新着順:54/5864 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

1・2型糖尿病の完全解決

 投稿者:竹哲@らくらく安楽詩の会  投稿日:2019年 9月 6日(金)07時17分24秒
  通報
   昨日は2か月に一度の外来受診。

 結果は、すべてOK。

 3分診療でした。

 HbA1cは5.9。

 病院への支払いは9930円、インスリン代は2570円でした。

 わたしが1型糖尿病を発症したのは2014年11月はじめ。
 退院した12月はじめから、糖尿病の解決と取り組んできました。

 1型の場合、インスリンがまったく出ません。
 インスリンを注射する必要があります、生き延びるならば。

 食事前の血糖値測定、そしてインスリン注射。
 これを1日、4回行います。
 注射は1日5回。

 一見、たいへんそうですが、なれてしまえば、ルーティーンにしてしまえば、わずらわしくありません。

 コツもあります。

 まず、ふつうの人がやっている、アルコール綿でふく動作は、おこないません。
 そもそも消毒になってないので、無視でよいのです。

 血糖測定のための指の穿刺針も、2週間くらい、同じものを使用します。
 注射器の針も、2週間くらい、同じものです。

 自分しか使わないので、これでまったく問題ありません。

 ごくまれに、冷や汗が出るとか、低血糖を感じたときは、100%天然の扇雀飴をなめます。
 1個で15mg/dLくらいあがります。

◎1・2型糖尿病の完全解決

 わたしの実践してきた5年間の経験から、1・2型糖尿病の完全解決の方法がわかりました。

 その前に、糖尿病合併症のリスクが高いのは2型糖尿病の患者です。

 失明
 下肢切断
 人工透析
 がん

 発症するのは、血糖値を測定せず、血糖値スパイクに気づかず、気ままな食事を続けて、血管をボロボロにしてしまうからです。

 合併症が出てから養生しても、手遅れです。

 ではどうするか?

 絶対に必須、マスト・ドウはらくらく毛管運動です。

 らくらく毛管運動は血管を蘇らせます、毛細血管レベルから、甦らせるのです。

 血管の不調は、手足の指の痺れや変形、足のむくみ、こむら返り、ひどい静電気などでわかります。

 これらの症状はすべて、らくらく毛管運動で改善できます。

 軽い脳梗塞、虚血性心疾患すら完治してしまうのです。

 ですから、血管が正常ならば、合併症にはなりません。

 らくらく毛管運動が不可欠な所以です。

 つぎが、グルテンフリー(小麦絶ち)。
 糖尿病は小麦が原因物質です。
 その因果関係は医学的に確立しています。
 ですから、正常な人以外の、糖尿病患者や予備軍は、小麦はNGです。

 わたし自身、長年のラーメン、そば、うどん、パンが原因で、劇症1型糖尿病を発症したと確信しています。

 最後に、熟睡が不可欠。からだは寝ているうちに、自分自身を修復します。

 熟睡のためには、トンネル&サークル・カードを枕の下に置くことです。
 この方法で、熟睡できるようになって、毎晩使っていた睡眠薬を「先生、もう要りません」と主治医に言って驚かせた男性がいます。

 この方法で、すべての糖尿病患者が、合併症を予防できるでしょう。

 まだ、合併症が出ていない人、つまり手遅れになっていない人は、ぜひ、試しましょう。

 
》記事一覧表示

新着順:54/5864 《前のページ | 次のページ》
/5864