新着順:25/5848 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

膝痛は治ります(^^)

 投稿者:竹哲@らくらく安楽詩の会  投稿日:2019年 9月23日(月)07時45分18秒
  通報
   膝痛、つらいですね。

 コンドロイチンなどのサプリでは治りません。

 文末の資料をごらんください。

 膝痛を完治させられるのは、らくらく毛管運動だけです。

 取り組んでいる人からメールがきました。

「初めてメールを送らせていただきます。
 40代のころから変形性膝関節症を発症しました。
 らくらく毛管運動は昨年知りました。
 でも壁に付けてやっていなかったので、運動後も膝が痛くて。
 動画や著書を読ませて頂き自分の間違いに気付きました。
 もう少しで3ヵ月になります。
 経過が長いので痛みが取れるまでもっと長くかかるかもしれません。
 この度は、非会員でトンネルカードを購入させていただきたいと思いメールさせて頂きました。
 サークルカードは非会員は購入は無理でしょうか?
 4人分購入させて下さい。入金等のご連絡お待ちしております。
 私も世のため他人のためにお役に立たせて頂けるよう取り組ませていただきます」


 Circle of Sunflowerカード、非会員でも販売します(^^)

 膝痛を治した、現在、71歳の女性の体験記を参考にしてください。

【資料】

◎コンドロイチン、グルコサミンは効かない

「日刊ゲンダイ」の記事で注目すべきは、膝に効くと謳うサプリは効かないとの証言。

<タレントが膝をぐるぐる回したり、”飲んでよかった”、”膝痛で悩んでいた私が、元気でいられるのはこのおかげ”などと体験談を語ったり・・・。テレビCMを見ない日はない、といえるほど宣伝しているサプリメント(栄養補助食品)が、グルコサミン、コンドロイチン。しかし、実際の効果はどうなのか。最新の医学論文を年間1000本以上読みこなすという、「武蔵国分寺公園クリニック」(東京・西国分寺)の名郷直樹院長に聞いた>

 以下、驚きの情報開示。

<”グルコサミン、コンドロイチンが膝の痛みに効く”とのイメージが広がるキッカケになったのは、2006年に、米国の医学雑誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に発表された、アメリカで行われた研究論文だ。
「膝の痛みを訴える1583人をコンドロイチン、グルコサミン、その両方、偽薬の4群にわけ、半年後を調べたところ、重度の痛みを感じる人のうち両方を飲んでいる群は効果があったというのです」

(中略)

 世界的権威の医学雑誌が取り上げたことで火がついた
 たちまち、”膝の痛みにはコンドロイチン、グルコサミンが効く”として、サプリメントが作られ、世界中で販売されるようになった。

 しかし、ここで注意しなければならないのは、”効果がある”とする研究がある一方で、”効果はない”とする研究も多数発表されている点だ。

「2010年に発表されたコンドロイチン、グルコサミンのいずれか、または両方を使った患者の痛みと、偽薬との比較を行った10本の論文をまとめて解析した研究でも、効くとの結論は得られなかったのです。

 なにより、”膝の痛みにコンドロイチン、グルコサミン”というイメージを広げた2006年の研究でも、研究全体でみると、”効果は認められない”と結論づけているのです」>

 火付け役の2006年の論文の結論は「効果は認められない」。それなのに、論文の一部だけを取り上げて、効果があるはずだとサプリメントが作られ、販売されてきた。

<そもそも本当に効果があるのなら、多くの医師が、2500万人ともいわれる日本の変形性膝関節症の患者に、このサプリメントを積極的に勧めているはずだ>

 しかも、サプリには副作用がある。
<問題は、サプリメントとはいえ、副作用がゼロというわけではないこと。過剰に取るとグルコサミンは腹痛や下痢、胸焼けなどの症状が起きたとの報告があり、コンドロイチンは胃腸のむかつきなどが知られている>

 
》記事一覧表示

新着順:25/5848 《前のページ | 次のページ》
/5848