
 このところ、私は多忙だった。私が先日、どこへ行ったか想像できないだろうね――日本の天皇の大喪儀を見に行ったのだ。そんなに短い間にパリから日本に行き、また戻ってくるなんて、君にはできないだろうね? だが、私にはできた。
(訳者注、明治天皇の崩御は1912年7月30日。大喪儀が執り行われたのは同年9月13日)
 出かける1時間前には、日本の天皇が崩御したことすら知らなかった。師が私を探して、一緒に行こうと誘ってくれたのだ。彼は、日本で起こる何かを見るべきだと言った。
 彼の予言は正しかった。私は、魂が、偉大な霊が自殺によって旅立つのを見た。悲しく、恐ろしかった
 だが、私が書いているうちに師が横に来た。そしてこの問題は、これ以上書かないようにと助言した。
(訳者注、乃木希典将軍が自刃したのは同日の夜8時)
 ここでは恐ろしいことを、美しいことと同様に眺める。私が自殺について言えることは、もしも彼が、自らの手で死んだ者を何が待ち受けているかを知っていれば、どんな不幸な状態であろうとも思いとどまるだろうということだ。申し訳ないが、これ以上話すことはできない。君が関心を持つからだ。理論を何度繰り返したとしても、目撃証言には及ばない。
 師が現れて助言してくれたので、書く意欲がなくなった。後でもう一度挑戦したい>
 明治天皇に象徴される、世界に誇れる「日本の権威」が危機に直面している。
 小室圭を名乗る汚れた魂が天皇家に取り憑いているからだ。
 もしも女性宮家が認められれば、眞子内親王の婿は殿下となる。子供が生まれれば天皇になる可能性が出てくる。汚れた血が天皇になる恐れが出てくるのだ。
 小室圭母子のさまざまな行状が報じられてきた。父親は自殺。命日に墓参りにすらゆかない。父親の父親である祖父も自殺。その女房である祖母も自殺。
 尋常ならざる自殺の原因ではないかと疑われているのが小室圭の母親。
 そして小室圭は母親の血を受け継ぎ、名門に取り入るためにはどんな手段でも使う。
 元婚約者との会話を極秘録音したごとく、眞子内親王との会話、秋篠宮夫妻との会話は当然、極秘録音しているはず。
 それどころか、眞子内親王との親密な関係を動画で撮影していたかもしれない。LINEを使っていれば、チャイナにハッキングされた恐れすらある。
 小室圭の周辺には疑惑の関係者がひしめいている。恐れを知らないジャーナリスト、篠原常一郎氏が主要メディアが絶対に報じられない事実を動画で公開している
 天皇家の危機は本物ゆえ、日本人必見の動画だ。
https://www.youtube.com/watch?v=MfGVJlzgRac
(2021/4/13 オレの話し。小室圭さん 解決金へ転換、なぜ? 親族3人連続自さtuデヴィ夫人の思惑)
 デヴィ夫人は北朝鮮礼賛・協力者。証拠はたくさんある。なぜ小室圭を応援するのか? 小室圭の周辺の怪しさは徹底的に調査すべきだ。
 

霊界からの手紙 (34)

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月17日(土)07時24分35秒
  霊界からの手紙 (34)


「生きている死者からの手紙」(1914年の出版、ノンフィクション)
        エルザ・バーカーによる記録
        金澤竹哲・訳


手紙25 影のない世界(前半)

 ここに来てしばらくして、この世界でもっとも風変わりな光景を見た。
 ある夜、ゆったりと歩いていた時、人々の集団が近づいてきた。大勢の人だったので、彼らのいる場所は強く光っていた。この光を見ているうちに、ヘルメス文書のことわざが頭に浮かんだ。「光がもっとも強いところにでは、影もいちばん濃い」。だが、彼ら、男や女を見ると、まったく影を投射していなかった。
 いちばん近くの男に挨拶した――この時、私はここに来たばかりで、いまよりも物知らずだったことは知っているね――そして、煌々と照らされた世界なのに影ができないという奇妙な現象について尋ねた。彼は私の問いに微笑んで、こう言った。
「あなたはここに来て間もないですね。そうでしょう?」
「はい」
「それでは、私たちがこの世界を自分たちで照らしていることを知りませんね。私たちの体を作っている物質は光を放っているのです。そこからあらゆる方向へ光が出ているのですから、どうして影ができますか?」
「太陽の下でもですか?」と私は聞いた。
「ああ」と彼は答えた。「太陽のもとでは、私たちの体はまったく見えないことを知っていますね。太陽光は粗くて強烈ですから、霊の光を消してしまうのです」

 いまこの時、君のそばの暖炉で燃える木の温かさを私が感じていると言ったら、おかしいだろうか? 燃える木には魔法の力がある。燃焼する石炭は、これとは違う効果をサイキックな雰囲気に醸し出す。ビジョンを見たことがなく、繊細な感情にも鈍く、見えない世界からの予兆も感じない人は、燃え上がる焚き木の前で毎日1ないし2時間瞑想してみるといい。すると、彼の両眼やほかの希薄な感覚が目覚め、それまで夢見たことのないものが見えるだろう。
 火を持つ神を崇拝する東洋人たちは、賢く、数々のビジョンを得ている。燃えるろうそくの光にも、焚き木とは違うものの、同じような魔法の力がある。時々、夜は1本のキャンドルだけ灯して、瞑想しなさい。そして「虚空」からどんなビジョンが出現するか見てみるといい。

 

天皇の危機

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月16日(金)13時43分35秒
  今日のバイキングでも小室圭親子のインチキが暴かれました。

が、本質は違います。

信頼できるジャーナリストの、地上波では絶対に聞けない真実を聴きましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

https://www.youtube.com/watch?v=J95nmXVBhEY
小室圭の父親、祖父、祖母の3人が自殺
#2021?/4/15/ 小室圭とデヴィ夫人 疑惑の繋がり NK国
61,869 回視聴?2021/04/15
古是三春_篠原常一郎
チャンネル登録者数 20.7万人
デビィ夫人は北朝鮮礼賛・協力者
 

原発汚染水本当の話

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月16日(金)09時18分37秒
  ほんとうの話を聴きましょう。

原発汚染水、新型コロナの真実。

武田邦彦先生です。

https://www.youtube.com/watch?v=nVUdg52cJwQ
【DHC】2021/4/16(金) 武田邦彦×須田慎一郎×居島一平【虎ノ門ニュース】
16,442 人が視聴中?7 分前にライブ配信開始
DHCテレビ
チャンネル登録者数 83.3万人
 

霊界からの手紙 (33) (乃木希典将軍の殉死を目撃)

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月16日(金)05時09分53秒
  霊界からの手紙 (33)


「生きている死者からの手紙」(1914年の出版、ノンフィクション)
        エルザ・バーカーによる記録
        金澤竹哲・訳


手紙24 禁じられた知識(後半) (乃木希典将軍の殉死を目撃)

                                         その後。
 君が強く望んでいたことを実現できた――偶然溺れてこちらに来た例の少年を見つけたのだ。
 君が彼の写真を見ていた時に、私も君の目を通して見ていたので、顔を記憶していた。彼は当惑してさすらっていた。君のことを話し、支援してほしいと頼まれたと話すと、驚いていた。
 彼にはほんの少し助言できた――というのは、友人がいたからだ――年老いた男で、私よりも近い存在だった。少年は少しずつ、新しい環境に順応してゆくだろう。
 君は彼に話しかけないほうがいい。彼は別の道を歩んでいて、世話をする人がいる。友人たちがいるのだ。私のしたわずかな助言は情報の類だった。彼は思い込みから目覚める必要があり、私の助言は2、3の心地よくて教育的な時間の過ごし方だった。
「時間の過ごし方」という言い方が不思議だろうか? もちろんここにも時間はある。連続のあるところには、時間もある。すべてが、つまり過去や現在、そして――未来と言おうか、それらが同時に存在する「時」が来るかもしれない。しかし、過去や現在、そして未来は、多少なりとも別個のものだから、時間もそうだ。時間は連続そのものだ。それ以外の何かだと思ったかね?
 内的には、つまり、自己の深淵では、すべてのものが統合されて存在するように思える沈黙の場所がある。しかし、そこにいる魂ですら、事象を別々に観察しようとすると、連続が始まるのだ。
「すべて」と融合することは別の問題だ。それは、時間のない状態のようだ。だが、人が何かと融合しようと考えたり、何かを意識した瞬間、時間が現れるのだ。
(訳者注、ハッチ判事が禁じられた知識として伝えてきた内容は、「ラマナ・マハルシの教え」の内容と一致しています。関心のある方は、ラマナ・マハルシについて文献を調べてください)



 

秋篠宮の・・・

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月15日(木)21時57分19秒
  「週刊文春」が報じたネタは「週刊現代」がすでに報じていました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/78169?page=7


小室圭さん母と元婚約者「400万円の交渉テープ」を公開する
独占スクープ第2弾

週刊現代

そして、冒頭のやり取りが始まる。A氏が「返す意図はないと」と言うと、圭さんがこう切り返す。

〈圭「あの、すみません。『返す』というか、元々『贈与』を受けているというふうに認識しておりますので」〉

佳代さんも「婚約中のことなので」と続く。しかし、A氏も反論する。

〈A「たとえば僕が最初から『もうこのおカネは全部使っていいですよ』と。入学金の一部から全部含めてですよ。最初から『差し上げます』と。(注:そういったことを)言った覚えは僕は一言もない。婚約している間だから、僕から動いたおカネは贈与っていうのは成り立たないと思うんです」〉

佳代さんは婚約がスタートした頃から、様々な形で金銭を要求してきた。

〈お給料日前の為又々パピー(注:A氏のこと)に助けて頂く事になるかもしれません〉('11年3月15日に佳代さんがA氏に送ったメール)

「助けて頂く」「ヘルプ」など、佳代さんの言い方は様々だが、時にはハッキリと「借りる」という言葉を使うこともあった。

〈申し訳ありませんが当分の生活費をお借りしても良いでしょうか〉('11年3月16日のメール)

「圭は大丈夫だけど」
A氏は前述の発言のなかで「入学金」と話しているが、ここにも小室家側の矛盾が生じている。

12月1日発売の女性週刊誌「女性自身」で、小室家の代理人弁護士が取材に応じ、こんな趣旨の発言をしている。

「ICUの入学金や授業料は、圭さんがアルバイトで貯めた貯金や奨学金などで賄った」。

つまり400万円は圭さんの学費には充てられておらず、この金銭トラブルで圭さんがバッシングを受けるのは筋違いだと報じたのである。しかし、A氏はこれに真っ向から反論する。



「圭くんは大学受験の際、国際基督教大学(ICU)と明治大学に合格していました。明治のほうが授業料などは安かったのですが、どうしてもICUに進学したかったようです。

それで佳代さんから、入学金などの学費がどうしても払えず、『助けてもらえませんか』と言われ、おカネを渡したのです。なぜいまさらこのような話が出てくるのでしょうか」(A氏)

佳代さんはA氏にこんなメールも送っている。

〈ICUの授業料の金額について記します。(中略)金額¥45万3000円(学期毎)口座番号等は明日伺った際に〉('10年10月14日)

'10年11月1日、A氏は佳代さんに依頼され、彼女の口座に授業料として45万3000円を振り込んでいる。同日、佳代さんからA氏に届いたメールには、こう記されている。

〈授業料お世話様です。明日確認させて頂きます〉

佳代さん自身も、この金銭が「授業料」であることをハッキリ認めているのだ。


発売中の『週刊現代』ではこのほかにも、小室家とA氏との「交渉テープ」について詳しく紹介する。さらに、いまだに何も連絡のない圭さんについて、A氏が胸の内を語る。

『週刊現代』2020年12月12・19日合併号よ

 

霊界からの手紙 (32) (乃木希典将軍の殉死を目撃)

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月15日(木)05時12分33秒
  霊界からの手紙 (32)



「生きている死者からの手紙」(1914年の出版、ノンフィクション)
        エルザ・バーカーによる記録
        金澤竹哲・訳


手紙24 禁じられた知識(前半) (乃木希典将軍の殉死を目撃)

 このところ、私は多忙だった。私が先日、どこへ行ったか想像できないだろうね――日本の天皇の大喪儀を見に行ったのだ。そんなに短い間にパリから日本に行き、また戻ってくるなんて、君にはできないだろうね? だが、私にはできた。
(訳者注、明治天皇の崩御は1912年7月30日。大喪儀が執り行われたのは同年9月13日)
 出かける1時間前には、日本の天皇が崩御したことすら知らなかった。師が私を探して、一緒に行こうと誘ってくれたのだ。彼は、日本で起こる何かを見るべきだと言った。
 彼の予言は正しかった。私は、魂が、偉大な霊が自殺によって旅立つのを見た。悲しく、恐ろしいことだった。
 だが、私が書いているうちに師が横に来た。そしてこの問題については、これ以上書かないようにと助言した。
(訳者注、乃木希典という偉大な人物が自刃したのは同日の夜8時でした)
 ここでは恐ろしいことを、美しいことと同様に眺める。私が自殺について言えることは、もしも彼が、自らの手で死んだ者を何が待ち受けているかを知っていれば、どんな不幸な状態であろうとも思いとどまるだろうということだ。申し訳ないが、これ以上話すことはできない。君が関心を持つからだ。理論を何度繰り返したとしても、目撃証言には及ばない。
 師が現れて助言してくれたので、書く意欲がなくなった。後でもう一度挑戦したい。
 

天皇の危機

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月14日(水)06時45分54秒
  「令和は天変地異の時代」、日本のルーツ中のルーツが壊されようとしています。

小室圭の父親は自殺、その他の自殺も家族に起きています。

自殺は汚れ中の汚れ。

そんなDNAが眞子内親王に注がれようとしています。

女性宮家が認められれば、小室圭は殿下と呼ばれるようになり、男の子が生まれれば天皇になる可能性があります。

恐るべきことが起きつつあります。

篠原常一郎の動画を見ましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=MfGVJlzgRac
2021/4/13 オレの話し。小室圭さん 解決金へ転換、なぜ? 親族3人連続自さtuデヴィ夫人の思惑
26,561 回視聴?2021/04/13
古是三春_篠原常一郎
チャンネル登録者数 20.6万人
 

中共は嘘つき

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月14日(水)05時36分12秒
  大紀元の報道です。

アラスカで、米国務長官と大げんかを演じてみせた中共の外交トップ。

実態はこんなものです。

https://www.epochtimes.jp/p/2021/04/71450.html

中国外交トップ楊潔篪氏も「裸官」か 妻娘が10年以上滞米 脱税疑惑も
2021年04月13日 20時43分


ワシントンで米中ビジネス協議会と米中関係全国委員会が設けた夕食会で演説する中国の楊潔篪(よう・けつち)国務委員=2013年7月11日(Mandel Ngan/AFP via Getty Images)
ワシントンで米中ビジネス協議会と米中関係全国委員会が設けた夕食会で演説する中国の楊潔篪(よう・けつち)国務委員=2013年7月11日(Mandel Ngan/AFP via Getty Images)
先月、アラスカで行われた米中外交トップ会談の冒頭で、中国の外交担当トップ、楊潔篪(ヤン・ジエチー)共産党政治局員は、「アメリカには上から目線で中国にものを言う資格はない」「中国はその手(アメリカのやり方)は食わない」などとまくし立て、16分間にわたって過激な言葉で米国を批判した。その好戦的な姿勢は世界に衝撃を与えた。

しかし会談を終え、楊氏はその足で米国滞在中の娘を訪ねていたと暴露された。同氏は妻子を米国に住まわせる「裸官」のようだ。

あるツイッターユーザーがネット上で「楊氏の戦狼ぶりは、国内向けのショーだった。会議の後、楊氏はイェール大学に留学中の娘を訪ねていた」などと投稿した。

このツイートには、楊氏の妻と娘の住所の詳細も書かれている。ワシントンD.C.にある1200万ドル(約13億円)の豪邸と、マンハッタンにある210万ドル(約2.3億円)のリバービューマンション。

4月7日付のセルフメディア「ジェニファーの世界(Jennifer’s World)」の独占報道によると、同メディアを主宰する曾錚(ジェニファー・ゼン)氏はこのツイートの情報を元に、米プロ調査員であるブライアン・オシェア(Brian O’ Shea)氏に調査を依頼した。2つの邸宅が、10年以上米国に住んでいる楊潔篪氏の妻と娘の米国での住所であることを確認したという。

曾氏は記事の中で、中国の外交担当トップである楊潔篪氏が、10年前に妻と娘を米国に移住させ、共産党の政治舞台で一人「反米愛国」を叫んでいる典型的な「裸官」であると指摘した。

楊氏の妻に脱税疑惑


楊氏の妻である楽愛妹(ルー・アイメイ)氏は、中国の在外公館に派遣される職員の思想や汚職を監督する、中国外務省の機関党委員会(部党委国外工作局ともいう)で参事官を務めている。楽愛妹氏が2001年から住んでいるワシントンD.C.の豪邸は、中国政府の所有物として登録されており、資産価値は813万ドル(約8.9億円)相当。

楽氏は、1998年にメリーランド州で発行された米国の社会保障番号(ソーシャル・セキュリティ・ナンバー、SSN)を持っている。しかし、調査の結果、このSSNはルーベン・ラミレス(Ruben Ramirez)という人物も保有していることが判明した。この人物は、楽氏がSSNを取得した1998年に生まれたという。

匿名の法律専門家によると、2人の人物が同じ社会保障番号を持っている場合、2つの可能性がある。1つはSSNを発行した政府機関がミスを犯した。もう1つは、同じSSNを持つ2人のうちの1人が架空の人物で、この場合は脱税のためだという。

楊氏の娘のNYでの住所:2つの豪邸
楊潔篪氏の娘、楊家楽(Alice Yang、アリス・ヤン)氏は現在、イェール大学に通っている。ニューヨーク州政府の公開資料によると、アリス・ヤン氏は2010年9月以来、イェール大学から130キロ離れたニューヨーク市マンハッタンの2つの住所に居住していた。いずれもニューヨーク中国総領事館から数百メートルしか離れていない一等地にある。

1つは、リバービュー高層マンションの一室で、購入日は2011年9月1日、購入価格は178万ドル(約2億円)。2015年8月から入居しているもう1つの高級タワーマンションは、2014年11月7日に166万ドル(約1.8億円)で購入したもの。2つの邸宅の所有者はそれぞれYan JingboとHe Zheとなっている。共産党高官の個人情報を晒すウェブサイト「孤児展覧館」によると、Yan Jingboはアリス・ヤン氏の夫だという。

2012年7月付の米国の華字ニュースサイト「明鏡新聞網(Mingjing News)」によると、楊氏の娘は2011年、イェール大学に全額支給奨学金で入学した。また、中学・高校もワシントンD.C.にある私立の名門校、シドウェル・フレンズ・スクール(Sidwell Friends School)に全額支給奨学金で通っていた。

在米華僑が運営するニュースサイト「チャイナ・ニュース・センター(China News Center)」は3月19日、楊潔篪氏の娘が米国の名門校に全額支給奨学金で通うことができたのは、米国の名門校が中国共産党幹部との利権取引のために、「紅二代」「紅三代」(高級幹部子弟)の入学基準を下げたことを示唆している。

家族や資産を海外に移す「裸官」
中国共産党には、妻や子供、資産を海外に送り、一人で国内に残って役人を務める「裸官」が多くいる。中国当局は、共産党幹部の財産や裸官に関する内部統計を持っているが、それを内部の権力闘争の駆け引きの材料にしており、国民には開示していない。

2010年の全国人民代表大会(全人代)で、全人代代表で中央党校教授の林喆(リン・ゼー)氏が、1995~2005年までの10年間で、中国に118万人の「裸官」がいたことを漏らした。

中国では裸官は「反米は仕事、妻子をアメリカに行かせるのは生活だ」と揶揄している。

(翻訳編集・王君宜)


 

霊界からの手紙 (31)

 投稿者:ちくてう  投稿日:2021年 4月14日(水)05時12分55秒
  霊界からの手紙 (31)


「生きている死者からの手紙」(1914年の出版、ノンフィクション)
        エルザ・バーカーによる記録
        金澤竹哲・訳



手紙23 被告のための弁論趣意書(後半)
(訳者注、ハッチ判事は自分を被告と見立てて、法律家らしく弁論をおこなっています)


 友人に伝えなさい。私は子供ではないし、無分別な実験をする人間ではないと。地上での前の人生のみならず、多くの前世でも、私は高度な科学の生徒であり、全身全霊で真実の探求に努めてきた。私は決してふざけて誰かを使い、彼や彼女を傷つけたことはないし、真実の友であり生徒である君に対してもそうするつもりはない。
 そして君の人生や研究、仕事を邪魔する気もない。そんなことはナンセンスだ。地上を二本の足で歩いていた時も、私は危険な男だとは決して思われなかった。服を変えて、軽いスーツを着ているからといっても、私の性格はまったく変わっていない。
 私は世の中に言いたいことがあるのだ。当面は、君が唯一の筆記者だ。このことは、私の落ち度でも君の落ち度でもない。問題は、私が手紙を書きたいと望むことや、君がそれを書きたいということではなく、手紙が世の中に役に立つかどうかということだ。私は役に立つと思う。君もそうだろう。B――氏は、手紙は非常に価値があり、ユニークだと考えている。誰かさんと誰かさんは疑い、恐れている。それは私にも君にもどうすることもできないことだ。
 彼らに祝福あれ! 彼らはなぜ、私をドアから締めだすように鍵をかけるのだろう? 彼らの仕事をこちら側からしてあげたりはしない。彼らは仕事にふさわしい能力があるのだし、でなければ職を失うだけだ。私が行なっている仕事はかなり変わったもので、君は親切にも助力することに同意してくれた。
 君が得る報酬は少ないかもしれない。知恵者は頭を振り、自分の方が物知りだと微笑むかもしれないし、科学に詳しいと自負する者は、私は君自身の「潜在意識」だとほのめかすかもしれない。私はそんな仮説には腹が立たないし、君もそうだろう。
 君が心配していないのは当然だ。でなければ私は書くことができない。君の心が風のない湖面のように穏やかでなければ、私はまったく書くことができない。
 彼らに愛していると伝えてほしい。


 

国内でのワクチン接種後死亡例、6人

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月13日(火)05時50分1秒
  マスコミが隠している、ワクチン接種後に死亡した人6例の検索方法です。

「厚労省」 「国内での死亡例」
ダブル検索すると、PDFが出てきます。

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000767202.pdf

<○ 予防接種開始2021年2月17日から前回の審議会までに集計された3月24日までに、副反応疑い報告
において、死亡として報告された事例は2件であった。
○ 今回の審議会(4月4日時点、47日間)までに、死亡として報告された事例は6件
(報告された死因は出血性脳卒中4件、急性心不全1件、溺死1件)であった>

などと、死亡例これからどんどん増えるでしょう。


 

ワクチン接種後6人が死亡

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月13日(火)05時37分25秒
  報道されていない事実があります。

https://www.youtube.com/watch?v=h3KAqnQ1wiE
ワ○チン接種後死が6名に密かに増えている現実... メディアの沈黙が何よりも恐ろしい...
6,929 回視聴?2021/04/12
自然治癒倶楽部
チャンネル登録者数 10.1万人
 

霊界からの手紙 (30)

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月13日(火)05時09分12秒
  霊界からの手紙 (30)


「生きている死者からの手紙」(1914年の出版、ノンフィクション)
        エルザ・バーカーによる記録
        金澤竹哲・訳



手紙23 被告のための弁論趣意書(前半)
(訳者注、ハッチ判事は自分を被告と見立てて、法律家らしく弁論をおこなっています)

 君の手を使っていることで私が君に悪影響を及ぼすのではないかと心配している友人に伝えなさい。この問題は師と私の間で、君の側で何らか状態が生じる前に、徹底的に検討されている。
 いくぶんか不健康な地上の人間が、その肉体を無差別に開き、善意であるか悪意であるかはともかく、さまよう霊の憑依を許すという通常の霊媒のやり方とは、私たちの計画はまるで違うのだ。ここにいる私は、地上では君の友人であり、帰幽し、こちら側の大いなる知識によって君を導くために戻ってきた。
 私は君の神経系に通路を開けたりしない。そうすれば、無責任で悪意のある力が入り込み、憑依してしまう。事実、もしも、善意であれ悪意でれ、霊がそんな試みをしょうとするなら、私と対決しなければならないし、私は弱くない。私は、思い出したことや教わったことから、通常の霊媒と呼ばれる事柄から君を守護するための秘密を知っている。その上で、愛する者が帰幽したばかりなのですとの性急な要請を受けたとしても、絶対に君の体を貸してはいけない。いわゆる見えない世界のさまよう者たちは、君のところへ来て、肉体を入り口とするような権利を持っていない。たとえ彼らが、そうしたいと言っても、それは街角の群衆が好奇心や空腹や寒さを理由に君の家に押し入るのと何ら変わらない。許してはいけない。私には一度、許可された。だが、私は例外であり、誰かの個人的な欲求や好奇心に基づくものではない――君自身もそうだ。もう一度許可されるかどうか、私は疑っている。
 私が君と一緒に書き始めてから、多くのことが変化した。当初、私は君の手と腕を外部から使っていた――時々、君も覚えているとおり、翌日腕が利かなくなるくらいの力だった。それから、次第にこの方法に馴染み、別の方法も試してみた。そして君も書き方の変化に気づいたはずだ。当初はぎこちなく、大きくて不恰好な字だったものが、使っている道具の操作がうまくなるにつれて、徐々にはっきりしてきた。
 さて、過去数回は、また別の3度目の方法を試している。私は君の心に入り、テレパシー的に同調させて、君の心そのものに私が言いたいことを印象づけている。この方法で書くためには、君は完全に受け身となり、すべての個人的な思考を止め、私の思考に全身を委ねなければならない。だが、これは君が毎日、おもしろい本を読んでいるときに行なっていることだ。著者の導くまま、印刷された頁という手段で、君はうっとりし、受け身の状態で、心を著者に委ねている。
 通信を完璧にするこの方法は、私にはとても興味深い。
 

ワクチン強制、中国で副作用続々

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月12日(月)11時25分19秒
  https://www.youtube.com/watch?v=2Y-ujNTDmq8
中国・嫌がる国民に自国製ワクチンを無理やり接種!!/若者の血液を輸血!中共幹部の“若返り法”
358 回視聴?2021/04/12
鳴霞の「月刊中国」YouTube
中国、ワクチンパスポート強制
不妊、精子の減少、ネットで発表すると逮捕
副作用をネットにアップすると逮捕
北京、ワクチン注射後すぐ倒れたが、ネットへのアップ削除
医者、看護師はみな打ちたくない
 

ワクチンパスポート必須?これも必見です

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月12日(月)10時15分24秒
  https://www.youtube.com/watch?v=Zo1y2b-uxI8
2021.04.11【世界:ワクチン】自由の終わりか??世界各地に広がる『ワクチンパスポート』??背後に中国の影????【及川幸久-BREAKING-】
96,227 回視聴?2021/04/11
及川幸久 THE WISDOM CHANNEL
チャンネル登録者数 44.9万人
 

ワクチンの副作用、必見です

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月12日(月)10時02分9秒
  【前進!】新型コロナワクチンの血栓の原因がついに特定 なりやすい人、発見法や治療も
11,867 回視聴?2021/04/10
緩和ケアちゃんねる・かんわいんちょー
チャンネル登録者数 7.06万人
ワクチンの副作用、必見です。
 

中国の不動産バブルを注視せよ

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月12日(月)05時45分57秒
  中国が戦争を仕掛けてきそうです。

国内の不動産バブルの崩壊が、庶民の怒り、中共への不満を爆発させるからです。

その内憂を戦争で解決しようと考えているのが中共。

プーチンと組んで、ロシアはウクライナ侵攻。

中共は台湾侵攻。

バイデンはなにもできないボケ老人と考えています。

非常に危険な状態です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中国の不動産バブルに崩壊の兆し、注視せよ


 中国の不動産バブルが遂に崩壊しそうだ。この巨大な内憂を侵略戦争で乗り越えようと考えているのが習近平。日本人がいま注視すべきは中国庶民の不動産バブルへの不満だろう。
 たとえば、「北京で肛門PCR検査」をいちばん早く報じた「LINJI」さん。毎日、ユーチューブ動画で庶民の声を伝えている。
https://www.youtube.com/watch?v=X7k-K-Lu1u8
(ついに158年、、、)
 深圳の近くの街のふつうのマンションの一部屋は96平米で8000万円する。このマンションの家賃はひと月4.5万円。購入価格を得るには158年かかる。それくらいに不動産が高騰している。
 多くの中国人は計算ができない、金利すら理解できないからだという。
https://www.youtube.com/watch?v=Ten67eKKlLQ
(投資で損してターミネーターな自殺)
 「LINJI」さんは、未婚の男性が2000℃の溶鉱炉に飛び込み自殺したと報告。
 理由は、1日で6万元=約90万円損したためだ。庶民はカネがない。投資で稼ごうとして失敗し、自殺する人たちがかなりいるという。
◎庶民は死ぬことすらできない
 さらに深刻な庶民の事情を伝えているのが、4月7日の「NTDJP」。
https://www.ntdtv.jp/2021/04/49305/
<墓地価額高騰 中国人の苦悩「死ぬこともできない」
 ミャンマーと国境を接する中国雲南省の瑞麗市では、中共ウイルスの感染が拡大しており、数日連続で新規感染者が発生しています。4月2日には新たに12人の感染が確認されました。しかし、一部の地元市民から3月中旬にすでに感染者が発生していたと指摘されており、当局の情報隠蔽を疑っています。瑞麗市では3月30日からロックダウンが実施され、外出が禁止されています。
中国の不動産開発業者 資金調達に困難 未完成物件が急増
 中国の不動産開発業者は深刻な債務問題を抱えており、デフォルト(債務不履行)のリスクが高まっています。資金調達における問題により多くの不動産プロジェクトが中断され、未完成の物件が増加しています。多くの人は物件を購入したものの入居できず、住宅ローンと家賃の2重負担を抱え、一部の購入者は住宅ローンの取り消し手続きを行っています。
広西チワン族自治区監獄管理局局長が失脚
 広西チワン族自治区監獄管理局の局長・李健氏が失脚しました。李氏は法輪功学習者に対する迫害に関与しており、国際NGO団体「法輪功迫害追跡調査国際組織(WTOIFG)」の迫害責任追及対象者リストにリストアップされています。
墓地価額高騰 中国人の苦悩「死ぬこともできない」
 4月4日は先祖のお墓参りをする「清明節」でしたが、中国では多くの人が「超高額なお墓」のせいで「死ぬこともできない」と嘆いています。報道によると、中国の2大都市である北京と上海では墓地の価格が上昇を続けており、十数万元から100万元以上するものもあります。あるネットユーザーは「これがまさに、『生きることも死ぬこともできない。死んでも埋葬してもらう場所すらない』ということなのか」と嘆いています>
 100万元とは1500万円の墓地。貧しい人に手が届くはずがない。「墓地がないので死ぬこともできない」とは彼らの本音だ。
 

霊界からの手紙 (29)

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月12日(月)05時31分43秒
  霊界からの手紙 (29)

「生きている死者からの手紙」(1914年の出版、ノンフィクション)
        エルザ・バーカーによる記録
        金澤竹哲・訳


手紙22 永遠の蛇(後半)


 私は死期を悟った時、自分の記憶や哲学、それに理性を持ってゆくと決心した。
 ここで君を驚かせることを話そう。「心霊現象の法則」という本を書いた男がいて、彼は主観的な心と客観的な心のふたつの部分について考察していた。主観的な心は帰納的推論ができないと述べ、それゆえに主観的な心は客観的な心から与えられたどんな前提であろうとも受け入れ、しかもその前提をもとに無敵の論理を構築すると述べていた。主観的な心は前提の後ろにあるものを考えることができず、前提をもたらしたものを推察することもできないと述べるのだ。
 さて、私がいるのはこちらの素材でできた世界なので、人々は基本的には主観的な人生を送っている。地上の人々が基本的に客観的な人生を送っているのと同じようにだ。こちらの人々は、主観的ゆえに、彼らが地上に滞在していた時の客観的な前提に従って物事を判断している。それゆえに、いわゆる西欧諸国で生きていた者は、リズムの法則や輪廻転生の概念に馴染みが薄く、こちらに来た時に地上の生活へは戻らないという固定観念に縛られている。つまり、彼らの大半はまだ、与えられた前提から物事を判断しているわけだ。
 まだ理解できないのだろうか、君たちがここに来る時には、何を信じているかで自分がどうなるかがほぼ決定されるのだ。再生を信じない者は再生のリズムから永遠に抜け出せない。彼らは、リズムの大潮がその信念を奪い去り、準備しないまま、また、こちらの世界の記憶は忘れたまま、彼らを再び濃密な素材へと戻すまでは、自分の信念にしがみついている。彼らがここに地上の記憶を持ってきたのは、そうしたいと望んだからだ。
 再生を信じている多くの東洋人は、そうしたいと願ったので、前世の記憶を覚えている。
 そうだ、私は輪廻転生を理解した時に、地上を去る時に自分に呪文をかけておいた。出て行き、次に入って来る時のふたつを記憶しておこうと決意した。もちろん、再び重い素材の世界に入ってきた時にすべてを記憶していると、いま誓うことはできない。だが、できる限りそうすると決心した。そして、もしも間違った母親を選ぶのでなければ、いくぶんかは成功するだろうと思う。この点は十分に注意するつもりで、輪廻転生の考えに親しんでいる母親を選ぶつもりだ。可能なら、――氏として私が生きていた時に私を知っている母親を選びたい。そして、幼い私が、ぼくはお母さんが少女の頃に知っていた――氏なんだよと言っても、疑って私を叱りつけて心を閉ざさせるようにしない母親を選びたい。
 多くの子供がこの世界の記憶を持って地上へ入ってゆく。だが、そうした記憶は、「お前は神様の手で新しく創られたんだよ」などと絶え間なく聞かされているうちに失われてしまうのだ。
 永遠はじつに長く、地上にも天国にも、並の教師たちの哲学ではカバーしきれない事柄がたくさんある。
 君たちが不死の命という考えを理解し、しっかり掴むことができたなら! 始まりも終わりもない存在であることを理解できたなら、そこから価値ある何事かを始めることができるだろう。永遠を意識することが、すなわち素晴らしい意識なのだ。100万年の単位で物事を考える人には、小さな事柄はじつに些細な事柄にすぎない。その数字を10億年や、好きな何にでもすることができるが、同じ理屈だ。100万年、あるいは100万ドル、もしくは100万の何かという概念を理解できる人はいない。この数字は、年月であろうと金貨の数であろうと、単に大きな量を表すシンボルに過ぎない。また、この概念は決定的なものではない、決定しても何かがかならず抜け落ちる。百万長者が、決められた日時にどれくらいのお金をもっているか正確には分かりはしない。金利を考慮しなくてはいけないし、価値は変動するものだ。不死についても同じだ。君たちは100万年生きてきたとか、1兆年生きてきたとか考える必要はない。ただ本当に不死であって、始まりも終わりもないのだ。多寡はあるにせよ、ある程度の資産を持っていると言う者よりも、自分は金持ちだと思う人の方が金持ちなのだ。だから永遠という意識に安住し、永遠を意識して活動した方がいい。
 今日はここまでだ。

 

中共の本質です

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月11日(日)10時08分48秒
  https://www.youtube.com/watch?v=ud66dTJsxtU
中共国営企業軍師「中国の40年の発展はパクリのおかげ」【禁聞】
8,024 回視聴?2021/04/02に公開済み
NTDTVJP
チャンネル登録者数 25.2万人

米中貿易戦争以降、両国の関係は敏感な時期に入りましたが、中共のいわゆる研究者や専門家は中共当局が外国企業に対し「育てて殺す」戦略を実行しており、この言葉が示すものは「剽窃」だと堂々と指摘しています。これに対しある評論家は、中共は集団窃盗を国家戦略とみなしており、社会の価値観をひっくり返すという役割を直接的に果たしているとして、社会の最も基本的な倫理観やモラルを破壊していると考えています。
 

霊界からの手紙 (28)

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月11日(日)07時11分19秒
  霊界からの手紙 (28)


「生きている死者からの手紙」(1914年の出版、ノンフィクション、著作権フリー)
        エルザ・バーカーによる記録
        金澤竹哲・訳


手紙22 永遠の蛇(前半)

 今夜は永遠について話したい。私はここに来るまでこの問題が把握できなかった。ただ年月や世紀でしか捉えられなかった。しかしいま、環の全体が理解できる。物質界から出て来ることや、そこへ入ってゆくことは、自我・心臓の収縮と弛緩と何ら変わらない。そして永遠という視点に立てば、ほんのわずかの時間でしかない。君には人生は長い時間だろうね。私もそう感じていたが、いまでは違う。
 人はいつも言うね、「もし人生をやり直せたら、あれやこれをやってみたい」と。しかし、誰一人として、同じ人生を繰り返しはしない。ちょうど心臓が1秒前に打った鼓動をもう一度打たないように。すべての人は次の人生のために準備することができる。君が人生に失敗したとしよう。すべての人は、その最高の理想から見れば、失敗するものだ。だが、考えることのできる人なら、その経験を吸収し、次へと持って行くことができる。彼は、地上でもう一つの人生を送るために陽光のもとへ出て来た時に、前の人生の経験を事細かに覚えていないかもしれない。幾人かは十分な訓練と強固な意志によってそれができる。だが、どんな人生であっても傾向というものがあって、自分では説明できない衝動や欲求はたいてい場合、持ち越されてゆく。
 君たちは、現在の人生が唯一のものと考えるクセを捨てなければならない。それに、死んだ後のこちらの世界で同じ状態が永遠に続くと考えてはいけない。こちらの希薄な素材のなかで永遠に存在し続けることに耐えられないのは、君たちが閉じ込められている濃密な素材のなかで永遠に生きられないのと同じだ。飽きてしまうだろう。我慢できなくなるはずだ。
 リズムの法則という考え方をしっかり記憶しておきなさい。存在するすべてのものはリズムの法則に従っているし、神々でさえ――私たちよりは大きな、長い干満のサイクルではあるが――そうなのだ。
 私は地上を去りたくなかったので、最期まで抵抗した。だがいま、当時の状態を思えば、私がここに来るのは必然だったとわかる。準備を早くしていたら、もっと長い航海のために、私という船に多くの食料を積み込んでいたと思う。だが、石炭と水を消費してしまったので寄港せざるを得なかった。
 小さな命の船であっても、70年という割り当てよりも長い航海のために準備することは可能だ。それでも石炭は節約しなくてはならないし、水を浪費してはいけない。人々のなかには水が命の液体だと知っている者がいる。
 死後の生が永遠ではなく、スピリチュアル界(霊界)で絶え間なく進歩し続けるわけではないと聞いて立腹する人が多い。しかし、反対する人の大半が、そもそもスピリチュアル界について自分で話していることの意味を知らない。
 永遠の命は、ほとんどの魂にとって可能だ――そうだ。だが、それは永遠にひとつの方向へ向かっているわけではない。進歩はカーブを描いている。永遠は環であり、蛇がしっぽを飲み込んだ姿をしている。君たちが濃密な素材の世界に出たり入ったりしない限り、物質を超越する方法は分からない。人々のなかには、自由に、濃密な素材に入り、また出ることができる人がいて、相対的な意味では、その状態でいつまでも留まることができる人がいる。だが彼らはどちらの世界も決して恐れはしない。
 私は死を恐れていた。こちらの世界には、彼らが死と呼ぶものを恐れている人がいる。彼らが何を死と呼んでいるか、想像できるだろうか? それは地上への再生なのだ。そうだ、本当に。
 こちらの世界にいてリズムの法則を知らない者がいるのは、君たちの世界の大半の人がそうであるのと同じだ。私が会った男や女は、再び地上へ戻ることすら知らなかった。地上の者が死について語るように、「大きな変化」について語り、その先にあるものは「証明されていないし、証明できない」と言った。愚かではないとしても、悲劇的ではないだろうか。



 

霊界からの手紙 (26)

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月10日(土)07時14分12秒
  霊界からの手紙 (26)


「生きている死者からの手紙」(1914年の出版、ノンフィクション)
        エルザ・バーカーによる記録
        金澤竹哲・訳


手紙21 魂の余暇(後半)



 彼がどこにいるか、師が教えてくれたので知っている。彼のことを師に話したのだが、師はとっくに彼の存在を知っていた。これはかなり奇妙なことだ。なぜなら、彼は、師がほんのわずかでも関心を持つようなタイプの男ではなかったからだ。だが先のことは分からない。彼は次の人生で、たぶん、「教師たち」から教わった哲学を本気で学ぶのだろう。
 ところで私は、この世界のより大きな余暇について話していた。君ももう少し余暇のことを考えて欲しい。怠惰になれというのではなく、心の受動的な状態は、能動的な状態同様に貴重なのだ。君が受動的な心でいる時、私たちからのコンタクトが容易となる。君の心や体が常に何かで捕らわれている時は、どんな魂のメッセージであれ印象づけるのが難しくなる。毎日、何もしない時間をもう少し見つけなさい。時には何もしないでいるのだ。そうすると潜在意識が働き始める。そして内面の生が思い出されるが、その内面の生こそが、地上にいる君たちと私たちの生きる世界の接点となる。
 ふたつの世界は接していると言ったが、この内面の生を通して接しているわけだ。君は内面へと入り、こちらへ出てくる。これは逆説(パラドックス)だが、逆説には偉大な真実が秘められている。矛盾は真実ではないが、逆説は矛盾ではない。
 人々がこちらの世界で滞在する時間の長さには大きな違いがある。ホームシックのことを言ったね。ここには地上を恋しがる魂たちがいる。彼らは時に、すぐに地上に帰ったりするが、たいていは間違っている。人が若くて、最後の人生で使わなかったエネルギーをまだ残しているのでなければ、あまりに早い地上への帰還によって、力強く再生できないことになる。
 地上では詩人や夢想家の幾人かが内面の生へのホームシックにかかっているというのに、ここの男が地上へのホームシックにかかっているのは不思議なことだ。
 「内」と「外」という言い方は分かりにくいかもしれないが、君が内へ入ると私たちのところへ来る、私たちが外へ出てゆくと君のところへ来るということを覚えておきなさい。ここでは私たちはふつう、常に主観的な人生を生きている。私たちが君の世界に触れれば、そうするだけ客観的になる。そして、君が私たちの世界に触れれば、君も主観的になってゆく。それさえ知っていれば、君はいつでも、短い時間、私たちのところへ来ることができる――つまり、十分なほど深く君自身のなかへ潜ることによってだ。
 実験したいのであれば、そして恐れないのなら、意識をすべて失わない状態で君をここに連れてくることができる――私が言いたいのは、熟睡状態ではなく、ということだ。実験したくなったらいつでも呼んで欲しい。すぐに来れない場合も、落胆する必要はない。その時は、私は何か他のことをしているのだろうし、そうであれば別の機会に訪ねて来よう。
 急ぐ必要はない。しっかり覚えておいて欲しい。今年できなかったことは、たぶん、来年できるだろう。だが、いつも何かを追いかけているようでは、この特別の仕事を成し遂げるのは難しい。永遠は、一人の人間の魂が最大限に成長するためには十分すぎる時間だ。「人生の目的は人生そのものだ」というのは、いい言い方だ。永遠を新しい角度から学ぶ機会があったので、私は永遠をさらによく理解できた。以前には分からなかったことが分かる、それは、私はどんな時間も無駄にしていなかったということだ。失敗の数々でさえ、貴重な経験の一部だった。失敗するのは再び得るためだ。私たちは時には、人生に出入りするように、力を得たり失ったりするわけだが、それは内と外に何があるかを学ぶためなのだ。すべての事柄同様、この点において、人生の目的は人生そのものなのだ。
 急いではいけない。人はゆっくりと力や知識を手に入れる。でなければ力づくで奪おうとするだろう。意志は自由だ。だがゆっくり成長すれば、反動が少なくて済む。

 

霊界からの手紙 (26)

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月 9日(金)05時09分14秒
  霊界からの手紙 (26)


「生きている死者からの手紙」(1914年の出版、ノンフィクション)
        エルザ・バーカーによる記録
        金澤竹哲・訳


手紙21 魂の余暇(前半)

 この世界にいる喜びのひとつは、暇な時間があるので夢を見たり、自分をよく知ることができることだ。
 もちろん、なすべきことはたくさんある。だが、数年後に地上に戻るつもりでいても、自分を知るための時間はたくさんある。地上にいた時も、それなりに自分を知ろうとしていたが、ここでは雑事が少ない。服を着たり、脱いだりするのも手間がかからないし、自分のために、あるいは家族のために生活費を稼ぐ必要もない。
 君も時間があれば、ぶらぶらした方がいい。君は、望むことなら何事であれ、できるはずだ。たとえば私は数年以内に、この四次元世界の状態について一般的な知識を蓄え、かつ、いくつかの前世へ戻り、学んだことを吸収したいと考えている。現時点までに私の魂が体験した事柄を統合したいのだ。そしてそこから、未来の人生で、もっとも楽に、なにができるかを判断したい。私は、絶対と言い切るわけではないが、再び生まれる時に、この知識をもって行けると信じている。
 君や、あるいは君たちの誰かに、いつどこを探せば私に会えるかを教えておこう。いや、そんなに驚かないで! まだかなり先の話なのだ。早ければ急がなくてはならないし、私はそうしたくない。帰還を早めることはできると思うが、それは賢いやり方ではない。そうすれば私が望むよりも少ない力での帰還になってしまう。作用と反作用は、互いに反対方向に同じ力で働くものだし、力のまとまりである自我は、与えられた時間の範囲内でしかエネルギーを生み出せない。だから、力強い帰還に必要なだけのエネルギーを集めるまでは、この希薄な素材の状態のなかで休息したほうがいいと思う。だが、私は他の魂たちの真似はしない。彼らは地上にいた時にその生活に飽きたごとく、こちらの世界にも飽きてしまい、半分無意識の状態で、リズムの法則の逆らいがたい力によって地上へと送り返される。私はリズムの法則を操りたいのだ。
 私がここに来て以来、ひとりの男が地上へ戻っていった。私が会った時は、ほぼ準備ができていた。不思議なことに、彼自身は準備ができていることを知らなかった。色んなことに飽きたと言い、もっと休みたいと望んでいた。休息したいという自然な欲求は、物質の扉を再びこじ開けるために必要な最大限の力を用意するためだったのだろう。ここへ来るのはたやすいが、こちらの世界から君の世界へ行くにはかなりの努力を必要とする。



 

重要な情報開示です

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月 8日(木)09時59分51秒
  https://www.youtube.com/watch?v=r0WlvzROWfQ
26歳看護師 ワ○チン接種4日後にくも膜下出血死...因果関係は評価不能も、アメリカでは多数の症例がみられました...
557 回視聴?2021/04/08
自然治癒倶楽部
チャンネル登録者数 10.1万人
 

TV、LINE問題の本質です

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月 8日(木)07時57分55秒
  https://www.youtube.com/watch?v=tfLSvo7MU6A
放送法外資率規制違反を認めたフジ社長が世にも見苦しい言い訳をしてさらに炎上、日頃の行いが悪いから 20210406
75,664 回視聴?2021/04/06
くつざわ亮治テレビ改革党代表
チャンネル登録者数 10万人
 

アストラゼネカワクチンの副反応

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月 8日(木)06時47分53秒
  信頼できるドクターがAZワクチンの副作用について、詳しく解説しています。

https://www.youtube.com/watch?v=5alpSJ7YCvY
(【データと画像あり】新型コロナワクチンと血栓の最新情報を医師がくわしく解説 ワクチンごとに差が!)
4,862 回視聴?2021/04/07
緩和ケアちゃんねる・かんわいんちょー

アストラゼネカワクチンの副反応とは、脳静脈洞血栓症(のうじょうみゃくどうけっせんしょう)です。
脳の静脈が詰まるという、まれな病気です。
 

霊界からの手紙 (25)

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月 8日(木)05時06分28秒
  霊界からの手紙 (25)



「生きている死者からの手紙」(1914年の出版、ノンフィクション、著作権フリー)
        エルザ・バーカーによる記録
        金澤竹哲・訳



手紙20 神を見つけた男

 君には不思議かもしれないが、こちらの生活について教える最適の方法は、私の体験や、男や女と交わした会話を伝えることだろうね。
 しばらく前に、哲学者よりも多くの聖者に会ったと言ったね。そこで今日は、たぐいまれな聖者と思える男について語りたい。そうだ、ちっぽけな聖者もいれば偉大な聖者もいる、小さな罪や大罪があるのと同じだ。
 ある日、私は山の頂上を歩いていた。「歩く」と言ったのは、ここでは歩くのにほんのわずかのエネルギーしか使わないわけだが、そんな風に感じたからだ。
 頂上で、ひとりでいる男を見た。はるか遠くを眺めていたが、彼が何を見ているのか分からなかった。彼は思いにふけり、自分自身と交流しているのか、私が気づかない何らかの存在と心を通わせていたのかもしれない。
 私はしばらく待った。遂に長いひと息をした後で――私たちはここでも息をしている――彼は私を見て、やさしい笑顔で言った。
「兄弟、私に何かできることがありますか?」
 私は一瞬、気恥ずかしさを覚えた。彼がしていた甘美な交流を邪魔したのではないかと思ったからだ。
「お尋ねしても良いでしょうか?」と私は言った。「あなたはあそこにたたずみ、宙(そら)を眺めながら何を考えていらしたのですか?」
 私はともかく、学べることは何でも学びたいと決意していたので、ときに不躾な質問をしたとしても、私の熱意によって許されるだろうと感じた。
 男はひげのない綺麗な顔をし、若々しい目を持っていた。だが、彼の服装はありふれたもので、自分の外見には何ら構わないようだった。その外見へのむとんちゃくが、奇妙な威厳を醸し出すことがある。
 彼は私を見ながらしばらく沈黙していた。それから言った。
「私は神の近くへ行こうとしていた」
「では、神とは何ですか?」と私は聞いた。「神はどこにいるのですか?」
 彼は答えた。
「神はどこにでも存在している。神はいる」
「神とは何ですか」と私はしつこく聞いた。そして再び、彼は強調の仕方を変えて、答えた。
「神はいる」
「どういう意味なのでしょう?。」私は聞いた。
 神はいる、神はいる」。彼は言った。
 彼の言う意味が私に与えた影響は、共感の力のせいだと思うのだが、突然、私の心に閃光のように「神はいる」という言葉が入ってきた。そして彼が「神はいる」と言った時、意味していたのは、神でない存在は何一つないということだった。
 私の表情に、心を映した感情が浮かんでいたに違いない。なぜなら、聖者はこう言ったからだ。
「あなたは、神はいる。それに、存在するものすべてが神だということを知っているね?」
「あなたのおっしゃることが分かりかけています」と私は答えた。「でも、ほんの一部分でしかないのです」
 彼は微笑み、答えなかった。私の心は疑問で満たされた。
「あなたが地上にいた時は、神のことばかり考えていましたか?」
「いつもだ。その他のことはほとんど考えなかった。私はどこへ行っても『彼』を探したが、『彼』が実在していることは、ほんの時たまにしか意識することができなかった。祈っている時には、私はたくさん祈ったのだが、突然疑問が湧いてくることがあった。「お前は何に祈っているのだ?」と。そして私は大声で答えた。「神にだ、神にだ!」。だが何年も、毎日『彼』に祈っても、ごくたまにしか、真の神の意識を体験できなかった。最後には、ある日、私が森のなかでひとりでいたときに、偉大な照明が訪れた。それは、言葉の形で来たわけではない。むしろ言葉のない、形のない驚愕であり、思考の限界をはるかに超えた広大なものだった。私は地に倒れ伏し、意識を失ったに違いない。しばらく後で――どれくらいの時間だったか分からない――目覚め、立ち上がって周囲を見回した。それから徐々に、まだ感じてはいるが、私には到底手に負えないほどの体験のことを思い出した。
 そして、死すべき者が背負うには大き過ぎる、この啓示を言葉にすることができた。自分のために私が使うその言葉は、『存在するすべて、それは神だ』。一見きわめて単純に見えるが、じつは単純からは程遠い。『存在するすべて、それは神だ』。この言葉には私が含まれ、私と同じ存在、人間も動物も含まれる。木々や鳥たち、川ですら神の一部なのだ。でなければ、神は存在するすべてとはなりえない。
 啓示の瞬間から、人生は新しい意味を持つようになった。誰を見ても、啓示を思い出さざるを得ない――私が見ている人は神の一部なのだ、と。飼い犬が私を見た時、彼に大声で言った。『お前も神の一部なのだ』。川岸にたたずみ、水音に耳を傾けている時も、『私は神の声を聴いている』と自分に言った。私に対して怒っている人には、『いったいどうして、神を怒らせたのだろう』と自分に問いかけた。やさしい言葉をかけてくれる人には、『神はいま私を愛でている」と自分に言い、そう悟ったことで息もつけないほど感動した。人生は信じられないくらいに美しくなった。
 私は神に熱中するあまり、神を探し求めるあまり、人々には関心を払わず、身近な者ですら無視してきたのだが、あの日以来、私は人間の同胞たちとの交流を始めた。そして彼らのなかに神を探そうとすればするほど、神は彼らを通して私に応えてくださったのだ。そして人生はさらに素晴らしいものとなった。
 時には私の体験を人に話そうとしたのだが、いつも聞いてもらえるわけではなかった。このことから私が理解したのは、神は何らかの理由で意図的にご自分をベールに隠しておられるということだった。神は、ベールを破かれることを楽しまれているのだろうか? もしそうなら、私は全身全霊で『彼』の役に立ちたい。そこで私は、人々が私の到達した神の知識の概念を理解できるように心がけた。何年もの間、彼らに説いた。最初はすべての人に説いていたが、すぐに無理だと分かり、数人を選び、弟子と呼び始めた。彼らはいつでも私の弟子だと明かすわけではない。私がそうしないように頼んだからだ。だが、私は彼ら一人ひとりに、できる限り神から与えられたこの知識を伝えるようにと励ました。そして多くの者が、あの日私が森にひとりでいて『神はいる、神はいる』との啓示に目覚めて与えられた恩寵のほんのわずかでも感じるようになったのではないかと思う」
 こう言うと、私の質問の数々に答えぬまま、聖者は去っていった。私は彼に地上を離れた時とどのようにそうしたか、またここでどんな活動をしているのか聞きたかった――しかし彼は行ってしまった。
 たぶんいつか再会できるだろう。会えないとしても、彼から与えられた知識を君に渡した。彼が世界に伝えたいと望んでいたように、だ。
 今日はここまでにしよう。
 

学会員に教えましょ、公明党が中共の手先となったルーツ

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月 7日(水)07時58分41秒
  https://www.youtube.com/watch?v=gUm-FlLO0y8
4.6_#12「門田隆将のまっこと怒っちゅうがやき」公明党はなぜC国と”一体”なのか?
12,836 回視聴?2021/04/06
文化人放送局
チャンネル登録者数 38.5万人
公明党・創価学会は中共の手先、そのルーツ
1968年の池田会長発言
 

韓国人から日本に帰化した男性

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月 7日(水)06時45分14秒
  嘘つきの国、韓国。

日本に済み、韓国がとことん嫌になって日本に帰化した男性がいます。

ブログのフォローは37万人。

つねに「日本的な本音」で語る男性です。

ついに日韓関係が断絶すると述べています。

https://www.youtube.com/watch?v=ZZOkmeDCc2Y
そろそろかもしれない...
91,082 回視聴?8 時間 前に公開済み
日韓断絶
WWUK TV
チャンネル登録者数 37万人
 

ハリウッドをカネで買った中共

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月 7日(水)05時36分14秒
  中共の汚れたカネは世界を狂わせています。

https://www.youtube.com/watch?v=gfsoJvsbsS4
中国共産党のハリウッド支配の内幕明かす
20,485 回視聴?2021/04/03
大紀元 エポックタイムズ・ジャパン
チャンネル登録者数 30.7万人
 

霊界からの手紙 (24)

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月 7日(水)05時08分44秒
  霊界からの手紙 (24)


「生きている死者からの手紙」(1914年の出版、ノンフィクション)
        エルザ・バーカーによる記録
        金澤竹哲・訳


手紙19 天国の小さな家(後半)

 彼はやさしい言葉で慰めた。彼はまだ愛撫はしなかった。魂同士が触れ合えば刺激が強すぎ、女がすぐ近くにある形のなかに戻ってしまい、また失ってしまうと思ったのだ。夢のなかでは何度も女に出会っていたが、今回ほど生き生きとしたものではなかったので、女が本当に大きな変化を遂げたのだと感じた。
 女も手をつないだままで、外へは出ようとしない――「あれ」から離れようとしなかった。彼はその夜は一晩中、そしてこちらの世界を闇にする太陽が再び顔を見せて女の姿を隠した次の日も一日中、女と一緒にいた。
 そのうちに、善良な友人たちが女の肉体に触れて、生者には必要だが、死者にはひどく迷惑な、いわゆる聖なる儀式を行った。
 二日目の夜も、その昼間も、彼は女と一緒だった。彼は、悲しむ両親の鳴き声を聞いた。彼らは彼も娘も見ることができない。しかし二晩目に、女の子犬が、ふたりがたたずむ部屋に入って来て、彼らを見て悲しげな鳴き声をあげた。男はそれを聞き、女もまた聞くことができた。
 女は彼の言うことがはっきり聞こえるようになっていた。
 「みんなは『あれ』をどこに運ぶの?」と女は聞いた。
 彼はその時、彼自身の生命の抜けた形の上で涙で流す愛する者たちを、なすべくなく眺めていたことを思い出した。そこで、「ここから立ち去ってしまうのが良くないかい」と聞いた。だが、女はできなかった、そうできると思えなかった。
 三日目に、彼は恋人の苛立ちから、みんなが女の肉体を棺に納めているのだろうと知った。そのしばらく後に、見えはしないが、多くの人たちが部屋に集っていることを感じ、悲しげな音楽を聴いた。音楽はひとつの世界から別の世界へと届く、訓練された耳の持ち主でなければ聞き取れない人間の声よりも明瞭に聴こえる。
 恋人はしだいに苛立ちを増し、同情している彼も苛立ってきた。それからふたりはゆっくりと――本当にゆっくりとだ!――進んでいった。彼は言った。
 「悲しまないで。みんなは『あれ』を埋葬するのだ。でも君は私と一緒で安全だよ」。彼は恋人が混乱しているのを分かっていた。
 愛する者を失ったからという簡単な理由だけでは説明できない奇妙な沈黙が葬儀場を支配しているのは、意味のあることなのだ。残された者たちは、見えはしないが、地上を去った者の魂を感じている。彼らの魂は、混乱の最中にある去りし者への同情で満たされている。
 この変化は、以前にもそれが起きたことを覚えている人には苦痛はない。しかし人間はすぐに忘れてしまう。私たちは地上を「忘却の谷」と呼んでいる。
 地上で長い人生を生きた者は、よりたやすく肉体を離れることができると言われている。だがこの女はまだ若く、わずか30歳でしかないので、彼の手助けがあっても自由になるには多少時間がかかった。
 ある日(君の世界では夜だが)、彼は女に、彼女のために建てた家を見せた。それは文字通りの空中楼閣だった。女は一緒に家に入り、そこがふたりの家庭となった。
 時には、彼は女のもとをしばらく離れ、彼女もそうするだろう。地上同様ここでも、しばらく離れていると一緒にいるときの喜びが増す。だがそれは、つまり彼が女のもとを離れるのは、彼女が新しい生活に満足し、慣れてからの話だ。
 最初の数日間、女は地上にいた頃のように空腹を覚えたので、彼はこの世界のやわらかな素材を与えてそれをやわらげた。女はゆっくりと、地上とその習慣から乳離れしてゆき、時々、両親を夢のなかで訪ねる程度になっていった。
 死者の出てくる夢を無視してはいけない。それは常に何かを意味している。夢が象徴していることが常に正しいわけではない。なぜなら、ふたつの世界を隔てる扉は非常に狭く、通り抜ける間にしばしば思考がふるい落とされてしまうからだ。だが、死者についての夢は別物だ。私たちはこの方法で君たちに接触できる。
 先日の夜、私は夢のなかで君のところへ行き、君がいる塀をめぐらした庭の門の外の後ろに立っていた。私は微笑み、出てこないかと手招きしたが、君にこの世界に住んで欲しいと願ったわけではない。幽体離脱して出てきて欲しいと思っただけだ。君が時々こちらに来れば、私も君の世界に行くことが容易になるからだ。
 おやすみ。







 

地上波TV、見る価値なし

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月 6日(火)11時16分2秒
  こちらを見ましょ。

https://www.youtube.com/watch?v=6plyWZ6--VQ
【Front Japan 桜】どうなる?日米首脳会談 / 半導体不足が中国のチャンス?[桜R3/4/6]
338 人が視聴中?4 分前にライブ配信開始
SakuraSoTV
チャンネル登録者数 52.7万人
 

ワクチン、これも必見です

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月 6日(火)09時53分5秒
  https://www.youtube.com/watch?v=kU3A6c3K2Vs
元ファイザー研究員が告発!コロナワクチン供給停止を嘆願する4つの重大懸念とは?
18,022 回視聴?2021/01/09
自然治癒倶楽部
チャンネル登録者数 10.1万人
 

ワクチン、必見動画です

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月 6日(火)06時02分17秒
  https://www.youtube.com/watch?v=MFgOCnvrvM0
【武田邦彦×宮沢孝幸】緊急事態宣言解除!言いっ放しのマスコミや政治に代わって現状を総括します!!
239,340 回視聴?2021/03/21 にライブ配信
[公式] ニューソク通信社
チャンネル登録者数 27.6万人
 

ワクチンへの素朴な疑問

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月 6日(火)05時11分3秒
  最近の記事です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

42万超が注視、武田邦彦氏の「ワクチン」議論

 先週金曜日、4月2日の「虎ノ門ニュース」は武田邦彦先生の出演日。大勢の立ち見客が並んだ。
https://www.youtube.com/watch?v=ZJUUL3v6YGs
(【DHC】2021/4/2(金) 武田邦彦×須田慎一郎×居島一平【虎ノ門ニュース】)
 24時間後の視聴回数424,441、いいね1万2000vsよくない359と圧倒的な支持だった。
 この日、武田先生が強調したのは日本人の99.8%は新型コロナを発症していない。わずか0.2%のためにワクチンが全国民に打たれようとしている事実。
 その上でこれまでの議論を取り上げ、「なぜ政府は国民に説明しないのか」と語った。
 政府が国民に説明しない重要な疑問ひとつは、メッセンジャーRNAは「ワクチンではない」。
 武田先生の解説はこうだ。
「このワクチンはワクチンではない、ワクチンとネーミングしているだけ。今度のワクチンは、メッセンジャーRNA、これは新薬です。
 新薬にもかかわらず、動物実験はなし、長期毒性の治験、慢性毒性の治験もありません。
 これをなぜワクチンと呼ぶのか? いままで存在しなかった遺伝子系のワクチン。それがわずか1年間の治験で、ワクチンとして承認されることはありえません。
 アメリカの医学者の論文を読んでいて気づきました。この薬を打って10年後にどうかなってしまうということはありえます。
 にもかかわらず、厚生労働省は『大丈夫です』と言っている。国に反対するとカネ(研究費)が出ないとわかっているからです」
 2、3年後、数年後にどんな副反応が出るか、無視している。ふつうワクチン開発には最短でも数年かかる。それがわずか9か月で承認された。
 しかも遺伝子組み換えのメッセンジャーRNAワクチンはインフルエンザのために何年も研究されてきたが、すべて失敗し、研究は中止された。なぜか? 動物実験の段階で動物がたくさん死んだからだ。
 猫を使った実験では2年ですべて死んでしまったという研究がある。
 女性を不妊にしかねないという疑問もあると武田先生。メッセンジャーRNAは人間の遺伝子を変えてしまい、副作用は2、3年後に現れる恐れがある。
 この新薬を作ったファイザーの研究者は「打ってはならない」と訴えた。
 これに関連する情報がある。全国民に強制的に中国製ワクチンを打とうとしている中国だ。先週報じたとおり、中国通のジャーナリスト、鳴霞さんの動画。
 国営メディアが質問に答えて、「ワクチン接種後、半年間、妊娠してはいけない」と回答していた。
https://www.youtube.com/watch?v=SNTsYLpV1WI
(C国・国産ワク○ンを国民に接種強制!!その一方で半年間“妊娠禁止”!/中共幹部が続々とウイグル視察。口止め・隠蔽工作か?!)
 武田先生は男性にとっても気がかりな研究があると指摘した。精子が減るというのだ。
 これは2月1日AFPニュースが報じた。
<コロナ感染、男性の生殖機能に影響か 独研究
【パリAFP=時事】男性が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染すると精子の細胞死や炎症、酸化ストレスが増加する恐れがあり、生殖能力が低下するかもしれないと指摘する研究が29日、生殖医学専門誌「リプロダクション」に発表された。
 研究者らは、「男性の生殖器系がCOVID-19の影響を受け、損傷を受ける可能性を示す直接的な実験証拠が初めて得られた」と結論づけている。ただし、複数の専門家からは、新型コロナが男性生殖機能に影響を及ぼす「決定的な証拠」はまだ見つかっていないとして、研究結果の解釈に注意を促す声が上がっている。
 新型コロナウイルスが男性の生殖器にも感染し、精子形成や生殖ホルモンの分泌を阻害する恐れがあることは、これまでの複数の研究で分かっている。新型コロナウイルスが肺の細胞に侵入する入り口となる受容体が、精巣内にも見つかっている。だが、生殖機能への影響は明らかになっていない。
 独ユストゥス・リービッヒ大学ギーセンのベザド・ハジザデ・マレキ氏とバフティヤル・タルティビアン氏は、生殖機能への悪影響を示唆し得る生物学的マーカー(指標)を求めて実験を実施。新型コロナに感染した男性84人を対象に60日間にわたって10日ごとに分析を行い、健康な男性105人のデータと比較した。
 感染者の精子細胞では、炎症と酸化ストレスを示すマーカーが著しく高かった。酸化ストレスとは体内の活性酸素と抗酸化作用のバランスが崩れた状態を指し、DNAやたんぱく質を損傷させる可能性がある。
 マレキ氏は、「精子細胞へのこれらの影響は、精子の質や生殖能力の低下に関連する」と説明。感染者の男性における値は「時間の経過とともに改善傾向が見られたが、依然として著しく、また異常に高いままだった」だったと述べている。また、症状が重かった人ほど数値が高かったとも指摘した。
 ただ、研究に参加していない専門家からは、さらなる研究が必要だとの声が出ている。英ケア・ファティリティ・グループの発生学専門家、アリソン・キャンベル医師は「現在のところ、COVID-19が精子や男性生殖機能に長期的な損傷を与えるとの決定的な証拠はない」と述べ、「男性は過度に警戒すべきではない」との見方を示した。
 英シェフィールド大学の男性生殖医療の専門家、アラン・ペイシー氏も、データの解釈について「強い注意喚起」を呼び掛けた。〔AFP=時事〕>
 日本政府も専門家たちも、これらの疑問に一切答えない。ワクチンという名の「新薬」を打っていいかどうか、はなはだ疑問だ。
 

2000℃の溶鉱炉に飛び込み自殺

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月 5日(月)07時32分12秒
  中国の不動産バブルが崩壊しかかっています。

中国人は借金を重ねて投資する、ギャンブルが大好き。

不動産バブルがピークに達しています。

中国の庶民の事情を知るには、こちらです。

「北京で肛門PCR検査」をいちばん早く報じた「LINJI」さん。

https://www.youtube.com/watch?v=Ten67eKKlLQ
(投資で損してターミネーターな自殺)

未婚の男性が、2000℃の溶鉱炉に飛び込み自殺。

理由は、1日で6万元=約90万円損したため。

投資で失敗し、自殺する人たち、かなりいます。
 

霊界からの手紙 (23)

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月 5日(月)05時14分11秒
  霊界からの手紙 (23)


「生きている死者からの手紙」(1914年の出版、ノンフィクション)
        エルザ・バーカーによる記録
        金澤竹哲・訳


手紙19 天国の小さな家(前半)

 最後の手紙を書いた後で、たいへんおもしろい男と出会った。彼は恋人がこちらに来るのを10年も待っている。
 女は地上でみんなから、「彼は死んだのだから別の恋人を探したほうがいい」と勧められていた。しかし女は忘れなかった、毎晩、夢のなかで彼と会い、彼と一緒にこちらの世界にも来ていて、しかも目覚めたときには彼が話したすべてのことを思い出せたのだ。女は彼に、太陽の輝く世界にはそう長くいるつもりはなく、自ら光を放つ彼の世界へ来るつもりだと言った。
 ほんの少し前に、女が来たところだ。彼は長い間待ち続け、こちらの世界の希薄な素材で計画通りに彼女のための小さな家を建てていた。
 彼の話では、女は夢のなかで彼と再会し、死ぬのは翌朝なので一緒にいて欲しいと言ったそうだ。彼は驚き、女を地上にとどめようとした。それは彼自身が、突然の、苦痛に満ちた死を経験したからで、彼女にそんな痛みを感じさせたくなかった。彼は常に女を見守り、危険があれば警告してきた。だが今回は、最初のショックが過ぎた後で、女が本当に来る気なのだと感じた。そしてとても嬉しくなった。
 彼はこちらの世界で恋人を作らなかった。人が地上をこの上ないほどの愛情に満ちて去るとき、そして地上の恋人がそれを忘れないのなら、ふたりの絆は何年も強固なままで続く。君たち地上の者は、こちらの世界で学んだことをすぐに忘れてしまう、私たちへの想いが私たちを幸せにすることや、私たちのことを忘却してしまうことで私たちが取り残された気持ちになることもだ。
 しばしば、この世界で霊的に大きな進歩を遂げる者は、地上にいる、彼を愛した者たちが彼のことを忘れてしまう人なのだ。ことわざにも、「去る者日々に疎し」と言うではないか。
 私たちを忘却してしまえば、それは痛みを伴うが力となるのだが、すべての魂が霊的な知識の階段をのぼるのに必要な孤独という助けを渇望しているわけではない。
 恋人たちの話に戻ろう。その日は一日中、彼は女の近くにいた。休息も取らずに。君に言ったことだが、私たちは地上で太陽が輝いているうちに、ほんのわずかに休息をとる。その日一日、彼は女の近くにいた。太陽の光が強いので、女の体は見えなかった。だが、何時間も待った後で、突然、女の手が触れたのを感じた。女の姿は見えないが、そこにいることが分かった。そこで女に、かつて地上で話していた言葉で話をした。女はまるで理解できないようだった。もう一度話しかけたが、女は答えない。それでも、女の手がしっかりと握ってくるので、自分を感じているだろうと分かった。こうして手を取り合って、ふたりは太陽の闇のなかでたたずんでいた。男はこの世界に長くいるため希薄な音声でしか話せないし、女は無言で当惑していたが、それでも彼の手にしがみついていた。
 太陽が沈むと、女の顔が見え、大きく開かれた両眼には恐怖があった。女はまだ、自分であった肉体が残る部屋に縛られていたのだ。夏の日であり、窓は開かれていた。彼は、こちらの世界の昼であるかぐわしい夜へと女を誘ったが、女は手をつないだままで彼を離そうとしない。
 とうとう彼は少し離れた場所から、もう一度話しかけた。今度は声が聞こえて、女が返事した。
 「あなた」と女は言った。「どちらが私なの? ふたつ見えるの――そう感じるの――あそこにもいると。私はふたつの場所にいるみたい。どちらが本当の私なの?」


 

中共のインチキ報道の現状ですね

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年 4月 4日(日)07時16分1秒
  チャイナの報道は一切、信じられません。

でっち上げの記事を堂々と報道しているからです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中国CGTN、架空のフランス人記者の記事掲載、記事にボロ、笑い物に
2021年04月03日 12時29分

https://www.epochtimes.jp/p/2021/04/70937.html?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_campaign=491

中国官製メディアはこのほど、ローレン・ボーモンド(Laurène Beaumond)というフランス人独立系ジャーナリストの記事を競って掲載した。「新疆ウイグル人への弾圧はでっち上げだ」とする記事の見解が、共産党のプロパガンダと完全に一致しているからだ。しかし、フランスメディアによる調査の結果、そのような人物は実在しないことが判明した。

中国官製メディア「フランス人ジャーナリスト」の記事を競って掲載

中国国際テレビ(CGTN)のフランス語サイトは3月28日、「ボーモンド」氏の記事を掲載し、大手ポータルサイト「捜狐」など中国大陸のサイトにも転載された。

「ボーモンド」氏は、中国に7年間住んでいたとプロフィールに書いた。2014年と2019年に新疆ウイグル自治区を訪れたことがあるという。

記事は、自分が新疆で見聞きしたことは欧米メディアが伝えているものと全く違うものであり、新疆に対する欧米の攻撃は衝撃的なものだと主張している。また、「これまでに問題を起こしたことのない国が、理由もなく激しい世論攻撃に遭っている。中国への非難は、ばかげた想像に満ちたものだ」とも語っている。
 

/127