新着順:422/5798 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ロキソニンはやめられます

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2018年10月26日(金)07時17分44秒
  通報
   痛みを訴えると、医者がすぐ出す痛み止めのロキソニン。

 危険な薬です。

 写真は、奥ちゃんが歯医者から出されたロキソニン。
 もちろん、ひとつも飲んでいません。

 参考資料を読みましょう。

「有名な薬でも医者の言いなりに飲み続けるのはこんなに危険です」
(「週刊現代」2017年6月18日号から)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 医者と製薬会社MR 匿名座談会

「患者の命より、病院と製薬会社の儲けが優先です」


准教授 これは生活保護者に限った話ではありませんが、家族の分まで薬をもらいたがる患者もいる。湿布薬の鎮痛剤モーラステープ群は、いくらでも出してくれる医者がいるので、月に100枚も出してもらう人がいる。自分用だけならこんなに必要ないですよ。問題なのは、気軽に出されたからといつても薬は薬。紫外線に当たって副作用が出るなど、危険性もあるのに、そのことを医者も患者も全然理解していない。

開業医 痛み止めという意味では、ロキソニンも怖いですね。頭痛薬としても有名ですが、高齢者は関節の痛み、神経痛の痛みで常用している人もいる。ですがうちの患者さんで、消化管出血、腎臓出血の症状が見られた人がいましたよ。ロキソニンは非常によく効くので欲しがる患者さんが多いのですが、不勉強なドクターが安易に処方すると大変なことになる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 この怖いロキソニンはやめられます。

 以前、京都の会員さんの報告を紹介しました。

「さて、私自身についてのご報告です。まず、トンネル・カードとらくらく毛管運動のおかげで、あれぼど頼っていたロキソニンから解放されました。ロキソニンの害については以前から金澤様の掲示板で拝見しておりましたので、健康に大きく近づけたことを嬉しく思います。

 また、運転時にトンネル・カードの携帯をはじめるようになって、イライラ感がなくなり、また不思議と渋滞を避けられるようになった気がいたします。国道ではいつも空いている車線のほうに導かれるのです」

 ロキソニン、飲んでる人に教えましょう。

 
》記事一覧表示

新着順:422/5798 《前のページ | 次のページ》
/5798