新着順:40/6025 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

イタリアの惨状の原因

 投稿者:竹哲@らくらく安楽詩の会  投稿日:2020年 3月10日(火)07時12分57秒
  通報
   3月1日の記事です。イタリアの惨状は予見されていました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【チャイナの浸透を許したイタリアでパンデミック】

 日本の知識人は新聞・TVを信用しなくなった。武漢肺炎関連のニュースなど、新聞・TVがまったく頼りにならないからだ。
 事例はいくつでもあるが、たとえば「なぜ、イタリアでパンデミックなのか?」
 この情報の第一報を聞いたとき、即座に思い出したのが、この動画だった。
https://www.youtube.com/watch?v=tGZAQBSK_YE
(「浸透」を放置するとこうなる!中国の警察が公然とイタリアで活動)
 DEEP MAX氏がアップしたのは昨年12月26日。
 ちなみに、1月1日に閉鎖された武漢海鮮市場の2Fにはグッズ販売の店がひしめき、営業を続けていた。温州商人たちがたくさん営業していて、春節に故郷に戻り、ウイルスを持ち込んだ、という動画も、DEEP MAX氏のスクープ。
 イタリアへの浸透とは、中共「統一戦線」の工作活動の一貫だと指摘。公然たるものだという。
「いまイタリアには中国系の企業が66万社あると言われています。これだけでもすごい数ですが、問題は今年、2019年、どんなことが起きているかと言うと、中国人が経営している会社が6.1%も増えたんですよ。これに対し、イタリア人が経営している会社はマイナス1.6%。イタリア人が経営している会社は減っているのに、中国人が経営している会社がものすごく増えているんです。これね、明日は我が身と聞いて下さい。
 イタリアといえば、アパレルとか有名ブランドで、それを買っていたのも中国人ですが、じつは造っているのも中国人なんです。しかし、そのままだとメイド・イン・チャイナ。これでは中国人ですら買いません。そこで、本場イタリアの下請け工場で造らせているんです。
(中略)
 そしてコピーものの生産の拠点が温州なんです。優秀な技術者がたくさんいます。ただし、温州でコピーもののブランド商品を造っても富裕層には売れません。そこで、中国人がイタリアで造ればどうかということ。
 そして、中国人が作った縫製工場などはイタリア人の工場よりもはるかに安価なんです。なぜか? 働いている人が違うんです。イタリアに雇用が生まれるんじゃなくて、働いているのは中国人なんです。
 そしてイタリアで働いている人の90%が、温州の人なんです。
(矢印が温州)
 つまり、温州から工場と人が一緒にイタリアに来て下請けをやっているんです。
(中略)
 しかも、イタリア政府というのは、中国とずぶずぶ、中国頼りなんです。そしてまじで、こんなことがあるかということが起きています。中国の公安、日本で言う警察がイタリアに派遣されて、イタリアの警官と一緒に巡回しているんです。イタリアの主権、どこへ行ったの?ということですよ。(以下略)>
 中国の公安が巡回してはいないものの、北海道への中共「統一戦線」の浸透、対日工作活動が活発化していたことは知られている。

 イタリアと北海道の感染状況はチャイナの世界制覇戦略の一端を暴露した。これでも、低能の安倍や売国奴の二階たちが習近平を国賓来日させようとしている。日本人はバカに成り下がったか。
 
》記事一覧表示

新着順:40/6025 《前のページ | 次のページ》
/6025