新着順:243/6150 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

1月11日から気学の新年

 投稿者:竹哲@らくらく安楽詩の会  投稿日:2020年 1月 8日(水)05時50分11秒
  通報
   今年は七赤金星の年。
 四緑木星のわたしは、この1年、用心に用心を重ねてきましたが、体調いまいちが続きました。
 ここにきて、やっと、戻ってきました。
 らくらく毛管運動のOKAGEです。

 しかし、事故やトラブルはなし。
 Circle of SunflowerカードのOKAGEです。

 世界は、壊れ始めています。
 アメリカvsイランは、じつは、トランプ支持のキリスト教福音派&サウジアラビアのスンニ派&イスラエルvsイランのシーア派、という対立です。
 世界を大混乱に陥れる恐れがあります。

 中国は「臓器狩り」を平然と行う、ナチス以上の悪魔の国家になってきました。
 香港をいつ弾圧にかかるかもしれません。
 台湾の選挙次第で、習近平が動く恐れがあります。

 その習近平を国賓として招き、天皇陛下の宮中晩餐会を開き、天皇を中国へゆかそうとしているのが安倍首相。日本の歴史に長く、悪名が刻まれるでしょう。

 安倍首相は今年、真北ですの凶。一白水星の年、一白水星の月の生まれ。
「波乱万丈」がダブルで来ます。

 今年、なにかあっても不思議でない、首相退陣もありえるでしょう。

 そもそも、1年前に、こう約束しました。

<リーマン・ショック級出来事ない限り消費税引き上げ=安倍首相
[東京 7日 ロイター] - 安倍晋三首相は7日午前の参院予算委員会で、10月に予定されている消費税率の引き上げについて「リーマン・ショック級の出来事がない限り引き上げさせていただく」との従来見解を繰り返した。東徹委員(維新)への答弁。幼児・高等教育の無償化など社会保障財源として必要として理解を求めた>

 ところが、消費増税で、日本経済はリーマン・ショック以上のどん底になってきました。

<「理容業・美容業」の倒産が急増、過去最多を更新

「理容業・美容業」の倒産が急増、過去最多を更新

 過去最多の119件、過当競争で淘汰進む
 2019年(1-12月)の「理容業・美容業」倒産は、バブル末期の1989年以降の30年間で最多の119件に達した。これまで過去最多だった2011年の118件を8年ぶりに上回った。件数は2016年の82件から4年連続で増加し、増勢が強まっている>

<飲食店の「倒産」件数が過去最多となる見込み。「酒場・ビヤホール」業態で倒産増加

 帝国データバンクが、2000年~2019年11月の飲食店事業者の倒産動向について集計・分析した結果を公表。倒産件数は過去最多になる見込みだという。今回はその内容をご紹介していく。

 2019年の飲食店事業者の倒産は11月時点で668件。すでに前年の653件を上回っている。これまでの集計の最多は2017年の707件だが、このままのペースで推移した場合、通年の倒産件数は728件前後となるだろう。これは過去最多の件数だ>

 こちらの情報も必見。
https://www.youtube.com/watch?v=p-5BPMxlR6c

(要警戒!来年2020年は中小企業倒産ラッシュ元年になる!)
 経営コンサルタン島倉大輔氏が年末に公開した見通しです。

 つまり、安倍首相がリーマン・ショック級の不況をもたらしたのです。

 今年は、らくらく毛管運動をしっかり行い、トンネル&サークル・カードを携帯しないと、とくに星が悪いと、トンデモナイことに巻き込まれるかもしれません。

 海外旅行は危険ですから、控えましょう。


 
》記事一覧表示

新着順:243/6150 《前のページ | 次のページ》
/6150