新着順:31/6179 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

武漢肺炎、重症化はBMI

 投稿者:ちくてつ  投稿日:2020年 9月29日(火)06時37分24秒
  通報
  最近の記事です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【大学のアメフト選手がコロナ死、全米ファンが涙】
 アメリカの人気NO1スポーツといえばアメフト。プロも大学も大人気だった。
 新型コロナに襲われるまでは。
 ひとりの学生選手の死亡がNYタイムズで特集され、ファンの涙をさそった。と同時に、新型コロナがなぜ米国を蝕んでいるか、その原因もわかってきた。

College Football’s Worst Fear in the Pandemic: The Death of a Player
 9月23日の記事は、「大学のアメフト、パンデミックの最悪の恐怖:ひとりの選手の死」。
PITTSBURGH ― Jamain Stephens did not need much of an introduction when he showed up years ago for his first day of practice at Central Catholic High School. His father, with the same name, was a former first-round draft pick of the Pittsburgh Steelers.
(ジャメイン・スティーブンスが数年前高校に進学したとき、自己紹介は必要なかった。同じ名前の父親がピッツバーグ・スティーラーズのドラフトの一巡目指名だったからだ)
Wherever Stephens went, through high school and then to California University, a small college in southwestern Pennsylvania, he brought juice to the room.
(その後、カリフォルニア大学に進学。教室に現れるときには、いつもジュースを持ち込んだ)
Stephens grew into a mountain of a young man, at 6-foot-3 and in the neighborhood of 350 pounds, playing defensive tackle. His feet were so enormous that his high school coaches went to the Steelers to find size 19 cleats. His hands were so immense that he carried a tablet in the palm of his hand as if it were a phone.
(スティーブンスは山のような大男に育った。6フィート3インチ=190cm、体重は350ポンド=158kg、ディフェンス・タックルだった。靴のサイズは19インチ=48cm。手も大きくタブレットを手のひらでスマホのように持ち運んだ)
 スティーブンスは人気者となり、「ジュース」とあだなされた。
But his death also rippled through the sports landscape, as he is believed to be the first college football player whose death can be traced to the virus.
(しかし、彼の死はスポーツ界にさざなみのように広がっていった。なぜなら、彼ははじめて死因が新型コロナ感染にもとめられる大学アメフト選手だったからだ)
“This is a billion-dollar industry ― I get that,” Kelly Allen, Stephens’s mother, said in an interview. “But not at the risk of these boys’ lives. Nothing is worth that.”
(「アメフトは10億ドルスポーツよ。わかっているわ」と母親のケリー・アレンはインタビューに答えた。「でも若者の命とは比べ物にならない」)

 21歳の息子の死は母親を打ち砕いた。「私が感じている痛みは言葉になりません」。
 若くて誰にも好かれたアメフト選手を死に至らせたのは新型コロナ感染による心筋炎だった。それをもたらせたのがたくさん飲んだ清涼飲料水に起因する「肥満」だったのだ。じつは肥満が新型コロナ感染で重症化することはすでに常識となっている。

 アメリカの成人の肥満率は40%。感染が再爆発したイギリスは29%、フランスでも17%。
 アメリカ最高の娯楽とされるアメフト界はこの危機にどう対処するのだろうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アメリカ人に無理なく痩せられるらくらく毛管運動を教えたいですね。

「医者いらず!らくらく毛管運動でよみがえる」(?Kindle版)


 
》記事一覧表示

新着順:31/6179 《前のページ | 次のページ》
/6179