新着順:15/6098 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

アメリカの悪徳警官(2)

 投稿者:竹哲@らくらく安楽詩の会  投稿日:2020年 6月14日(日)08時46分33秒
  通報
   また、本紙2015年5月17日号は、米警官の悪徳ぶりを報じた田中宇氏のレポートを紹介した。
 アメリカのドラック戦争を描いた優れたドキュメンタリー映画が放送されたことがある。そのなかで、警官がドラッグ業者のクルマを差し押さえ、現金を押収し、自分たちで分配してしまうシーンが出てきた。目を疑う光景であり、一部の悪徳警官が行っていると思っていたのが、そうではなかった。恐るべき事実が暴露された。
 田中宇氏のレポートだ。
<カナダ政府は昨年、米国に行く自国民に対し、多額の現金を持って行かない方が良いと忠告を発した。現金を見つけた米国境の検査官が、濡れ衣で「テロ資金」の疑いをかけて現金を没収し、カナダ人が裁判をやってもなかなか取り返せない。カナダ政府によると、米当局は、これまでに25億ドルを国境でカナダ人から没収している。財政難の中、没収したカネが米当局の予算の一部になるので、テロの濡れ衣をかけて没収して返さない行為が頻発している。カナダ人だけでなく、米国民も、現金を持ち歩くと当局にテロ資金の濡れ衣をかけられ没収される危険がある。昨今の米国は、非常に腐敗している>
 この情報が公開されたのは2014年9月24日。
<Canada Warns Its Citizens Not To Take Cash To The USA
Submitted by Martin Armstrong via Armstrong Economics,
 The Canadian government has had to warn its citizens not to carry cash to the USA because the USA does not presume innocence but guilt when it comes to money. Over $2.5 billion has been confiscated from Canadians traveling to the USA, funding the police who grab it.
 If you are bringing cash to the land of the free, you will find that that saying really means they are FREE to seize all your money under the pretense you are engaged in drugs with no evidence or other charges.
 It costs more money in legal fees to try to get it back so it is a boom business for unethical lawyers to such an extent than only one in sixth people ever try to get their money back and the cops just pocket it. That’s right. Money confiscated is usually allowed to be kept by the department who confiscated it.
(押収されたカネを取り戻すには弁護士費用がかさむため、6人に1人しか訴えない)
 This is strangely working its way into funding police and pensions.
(不思議な事に警察官の経費や年金基金に入れられる)
 This is identical to the very issue that resulted in the final collapse of Rome when the armies began to sack cities to pay for their pensions.
(ローマ帝政末期の軍隊の振る舞いのようだ)
 This pretend war on terrorism is really a wholesale war against the people. It serves as the justification to seize whatever they desire ever since 9/11 as reported by the Washington Post.
(ワシントン・ポスト紙が報じたごとく、9.11後のテロとの戦いの本質は、じつは警官が望むものはなんでも人民から奪って良いという、全面戦争だったのだ)>
 大金をもってのアメリカ国内の旅行はだめ。ドラッグ関連、テロ関連の濡れ衣で押収される。また、訴えることもできないくらいに弁護士費用が高い。
 
》記事一覧表示

新着順:15/6098 《前のページ | 次のページ》
/6098