新着順:88/6736 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

【人に言えない悩み、便失禁からの解放】

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2021年10月25日(月)21時02分58秒
  通報
  2010年8月22日の記事です。


【人に言えない悩み、便失禁からの解放】

 トンデモ本の「習慣は力! らくらく毛管運動で若返る」の中でも注目すべき「トンデモ体験」は、便失禁から解放されたというものだった。
 そして、高齢の女性たちに、「これはいいお話です」と高く評価された。女性は尿失禁が始まると、外出するのが億劫になり、高齢の方の場合、引きこもりがちになり、ウツっぽくなって、認知症が始まりやすい。
 尿失禁のことは本紙も知っていたが、便失禁については、30代の会員からの報告ではじめて知った。そこで本で紹介したわけだ。
 約1年前の報告は以下の内容だった。
 「こんにちは。いつもいろいろな情報をありがとうございます。らくらく毛管運動は短時間、抜けることも多いですが続いております。
 それほど真剣にやっているわけではないので、断言できませんが、便失禁にも効果がありそうです。
 出産時に肛門括約筋を損傷し、便意を我慢できずに粗相してしまうこともあったのですが、そういえばこの数ヶ月一度もありません。
 病院での治療も中断しておりましたので、特別にやっていることといえば、らくらく毛管運動くらいです。
 上手く微震動出来ないので少し壁から足を浮かしてやっているので、下腹部が鍛えられたのからかもしれません。
 私の場合完治する治療法もないと言われてますので、らくらく毛管運動が効果があるのであれば本当にありがたいことです」
 そして1年後の近況報告は以下。
 「こんばんは。本をお送りくださり、有難うございました。
 父は私の前では開きもしませんでしたが、後で成田山の小冊子の中で不動真言を紹介するページを見せてくれました。(父は年に2回は欠かさずお参りしています)ので読んでくれていると思います。
 本の中の”便失禁”に関する追加の感想ですが、下腹部の筋力が鍛えられる他に、
 らくらく毛管運動→→肛門のうっ血が取れ、腫れがひく→→肛門の締りが良くなる→→丁度良い硬さの便が出る→→炎症が治まる→→肛門の締りが良くなる
 のが良いのではとないだろうかと思っております。
 私は肛門科の先生から『おしりの腫れがひけば締りが良くなって少しはましになる』と言われていました。
 毛細血管の働きが良くなるなら肛門の血流も良くなり、腫れもひきますよね。
 それから正心調息法の際の肛門を締めることは、肛門括約筋を鍛えてくれるのでとても効果的な運動のようです。
 相変わらず”ぼちぼち”組ですが、痔など肛門にトラブルを抱える人にはらくらく毛管運動&正心調息法はとても良いように思われます。
 治療の基本は丁度良い硬さの便を出すことのようですので。
 あー、でも自信がないので、他の方の感想もお聞きしたいところです。それではまた」

 
》記事一覧表示

新着順:88/6736 《前のページ | 次のページ》
/6736