新着順:20/5926 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

らくらく毛管運動で若返る(22)

 投稿者:竹哲@らくらく安楽詩の会  投稿日:2020年 1月 7日(火)06時39分14秒
  通報
  ●「人に言えない悩み」、便失禁が改善された

 山崎先生や塩谷先生、西先生が喝破されたごとく、人間がもっている自然治癒力、そして潜在能力は素晴らしいものがあります。山崎先生も西先生も医者に見放され、「自分の力で治す」と心に決めたことから、健康を取り戻しました。同じ力を私たちも持っています。らくらく毛管運動は、そんな手段の一つですし、何よりも楽な方法ですから習慣になります。
 先日も感動的な体験報告が私のもとに届きました。それは「便失禁」が毛管運動で素晴らしく改善されたという報告でした。
 尿失禁に比べて便失禁はあまり聞き慣れない悩みでしょう。しかし、実は頻度の高い疾患だそうです。ただ、恥ずかしくて言えないため、なかなか表に出ないのですが、患者さんには大変な苦痛です。
 また、高齢の方の中にも、この悩みの方が少なくないと聞いています。
 報告をいただいたのは三〇代の女性でした。切迫流産で二カ月間入院し、無事に出産できたものの、その際に肛門括約筋を損傷し、便失禁を時折、起こすようになってしまったそうです。
 そこで、らくらく毛管運動を始めたところ、必ず毎日やっているわけでもないのに、一ヶ月ほどで失禁しなくなりました。以下はメールの内容です。
「病院での治療も中断しておりましたので、特別にやっていることといえばらくらく毛管運動くらいです。うまく微震動出来ないので少し壁から足を浮かしてやっているので、下腹部が鍛えられたのからかもしれません。私の場合完治する治療法はないと言われていますので、らくらく毛管運動が効果があるのであれば本当にありがたいことです」
 続報が楽しみな体験報告です。
 
》記事一覧表示

新着順:20/5926 《前のページ | 次のページ》
/5926