新着順:497/5798 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

乳がんの真実(1)

 投稿者:世話人の竹哲です  投稿日:2018年 8月28日(火)05時42分29秒
  通報
  「ちびまる子ちゃん」の作者、さくらももこさんが53歳で若死にしました。
 乳がんだったと報道されています。

 この若さなら、健康診断で見つかったのでしょうね。

 健診を受けなければ、元気で生きていたのではないでしょうか。
 というのは、がんは「早期発見」→「早期治療」→「早期死亡」のパターンが非常に多いからです。

 乳がんの真実を、近藤先生の本書から再確認しておきましょう。

「がんを忘れたら『余命』が延びました!」(近藤誠&高橋三千綱著、ビジネス社)から、192ページ。

<近藤 こうなりそうなパーセンテージ、っていうのがあるでしょう。
 たとえば、しこりがあって、小さな乳がんを見つけた場合、100人いたとしたら、95人~97人はがんもどきです。しこりがなくて検診で見つかった乳がんは100人中、99人以上ががんもどきです。
 すると、がんもどきを手術しても、血管内にがん細胞がないわけだから、再発する可能性はないんですよ>

「健診で見つかった乳がんは99%以上ががんもどき」
 健診は受けてはいけないのです。

 そして110ページ。

<世界トップクラスの医学誌が「がん検診で死は防げない」

 近藤 がんになった人は納得できないですよね。なんで自分がって。ただ、早期がんみたいなものは、科学が発達して初めて見つかるようになったわけです。知らなければ、命とりにもならないものがいっぱい見つかって、みんな迷惑してる。

高橋 検査なんか受けない方がいいと、かなりの人が納得しているのに、実際に市から無料検診の知らせが届くとそわそわし出す。
 僕の妻も乳がんの検診を受けようとしていたので、無駄だからやめろといったら、わかりましたと言って行かなかった。もし行ったらぶん殴られるんじゃないかと思ったんじゃないんですかね。僕は59歳まで空手をしていて、今は道場の名誉会長です。

近藤 それはお見それしました。
 で、健康診断とか人間ドックとか、市町村の無料のがん検診とかね。全部やめると、がんの発見数は今見つかっている半分以下になりますよ。そして死ぬ人の数も、ぐっと減るはずです。治療で死んでる人がけっこういるから。

高橋 ジャーナリストの鳥越俊太郎さんが「自分が都知事になったら、がん検診率を100%にする」と公約していたでしょう。そういうのを聞くと、みんな「やっぱりがんは早期発見こそが正しい」って思い込むのだろうと見ていましたね。

近藤 僕に言わせれば、単に無知なだけですね。

高橋 無知なんですか。

近藤 医学界では2016年に、信頼度が世界一とも言われてる医学誌に「なぜ、がん検診でがんを見つけても、人の死は防げないのか」という論文が載って、世界を騒然とさせたんです。厖大なデータをもとに、すべてのがん検診を全否定する内容だったので。

 欧米の医学界では、その何年も前から、ムダな検査や医療を追放しようという大きな波が起こっています>

(つづく)



 
》記事一覧表示

新着順:497/5798 《前のページ | 次のページ》
/5798