新着順:15/5570 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

青少年のがん急増の研究報告

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2019年 2月 6日(水)07時45分44秒
  通報
   権威ある医学雑誌で衝撃の事実が発表されました。

 青少年のがんが急増しているというのです。

 ミレニアル世代=日本の団塊ジュニア世代の子供たちに、ふつうは65歳以上の高齢者が発症するがんが増えている!

 原因は「肥満」です。

 肥満が、がんを発症しやすくしているのです。

 そして肥満の原因は小麦。
 わたしたちが食べている小麦は、遺伝子組み換えされた「現代小麦」。
 アメリカ人が(日本人も)この小麦を食べ始めてから、肥満が急増しました。

「小麦は食べるな!」(Dr.ウイリアム・デイビス著、白澤卓二訳、日本文芸社)に書いてあるとおりです。

 そしてミレニアル世代は、幼児のころから、現代小麦を食べてきました。
 肥満児が多く、がんにかかりやすくなった!
 日本の「うどん県」でも、小学生の肥満が問題になっています。

 ところで、「肥満ががんの原因」と知ったら、食生活を変えたくなりませんか?

 2019年2月4日のCNN電子版の記事です。

For millennials, cancers fueled by obesity are on rise, study says
By Sandee LaMotte, CNN
(肥満が原因でミレニアル世代のがんが急増と研究が示す)

(CNN)Cancers fueled by obesity are on the rise among young adults in the United States and appearing at increasingly younger ages, according to an?analysis released Monday by the American Cancer Society.
(米がん学会が発表した分析では、ヤングアダルト世代=10代後半の青年における、肥満に関連したがんが急増している)

The study, published in The Lancet Public Health, examined data on 12 obesity-related cancers between 1995 and 2014, as well as 18?common cancers?not associated with weight. They found a disturbing trend among adults age 24 to 49.
(「ランセット公衆衛生」=医学雑誌で発表された研究は、1995年から2014年の20年間の肥満に関連する12種類のがんを調べ、同時に肥満に関連しない18種類の一般的ながんも調査した。発見されたのは24歳から49歳の成人についての当惑するような結果だった)

"The risk of cancer is increasing in young adults for half of the obesity-related cancers, with the increase steeper in progressively younger ages," said co-author Ahmedin Jemal, who is the vice president of the Surveillance and Health Services Research Program for the American Cancer Society.
(「ヤングアダルト層では、肥満関連がんの半分の種類が急増していて、しかも若い世代ほど上昇率が高い」共著者のアフメディン・ジャマルは言う)

Cancers typically seen in the elderly
(がんはふつうは高齢者に見られる)

The six obesity-related cancers that showed startling increases among younger adults were colorectal, endometrial, gallbladder, kidney, pancreatic and multiple myeloma, a cancer of the bone marrow.
(ヤングアダルト層で増大している6種類のがんは、直腸結腸がん、子宮内膜がん、胆のうがん、肝臓がん、膵臓がん、そして多発性骨髄腫だ)

Childhood obesity: America's 'true national crisis' measured state by state
(子供の肥満:アメリカの「真の国家的危機」はすべての州で見られる)

Most of these cancers have traditionally shown up in patients later in life, usually in their 60s and 70s.
Yet the study found some of the most significant increases were seen in the millennial age bracket, at a time when "overall cancer incidence is decreasing in males and stabilizing in females in the US," Jemal said.
(これらのがんは伝統的には人生後半の60代、70代に見つかることが多かった。ところが、この研究によってミレニアル世代に顕著な増加が見られた、全体的にはアメリカ人の男女のがんが減少傾向にあるにもかかわらず)
※ミレニアル世代とは、平成初期(1989年~1995年)に生まれた世代。 団塊ジュニア世代の子供と重なる。 インターネット環境が整ったころに育った最初の世代で、パソコンよりスマホやタブレットを駆使する。

Take pancreatic cancer for example, typically diagnosed in people over age 65. The analysis found the average annual increase for pancreatic cancer was 4.34% for ages 25 to 29, 2.47% in people aged 30 to 34, 1.31% for those in the 35 to 39 age bracket, and only 0.72% in those aged 40 to 44 years.
(膵臓がんを例にあげれば、典型的なのは65歳以上で診断されることだ。ところが、この研究が示したのは、25歳から29歳の膵臓がんが年率4.34%増加しており、30歳から34歳では2.47%、35歳から39歳では1.31%、そして40歳から44歳ではわずか0.72%にとどまっているということだ)

Born in the '90s? Your colon cancer risk could be rising
(1990年代生まれ? あなたの大腸がんリスクは大きい)

Overall, the risk of colorectal, endometrial, pancreatic and gallbladder cancers in millennials was about double the rate baby boomers had at the same age, the study found.
(全般的にはミレニアル世代の大腸がん、子宮内膜がん、膵臓がん、胆のうがんは、ベビーブーム世代が同じ年齢だったころと比べて2倍に増えている)

Obesity is a global epidemic
(肥満は地球規模の伝染病)

Globally, obesity has reached "epidemic proportions," says the?World Health Organization, which estimates that more than 1 billion adults are overweight, with at least 300 million of them considered clinically obese.
(世界中で肥満は「伝染病と呼べる規模」となっている。10億人が体重過多であり、3億人が医学的に肥満の基準を満たしている)

Millennials are on their way to being one of the heaviest generations on record.?Research in the UKshows at least seven in 10 people born between the early 1980s and mid-1990s will likely be overweight or obese by their mid-30s and 40s. Only five in 10 baby boomers were obese at that same age.
(ミレニアル世代は、人類史における体重のもっとも重い世代への道を歩んでいる。1980年代初頭から1990年代なかばに生まれた彼らの10人に7人が体重過多か肥満であり、1930年代なかばから1940年代に生まれた人たちを上回っている。このベイビーブーマー世代はミレニアルの年頃のとき10人に5人しか肥満がいなかった)

In the United States, according to the?National Health and Nutrition Examination Survey,?more than 40% of Americans are obese, as are one in every six children ages 2 to 19.
A?study in the New England Journal of Medicine?last year found almost 60% of the nation's children and teens will be obese by the age of 35 if the trend continues, with around half of the projected weight gain occurring during childhood.
(国民健康栄養調査によれば、アメリカでは40%以上が肥満であり、2歳から19歳では6人に1人が肥満している。この傾向が続けば35歳になるころ、60%が肥満となっている)

Nearly half of US adults have cardiovascular disease, study says
(アメリカの成人の半数が、心臓血管の病気をもっていると研究)

That upward trajectory has experts concerned about associated medical conditions such as heart disease, diabetes and up to 13 types of cancer.
(肥満の増加について、専門家は心臓病や糖尿病、それに一般的な13種類のがんが増えることを心配している)

"Yet, I think the public in general doesn't even know that obesity is associated with cancer," said Case Western Reserve University oncologist Dr. Nathan Berger, who was not associated with the American Cancer Society study.
(「ところが、一般大衆は、肥満とがんの関連すら知らない」)

Excess body weight responsible for 4% of cancers worldwide, study says
(体重過多は、世界中のがんの4%の原因となっていることが研究で示された)

"We know in animal models that obesity accelerates the onset of cancer," said Berger. "And we know in people that obesity is associated with an increase in cancer and a worse prognosis for patients who have cancer. That's well established."
Chang, who is an oncology surgeon, says one of the reasons for a poor prognosis is the effect of excess weight on surgical outcomes. He points out that five of the six cancers on the rise in younger adults -- colorectal, uterine, gallbladder, kidney and pancreatic cancer -- are treated surgically.
(「われわれは動物実験によって肥満ががんの発症を加速させることを知っている。また、肥満ががんの増加と関連していて、予後も厳しいことを知っている。これは医学的に証明されている」。がん外科医のチャンは、体重過多が予後を悪くする原因だと言う。彼は、6種類のうちの5つが、ヤングアダルト層において急増していると言う、大腸がん、子宮がん、胆のうがん、肝臓がん、それに膵臓がんで、これらは外科的に治療されている)

"A patient who is obese will be at higher risk for complications and often times more severe complications from surgery than someone at an optimal weight," Chang said.
(「肥満した患者は合併症のリスクが高く、手術後の合併症は理想的な体重の患者より厳しくなる」とチャン)

A wake-up call on obesity
(肥満についての警鐘)

What this research shows, Berger said, is an association between cancer and obesity in younger and younger ages. That, he said, should be a wake-up call for doctors, policy makers and the public, especially when it comes to childhood obesity.

"We need to make the public aware that there's no time that it's OK to be obese," Berger said. "What that means is you can't say, 'Oh, what a cute, chubby little kid, but don't worry about it. They'll grow out of it.' Because what's happening is the little kid's obesity may already be affecting the carcinogenic process."
(「われわれは大衆に警告すべきであり、肥満で良いよと言う時間は残されていない」「子供に、可愛いね、小太りだね、心配しなくて良いよと言ってはいけないのだ」。「子供たちは肥満することで、すでにがん発症リスクにさらされているからだ」)

 
》記事一覧表示

新着順:15/5570 《前のページ | 次のページ》
/5570