新着順:35/6131 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

英王室、ボロボロ

 投稿者:竹哲@らくらく安楽詩の会  投稿日:2020年 7月 7日(火)07時33分49秒
  通報
  小児性愛者の疑いが持たれているアンドリュー王子が、なんと、エリザベス女王の玉座に仲介したマックスウェル容疑者を座らせていた写真が流出。大騒ぎになっています。

英王室、ボロボロです。

以下は、最近の記事。


【気学の有名人:スキャンダルまみれの英王室】

 今年は「一生に一度のイベント」の年。二黒土星生まれがエリザベス女王(生まれた月は九紫火星)。王室を去ったヘンリー&メーガン夫妻との関係の修復は無理。
 というのは、ふたりの星からわかる。

 メーガンは1981年8月4日に生まれた。一白水星の年、三碧木星の月の生まれだ。
 一白は「波乱万丈」。三碧はきつい性格。言いたいことは「黙ってられない」。エリザベス2世との相性は、二黒と一白が相克。九紫と一白は犬猿の仲。メーガン妃にとっては、「我慢のならない」姑なのだ。
 しかも今年は鬼門の凶。

 ヘンリーは1984年9月15日生まれ。七赤金星の年、一白水星の月の生まれ。
 七赤は職人肌、アーティスト、強い信念の持ち主。一白は「波乱万丈」。
 メーガン妃とは相性抜群。「妻の言いなり」の関係。エリザベス2世との相性は、二黒と七赤はウマが合うが、九紫と一白は相克。
 そして、今年は八方塞がりの大凶。
 凶と大凶のカップルが起こしたイベント、皇室離脱、暴露本の出版はトラブルしか引き起こさないだろう。
 エリザベス女王との関係修復は不可能。女王を嘆かせることになる。

◎小児性愛者の疑い、アンドリュー王子

 そこに最悪のスキャンダルが加わった。アンドリュー王子の小児性愛者の疑いが、協力者のギレイン・マックスウェルの逮捕で一層深まったのだ。
 7月2日のBBC、米ABCが大きく報じた。BBCが報じたのは以下。

<イギリスの社交界で広く知られ、英王室ともかかわりのあったギレイン・マックスウェル被告(58)は2日、未成年女子の性的人身取引で米富豪ジェフリー・エプスティーン被告(故人)に協力していた疑いで、米ニューハンプシャー州で連邦捜査局(FBI)に逮捕され、ニューヨークの連邦地検に訴追された。
 マックスウェル被告は、故エプスティーン被告の人身取引ネットワークで顧客に性行為を提供させるため、未成年の少女を探し出して勧誘し、指導していた疑い。偽証罪2件も含まれる。同被告はこれまで、エプスティーン被告の違法活動について何も知らなかったと主張し、一切の関与を否定している。
 14歳少女などの性的人身取引罪で起訴され勾留中だったエプスティーン被告は昨年8月、ニューヨークの拘置所で死亡しているのが発見された。死因は自殺と断定された。
 マックスウェル被告を訴追したニューヨーク南部地区連邦地検のオードリー・ストラウス検事正代理は2日に記者会見し、被告は1994年から1997年にかけて多くの少女を勧誘し、「仕込む」ことで、エプスティーン被告を支援していたと、訴追内容を述べた。目をつけた少女たちを買い物や映画館に連れ出し、やがてエプスティーン被告にマッサージをするよう促したという。このマッサージの際に、エプスティーン被告が少女たちを性的に加害したとされる。

「マックスウェルは、虐待のために未成年被害者を特定し、仲良くなり、仕込むため、エプスティーンにとって欠かせない役割を果たしていた」と、ストラウス検事正代理は記者会見で述べた。

 目をつけた少女たちと仲良くなった後に被告は、「未成年への性的加害行動を、普通のものとして日常化しようとした。性的な内容を話題にしたり、被害者の前で服を脱いだり、未成年被害者が服を脱いでいる時にその場にいたり、未成年被害者とエプスティーンとの性行為の最中にもその場にいた」という。(中略)
 被告に対する罪状6件のうち5件の量刑は最長禁錮5年。6つ目の罪状は、違法な性的活動をさせる目的で未成年を移動させたというもので、量刑は最長禁錮10年>

 逮捕されたマックスウェルの旧友がアンドリュー王子だ。当時未成年だったヴァージニア・ジュフリーさんが「彼と3度セックスした」と暴露。王子はBBCに出演して全面否定したが、大炎上。その後、昨年11月下旬から王室としての公務から退いた。だが、この裁判で証言を求められるのは確実で、ウソがバレてさらなる恥辱にまみれそうだ。

 アンドリュー王子は、1960年2月19日生まれ。四緑木星の年、八白土星の月に生まれた。四緑は「大樹」。八白は「気位い高し」。四緑の弱点は「色情因縁」。去年は真北の大凶で、今年は裏鬼門の凶。
 エリザベス女王との仲はいいが、公の場で一緒にいることは許されない。女王の来年は真北で大凶。つらいつらい晩年となるだろう。
 
》記事一覧表示

新着順:35/6131 《前のページ | 次のページ》
/6131