新着順:36/5926 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「転移がん」vs「がんもどき」

 投稿者:竹哲@らくらく安楽詩の会  投稿日:2019年12月22日(日)08時08分36秒
  通報
   がんの真実を学びましょう。

 近藤誠医師の新刊、「眠っているがんを起こしてはいけない。」(飛鳥新社)から。

<本物のがんというのは、転移している(体のどこかに転移がひそんでいる)ケースです。これに対し、からだのどこにも転移が潜んでいないのが、がんもどきです>

 そして転移がんは見つかったときは、すでに転移している。

 逆に、がんもどきは転移しない。

<確実なことは、全世界でこれまで何億人もが検診や手術を受けてきたのに、「もどきを放っておいたために転移が生じた」と立証されたケースが1例もないことです>

<がんは放っておいたら転移する」という考えは、とっくに破綻しているのです>

 つまり、がんには本物のがんの「転移がん」と転移しない「がんもどき」があります。
 しかし、両者は視認では見分けられない。

<「がん」と顕微鏡で診断されたなかに、もどきと本物とがあるので、顕微鏡で両者を見分けることは不可能です。ただし推測はできる>

<手術をきっかけとして、ひそんでいた転移が暴れだすので、「本物」はそれとわかります。そして多くの「がん種」では、手術を受けてから3年ほどの間に転移が生じなければ「もどき」だったと考えられます。例外は乳がんで、10年たってから転移が生じることもあります>

 転移がんであれば、手術すれば、がん細胞が暴れだし、寿命が縮みます。

 転移がんであっても、眠っているままに放置すれば、暴れだすことはありません。

 この本を読んで学びたいですね。
 
》記事一覧表示

新着順:36/5926 《前のページ | 次のページ》
/5926