新着順:179/5691 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

七赤金星と言えば

 投稿者:ちくてつです  投稿日:2019年 1月 9日(水)07時05分5秒
  通報
   気学の応用です。
 誕生日を知れば、どんな人かわかります。

 たとえば、お騒がせ車掌の前澤友作さん。
 100万円を100人にお年玉としてプレゼントしました。
 文字通りの「売名行為」です。
 が、本人は気にもしない。

 彼は1975年11月22日の生まれ。
 七赤金星の年、八白土星の月の生まれです。
 隆盛運の持ち主で、今年は東南の大吉ですから、今年も世間を騒がせるでしょう。

 七赤金星なのです。

 気学講義から引用します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎七赤金星(しちせききんせい)
 形は「鉄」です。「七赤は鉄」と覚えましょう。

 富田先生の解説は、
「とてもまじめで本当に堅い人が多いとされています。一歩一歩まじめに進んでゆく星です。少しうたぐり深い面があって、その分、強情とみられています。外面はおっとりして見えるので、アンバランスな感じを与えるでしょうね。芯が強くて頭がいい人が多いです」

 鉄は「産業の米」と呼ばれたことがあるくらいに、さまざまな用途に使われますから、適応性に富んでいます。お洒落な人も多いようです。
 ただし信仰心が薄い方が少なくありません。そのため人間関係でトラブルに見舞われることもあります。
 七赤はアーティストです。織田信長が典型的な七赤でした。信条を絶対に曲げません。そして芸術家肌。
 研究者、技術者、学者にも向く星です。周囲から、「変人」と見られる人も少なくありません。が、本人はまったく気にしません(*^^*)
 将棋の藤井聡太七段も典型的な七赤です。インタビューに「戦国武将では信長が好き」と答えました。

 
》記事一覧表示

新着順:179/5691 《前のページ | 次のページ》
/5691