新着順:63/6179 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

感染爆発の数理モデル

 投稿者:竹哲@らくらく安楽詩の会  投稿日:2020年 7月26日(日)06時23分42秒
  通報
  最近の記事です。

【7月30日、東京の感染者615人は的中か?】

 安倍首相が耳を片付けざるを得ない高橋洋一氏は東大の理系。「東大の阿呆学部」と官僚たちを罵倒することでも知られている。高橋洋一氏は新型コロナの感染モデルを日本で最初に作った人物。
 同じ理系の学者がとんでもないモデルを発表。お茶の間を騒然とさせた。

https://www.youtube.com/watch?v=avblxemcGJs

 7月24日の「ひるおび!」は「東京366人陽性 過去最多を大幅に更新」と伝えた。

 そして6月12日に、土谷隆政策研究大学院大学教授 (統計数理・数理工学)が予測したモデルを紹介。

 6月12日の時点で、7月23日の東京の感染者数を384人と予測、ほぼ的中させていた(366人)。

 この数理モデルの凄いところは、実データと予測がほぼ重なっていること。読みが的中しているわけだ。
 そして何も対策をとらなければ、つまり現状のままでは7月30日(木曜日)の感染者は615人。
 もしこの日が的中すれば、
 8月13日 1513人
 8月20日 2310人
 8月27日 3388人
 東京が本当に感染爆発するかどうか、注目の7月30日となる。
 
》記事一覧表示

新着順:63/6179 《前のページ | 次のページ》
/6179