新着順:38/5886 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

糖尿病で足切断

 投稿者:竹哲@らくらく安楽詩の会  投稿日:2019年10月24日(木)08時16分11秒
  通報
   今日のフジテレビのワイドショー、「ノンストップ!」でプロレスラーが糖尿病で足切断という話題が取り上げられるそうです。

 ネットを検索しました。

<異変の兆しは、右足親指の爪の中にできた血豆だった。そこから細菌が入り、壊死が進んでいたという。

「うちはもともと糖尿病が多くて、失明しちゃったおじさんもいるんですよ。35歳のときに、俺も糖尿病って診断されて。医者から『20年後には間違いなくインスリン打ってる』って言われたんだけど、その後、糖尿の薬を飲むだけでこれまで過ごせてきたんです。

 でも振り返ると、35歳のころなんて、現役バリバリでしょ。糖尿なのに、体をつくるためにガンガン食べて、1日に5000~6000kcalは摂ってたんだから、体にいいわけないんだよな。

 若いころの暴飲暴食って、後々まで残るんですよ。足を切ってみたら、俺の血管は、動脈硬化が進んでボロボロだったらしい」>(週刊FLASH 2019年7月16日号)

 取材された谷津嘉章さんは、人気プロレスラー。
 八白土星の年、六白金星の月の生まれです。

 八白土星は今年、八方塞がりの大凶です。

 2型糖尿病ですね。
 糖尿病なら、血糖値を調べて、糖質を制限しなければなりませんが、プロレスラーという職業上、難しかったのでしょうね。

 それでも、もしも、らくらく毛管運動を日課にしていれば、下肢切断は免れたかもしれません。ボロボロになった血管が活性化したのではないでしょうか。

 2型糖尿病の合併症は、突然、生じます。

 しっかり、らくらく毛管運動を励んでほしいですね。

 
》記事一覧表示

新着順:38/5886 《前のページ | 次のページ》
/5886