新着順:25/6179 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

新型コロナのワクチンについて

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2020年10月15日(木)11時48分35秒
  通報
  武田邦彦先生のユーチューブ動画の見解です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新型コロナはRNA型ウイルスです。変異しやすいウイルスです。

インフルエンザと同じRNA型ですが、50年来効くものができていません。

ワクチンは50年も研究してきて、基本的には成功していません。

インフルエンザの患者は日本では病院にゆく人が1000万人で、ゆかない人が1000万人います。

年間で、合計2000万人くらいが感染していいます。

もしもインフルエンザのワクチンが本当に効くのなら2000万人も感染しません。

だからほぼ効かないに等しい。

そのインフルエンザのワクチンと同じタイプなんです。

だから成功することもあるかもしれませんが、、、

もうひとつの問題は製法が、子宮頸がんワクチンとやや似ていること。

そしてワクチンにはかならず副作用がある、だから政府はどれくらいの副作用があるか公表しなければならない。

子宮頸がんワクチンのようにバラ色のことばかり言って、いざ打つと副作用が出たりします。

イギリスのワクチンの治験が一時中断したのは、脊椎に異常が出たからのようです。

副作用の内容をはっきり言わないと、新型コロナのワクチンを打つことのリスクがわかりません。

仮に、1年に10万人が感染して、1300人が死亡する感染症だとすれば、そのワクチンを開発するのは意味がありません。

また、いままでのの結果から言えるのは、年寄りが死にやすいとは言えない。

データが確定していませんが、高齢者が新型コロナに感染して死にやすいとは言えません。

ですから、手洗い、マスク、三密を避ける予防策が大事。

新型コロナを怖がりすぎず、発熱したら、布団にくるまって寝て、部屋をくらくして養生することです。

「医者いらず!らくらく毛管運動でよみがえる」(Kindle版)



 
》記事一覧表示

新着順:25/6179 《前のページ | 次のページ》
/6179