新着順:30/5970 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

進行がん3度目の手術から生還!

 投稿者:竹哲@らくらく安楽詩の会  投稿日:2020年 2月 4日(火)06時54分54秒
  通報
  「天変地異の時代」です。
 著名人の突然死も増えています。

 梓みちよさんは1943年6月4日生まれ。
 三碧木星です。今年は真北=大凶。
 用心していれば、結果は違ったでしょう。

 同様に、心配なのは、上皇后美智子さま。
 三碧木星ですから、今年は真北=大凶です。

 眞子さまへの心労がつのっているので、心配です。

「波乱万丈」の星、一白水星は鬼門=凶です。
 用心すべき一年。

 今年満92歳なる義母は一白水星。
 八方塞がりの90歳の年は、2度の進行がん手術を行いました。
 90過ぎの大手術は「いや」でしたが、進行がんは進行します。
 歯肉がんですので、顔がお岩さんのように崩れて死にますと主治医から説明。
 全身麻酔の手術を受けて生還しましたが、半年後に再発。
 2度目の大手術からまた生還。
 この時点から、「希望の命水」を摂ってもらうことにしました。
 そして、丸2年、再発はなかっったのです。

 が、昨年12月、再発が見つかりました。
 1月29日の手術日が決定。
 1月11日から、一白水星は鬼門=凶となります。

 そこで、Circle of Sunflowerカードをもってもらいました。
 特別にパワーをチャージして、「いつも持ち歩き、病院ではベッドの頭のところに置いてください」

 Circle of Sunflowerカードからはパワフルな光が出ています。

 気持ちよく眠れて、心配せずに手術に臨めたようです。

 無事に生還し、全身麻酔の悪影響もなく、頭はクリアでした。

 92歳が助かったのは、星の運気を知って、用心したこと。
 Circle of SunflowerカードのOKAGEでした。

 トンネル&サークル・カードを持ち歩けば、人身事故を免れます。
 同様に、武漢肺炎をも免れるでしょう。

 カードから出ている光をごらんになれる方には、説明する必要はないですね(^^)
 
》記事一覧表示

新着順:30/5970 《前のページ | 次のページ》
/5970