新着順:76/5864 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

世界同時株安から世界恐慌? 消費税増税に暗雲?

 投稿者:ちくてつです  投稿日:2019年 8月15日(木)07時50分27秒
  通報
   米中貿易戦争、日韓の争い、イギリスのEU離脱などなど、世界経済は大ピンチです。

 そして、今朝のニュース。

[ニューヨーク 14日 ロイター]米国株式市場は大幅安となり、主要3指数は揃って約3%下落した。ダウ工業株30種は800.49ドル安で終了し、下げ幅は2018年10月以降で最大だった。米国債の長短金利が12年ぶりに一時逆転したことを受け、景気後退懸念が高まった。

NYタイムズ8月15日付も「米国債の長短金利の逆転」を報じました。

But the drop in long-term yields also briefly pushed the yield on the 10-year note below that of the two-year Treasury note, an unusual situation known as an inversion of the yield curve. Yield-curve inversions are considered one of the most reliable leading indicators of recession in the United States, having preceded every economic decline in the past 60 years.


But the inversion between two-year and 10-year notes, which last occurred in 2007 as the American economy began to sputter into a severe recession, seemed to worry investors anew.

(10年もの国債が2年もの国債の金利以下になった現象は、過去60年間における景気後退のシグナル。2007年に起きたときは、厳しい不景気に突入した)

「天変地異の時代」の五黄土星の月の現象のひとつですね。
 世界同時不況となれば、消費税アップは無理でしょう。
 注視しましょう。

 
》記事一覧表示

新着順:76/5864 《前のページ | 次のページ》
/5864