新着順:219/5646 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

腰痛ベルト商法で2400億円の被害ですか

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2018年11月17日(土)07時40分55秒
  通報
   2400億円もの被害が出たジャパンライフ事件。
 腰痛が治ると謳う健康ベルトなどを販売し、それらのオーナーになると、預けたお金の金利が年に6%つきますよと勧誘していました。

 家族3人で1億2000万円以上をつぎ込んだ女性が、テレビ局の取材に応じて、嘆いていました。

「人生、終わった感じ」、そうでしょうねぇ。

 でも、どうして400万円もする、小さな磁石を装着しただけの腰痛ベルトを購入し、それをレンタルできるオーナー契約を結んだのでしょうか?

 テレビ局は、1)お金、2)健康、3)孤独がキーワードだと解説していました。

 3)孤独を、ジャパンライフの社員がしょっちゅう訪れてマッサージしたりして会話で癒やしたりしていたそうです。
 人間関係を築いた上で、おいしい話がありますよと、オーナー契約を持ち出したそうです。

 金利が6%というのがミソでした。
 最初は400万円からはじまって、どんどんつぎ込んでいったのは、6%だったからです。

 これがもしも10%なら、多くの人が疑ったでしょう。
 でも6%ですから、信じ込んだら、どんどんつぎ込むことになったわけです。
 400万円で年に24万円。
 1億2000万円なら、年に720万円と欲が膨らんだわけですね。

 高齢者を狙った健康器具、健康商品、サプリメントなどなど、たくさんありますが、ほんものには「目に見える証拠」があります。

 腰痛でしたら、らくらく毛管運動で「目に見える効果」があがります。

 しかも道具もなにも要らず、無料です。

 400万円の腰痛ベルト、らくらく毛管運動は無料。

 両者は雲泥の差。

 らくらく毛管運動に巡り合った人は幸運ですね。
 このような詐欺には遭いませんから。


 
 
》記事一覧表示

新着順:219/5646 《前のページ | 次のページ》
/5646