teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


この掲示板名

 投稿者:天野毛(や)  投稿日:2011年 4月11日(月)18時49分45秒
  自分で書くのもどうかと思うぞ。。。  
 

翌日

 投稿者:たつじろ  投稿日:2011年 4月11日(月)15時13分30秒
  当日、翌日に静岡ホビーショーがあります。
ごった返しますがせっかくなので行きたい人はどうぞ
http://www.hobby-shizuoka.com/
 

披露宴について

 投稿者:たつじろ  投稿日:2011年 4月11日(月)15時11分17秒
  諸般の事情により、足腰が悪い方がおりましたら事前に辰次郎までご連絡下さい。  

二次会までの暇つぶし

 投稿者:たつじろ  投稿日:2011年 4月11日(月)15時06分44秒
  歩いて行けなくもない範囲にスーパー銭湯があるのでさっぱりするのもいいかも
ゲーセン・ボウリングも併設なので暇潰せるかも。
http://www.concorde-gr.co.jp/fujinohanayu.html

ゆっくりした温泉施設ならちょっと高いけどこちら。ここなら仮眠もとれます。ただし遠い
http://www.ooedoonsen.jp/sunpu/index.html
 

結婚式場

 投稿者:たつじろ  投稿日:2011年 4月11日(月)15時04分5秒
  会場からのご案内
http://www.esprit-de-nature.jp/guest/index.html

交通
http://www.esprit-de-nature.jp/company/details.html
 

さぁ

 投稿者:天野毛(や)@仕事中  投稿日:2011年 3月10日(木)12時44分31秒
  めでたい(?)たつぢろの結婚式に何をやらかすか、考えますか!!

結婚祝いが何がよろしいでしょうか?
ぬいぐるみ3こ→巨大すべり台→鏡割りっと来ました(笑)
 

保守

 投稿者:たつ  投稿日:2009年 7月21日(火)10時15分13秒
  >この掲示板は投稿が一定期間無いため、各記事中に広告を表示しています。
って言われて広告だらけ。

もうこの掲示板を使う日は来ないのだろうか・・・(涙)
 

Re:閉鎖でもするか

 投稿者:たつ  投稿日:2008年 7月28日(月)00時09分19秒
  俺の予定は決まっているので大丈夫  

Re:閉鎖でもするか

 投稿者:あき  投稿日:2008年 7月27日(日)09時21分5秒
  > かんとくが結婚するまで閉鎖します~♪

たつの予定は?
 

(無題)

 投稿者:国士参上  投稿日:2008年 7月25日(金)19時45分30秒
  黒龍会

黒龍会(こくりゅうかい)は1901年(明治34年1月)設立の国家主義(右翼)団体。玄洋社の海外工作センターともいわれた。海外では日本の壮士集団、BLACK DRAGON SOCIETYとして恐れられていた。

現在に続く国家主義(右翼)の源流とされる。日清戦争後の三国干渉に憤慨した玄洋社の一部が大陸での活動をするために1901年、内田良平を中心として葛生修吉らが設立した。他に平山周(後の中華民国軍総司令部顧問)、葛生能世(最後の黒龍会主幹で昭和右翼の重鎮)がいた。玄洋社の頭山満は顧問となった。 内田良平の父である内田良五郎は、筑前勤皇党の志士であり良平の叔父の平岡浩太郎は西南の役に従軍、後に頭山満とともに玄洋社を創立し帝国議会開設後は衆議院議員を務めた。また自らが経営する筑豊炭鉱で得た巨額の資金を革命資金として孫文を支援、亜細亜各国の独立運動、郷土の後輩や青年の育英に惜しみなくその財を注ぎ込んだ。 黒龍会は対露主戦論を主張し内田良平は単身シベリア横断してロシア革命を予測、露西亜興亡論を著す。李容九と共に日韓が力を合わせ白人の東洋侵略に対抗するべく日韓連邦建設日韓合邦論を展開したが、結果的に日本政府に騙され日韓併合への道を拓いた。又、孫文の中国革命を支援、満蒙独立運動、インド独立運動を積極的に支援活動した。

黒龍会の名称は中国満州・ロシア国境を流れる黒龍江(アムール川)が春になると川原一面にきれいな花が咲き乱れるその、のどかで平和な美しい光景をシベリア横断を成し遂げた内田良平が見て感動し、東亜の理想はこの光景にあると大悟したと言われる。それが黒龍会の由来である。

1946年マッカーサー司令部によって最も危険な影響力のある国家主義団体として解散させられた。


[編集] 関係資料
内田良平文書研究会編『黒龍会関係資料集』(柏書房)1992年
黒龍倶楽部編『國士内田良平傳』(原書房)1967年
滝沢誠『評伝内田良平』(大和書房)1976年

[編集] 関連事項
内田良平
葛生能久
頭山満
平岡浩太郎
北一輝
玄洋社
大日本生産党
 

レンタル掲示板
/50