新着順:189/5570 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

膵がんは厳しい、放置しましょ

 投稿者:ちくてつです  投稿日:2018年10月28日(日)11時52分50秒
  通報
   膵がん、昭和天皇がそうでした。

 膵がんと言われたら、近藤誠先生の放置療法です。

 苦しまず、楽に死ねます。

 らくらく毛管運動、ミネラルイオン水、Circle of Sunflowerカードで、楽にあの世にゆけます。

 苦しまず、です。

 治療するのと、放置を比較すれば、後者が長生きでしょう。

 しっかり情報を知りたいですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

https://news.yahoo.co.jp/byline/nakayamayujiro/20180109-00080269/

なぜすい臓がんの治療は難しいのか? 医師の視点
中山祐次郎 一介の外科医

すい臓がんの手術は、最も難しい手術の一つです

 星野仙一さんが4日に亡くなったと報道がありました。70歳で、死因はすい臓がんとのことでした。

 この記事では、すい臓がんの特徴やその治療の難しさについて、医師の視点から解説します。内容には厳しい話も含まれますので、すい臓がんで治療中の方やそのご家族などで、詳細な情報を知りたくない方は読まないことをお勧めします。

すい臓がんの治療は難しい?

 タイトルにも書きましたが、「すい臓がんの治療は難しい」という事実は医師のあいだではよく知られています。

 データで見ても、他のがんと比べてすい臓がん患者さんの生存率はかなり低くなっています。

 がん種類別の5年相対生存率(筆者作成)


 
》記事一覧表示

新着順:189/5570 《前のページ | 次のページ》
/5570