新着順:185/5573 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

調子が悪いなら、グルテンフリー(小麦絶ち)です

 投稿者:ちくてつです  投稿日:2018年10月30日(火)17時41分31秒
  通報
   今日はふたりの会員さんから、相談がありました。

 お腹に持病をかかえる方は、久しぶりに持病が再発し、夜中、激痛に耐えました。

 トンネルカードとサークルカードが翌日到着したので、お腹の両側に貼り付けましたら、痛みが消えたそうです。

 ロキソニン、飲んで耐えてたそうです。

 危ない薬です。やめましょう。

 この方にはグルテンフリー(小麦絶ち)をすすめました。

 激痛を思えば、グルテンフリー(小麦絶ち)できます。

 もうひとりの方は、「主人は、原因不明の眩暈で杖をつくようになってしまいました。耳石かメニエル病か脊椎の病気か、大学病院で調べていますが、とにかく時間がかかります」

 ご主人、わたしと同い年です。

 わたしは、小麦を食べすぎて、難病の劇症1型糖尿病を発症したのです。

 ですから、お腹や脳の問題がある方は、まず、小麦を絶ちましょう。

 2週間、様子を見るといいでしょう。

 現代小麦は、

1)遺伝子組み換え作物。
2)除草剤のラウンドアップに耐えるように遺伝子組み換えされいる。
3)栽培中、ラウンドアップをたくさんばらまかれている。
4)栽培直前、大量のラウンドアップをまかれて、殺される。
5)農薬は、カビ防止その他、たくさんかけられている。

6)現代小麦は、腸に穴を開けて、危険な物質を血液中に送り込む。
7)脳にも入り込んで、病気の原因となっている。頭痛はグルテンフリー(小麦絶ち)で改善します。

 しっかり学び、まずは、試しましょう。
 
》記事一覧表示

新着順:185/5573 《前のページ | 次のページ》
/5573