新着順:50/6025 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

米大統領選挙の異変

 投稿者:竹哲@らくらく安楽詩の会  投稿日:2020年 3月 1日(日)09時45分17秒
  通報
   最近の記事です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 パンデミックが米大統領選挙の行方を混沌へ

 武漢肺炎が米大統領選挙を左右しそうな気配。トランプvsバーニーの対決は、トランプの圧勝のはずだったが、武漢肺炎と世界同時株安がそれを吹き飛ばした。
 NYタイムズが要点を報じている。
In particular, Goldman Sachs notes that economic growth during the second quarter of an election year has been a "key predictor" of past presidential races.
(大統領選挙のカギを握るのは、ゴールドマン・サックスによれば、過去の選挙では、「重要な要素」が第二四半期の経済成長率だったと指摘する)
 今年の第二四半期、成長率も株価も、落ちることはあれ上昇することはない。
 それゆえ、当選すれば79歳の大統領になるバーニーへの異常な人気、絶大な支持が起きても不思議でない。
◎バーニーの主張はまったく揺るがない
 視聴すべきは、「トランプ放送局」がバーニー・サンダース上院議員をはじめて招いた政治討論会の生中継動画。1時間にわたって、バーニーは「言いたい放題」。彼の一言一句に聴衆が拍手喝采する映像だった。
https://www.youtube.com/watch?v=p4ozAACcc8I
(town-hall meeting :政治家が市民と対話する集会)
 視聴回数191万回。「Yes」3.8万vs「No」2800。
 彼の人気のひとつが、「世襲議員」でないこと。
 2016年の大統領選挙でバーニーは民主党の台風の目となった。「民主的な社会主義」を掲げた彼は、「変わり者だ」、「過激すぎる」と非難されたが、若者たちが熱狂的に支持した。
 知事を経て下院議員となり、その後上院議員となった今日まで、彼は弱者や虐げられている選挙民の声を聞き、彼らに寄り添ってきた。
 日本の政治家と比べれば違いは一目瞭然。晋三にしろ進次郎にしろ、世襲を重ねた生まれであり、地盤と看板の使い方は子供時代から仕込まれている。
 国会では、答弁は官僚の作文を棒読みするだけ。街頭演説で、「みなさん、一緒に◎◎◎◎しようではありませんか」と声を張り上げるが、「お前に、みなさんであるわれわれのことがわかるのか」と弱者や虐げられている選挙民の多くが顔をそむけている。
 アメリカでもそうだったのだ。民主党も共和党も、庶民感覚を失い、職業政治家ばかりになっていた。
 そこへ、2016年、ふたりのアウトサイダーが出現、バーニーは若者の絶大な支持を集め、トランプはキリスト教福音派という「捏造された聖書」(柏書房)を一字一句信じる原理主義者たちの絶大な支持を得た。
 バーニーは、自分の選挙公約を取り入れたヒラリー・クリントンの支持に回ったが、ヒラリーのあまりの不人気ぶりに、トランプの大逆転勝利となった。
 サタデー・ナイト・ライブのヒラリー演じる人気コメディエンヌのコントがおもしろい。
「みなさん、わたしが嫌いでしょう。だったら大統領に当選させて! 当選した日から大統領執務室にこもって外に出ません。もしも落ちたら、死ぬまで大統領選挙に打って出るわよ!」
 ヒラリーも利権にまみれていた。とくにチャイナとずぶずぶ。庶民は彼らに幻滅していたのだ。
◎トランプはバーニーを恐れている
・FOXニュースでは、ニュース番組のアンカーウーマン、マーサ・マッカラムとバーニーのやり取りが大受け、トランプを苛立たせた。
 マーサから反ユダヤ主義についてつっこまれた切り返しに大喝采が巻き起こった。
「わたしはユダヤ人だ。親族をホロコーストで亡くした。だからこの問題はわたしにも身近なものだ」
 反ユダヤ、反イスラムなどの偏見と差別への反対を表明。そしてこう付け加えた。
「ただし、右翼政権下のイスラエルへの非難は、反ユダヤ主義ではない!」
 トランプの激怒した顔が浮かぶようだ。だが、次の一言はトランプの心臓に突き刺さった。
「わたしは、トランプのすべての政策に反対だ。トランプは病的な嘘つきであり、自分の父親がどこで生まれたかすら言わない。
 わたしはジョージ・W・ブッシュの政策にもすべてで反対したが、彼は病的な嘘つきではなかった」
 FOXニュースの生番組で「トランプは病的な嘘つきだ」と言い放ったのだ。大喝采も当然だった。
 それゆえ「トランプに構うな」と言った。
if we all of our time spend attacking democrats are going to lose.
(われわれがトランプ攻撃に血道を挙げれば、民主党は大統領選挙で敗北する)
 トランプは、攻撃されれば喜び、ハリネズミとなって反撃してくる。福音派から大金を供出させ、票の動員力が増す。岩盤の支持層が一層固まる。トランプ攻撃はトランプを利するだけだと看破したのだ。
 逆に、トランプがバーニーの罠に落ちた。
“So weird to watch Crazy Bernie on @FoxNews. Not surprisingly, @BretBaier and the ‘audience’ was so smiley and nice. Very strange, and now we have @donnabrazile?” the president tweeted on Tuesday, the morning after 2020 Democratic presidential contender and democratic socialist Bernie Sanders appeared at a Fox-hosted town hall event.
(「キチガイのバーニーをFOXニュースに出演させたのは大間違いだ」とツイートした。生放送の翌日、17日の朝のことだ)
 九紫火星のトランプは今年は西で吉。バーニーは五黄土星で東で吉。ふたりの星は大喧嘩する、対極の配置。武漢肺炎次第で、大どんでん返しが起きる可能性あり。
 
》記事一覧表示

新着順:50/6025 《前のページ | 次のページ》
/6025